鉄道模型の整備工具

Oct 1, 2016.

「鉄道模型の整備工具」と言っても車輛の自作に使う工具では無くて、整備、保守などに使う工具のご紹介です。本格的に金属工作をして自作するための工具はキリが無くなってしまうので除外してあります。初めて鉄道模型に手を染める方でも余り大きな負担無く揃えられて、日常生活にも役に立ちそうなものを集めてみました。

「車輛の自作に使う」云々の件は、あくまでも工具の用途の違いから自作にはちょっと、、、と言う話です。以下にお目に掛ける工具が自作に使えないわけではありません。要するに、以下にお目に掛ける工具だけで自作することは無理と言うことであって、工具としての優劣が関係するわけではありません。



ドライバーペンチとニッパテスターハンダこて
セラミックグリス軸受けなどの潤滑油工具の手入れ
工具は何処で買うのか



ドライバー

Oct 1, 2016.

精密ドライバーセット

Jan 1, 2016.

単なるドライバーでは無くて「"精密"ドライバーセット」です。「時計用ドライバーセット」として売られているかもしれませんが、要は先端の小さなドライバーのセットです。最近は輸入品の安い工具セットがホームセンターを中心に売られていますから、2000円も出せば途方もない大規模で豪華なドライバーセットが買えてしまいます。「大は小を兼ねる」と言いますか、後からチマチマ買い足すのも面倒だし割高なので、出来ることならば思い切って少々規模が大きいセットを買ってしまった方がよろしいでしょう。

この種の工具セットで規模が大きいものは、「先端の種類が複数揃っていて、それぞれに複数のサイズが入っている」からです。思いつくままに欲しい種類を重要性が高そうな順に列挙すると



  1. プラスドライバー
  2. マイナスドライバー
  3. ボックスドライバー(ナット廻し)
  4. トルクスドライバー(いわゆる星形ねじ用)
  5. キャップナット用六角レンチ


と言った処でしょうか?。



各種類が3種類程度しか入っていない工具セットでは大抵の場合「帯に短したすきに長し」と言う結果になりかねないので、上記の5種類が2本づつしか入っていない10本セットなんてモノはお買いにならずに、取り敢えず「プラスドライバー」と「マイナスドライバー」が各5本づつ入っている10本セットをお買いになって、ボックスドライバー以下の工具は来月以降の予算執行?に回された方が良いと思います。私の経験では、大きさが各5種類も入っているセットならば多過ぎて持て余すことはあっても足りないと言うことは無い筈です。

ボックスドライバーと言うのは「ネジを廻すからにはその相方となるナットを押さえたり廻したりする必須の工具」と言うことです。もっとも実際には、普通はペンチ等でナットを挟んで代用してますね。しかし、これをやるとほぼ確実にナットに傷が付きますから、余裕があれば最初から一緒に買い求めておいた方が良いでしょう。

なお、「ナット廻し」と書くから“ナットを廻す道具”だと思うわけですが、相手が六角ボルトだと考えればナット廻しはそのままドライバーとしての機能を果たすします。もっとも、このような使い方をする場合は“ナット廻し”ではなく“ボックスレンチ”と言うような呼び方をするようです。蒸気機関車の動輪にロッドを取り付けてあるネジ(クランクピン)は、気の利いた製品でしたら極めて小さな六角ボルトを使っていますので、ナット廻し≒ボックスレンチを使わなければ脱着出来ませんから、蒸気機関車の整備には必須です。

トルクスドライバーと言うのは少々判りにくいかも知れませんが、頭の部分が六芒星、要するにダビデ王の星みたいな形状になっているネジを回すためのドライバーです。イスラエルの国旗みたいな格好とも言えますかな。

精密ドライバーセットの例
精密ドライバーセットの例。



(普通の)ドライバー

Oct 1, 2016.

所謂"普通の"ドライバーです。家電製品などの多くが使っているM3、M4のプラスネジは、#2のプラスドライバーだけで殆ど対応できます。HOゲージ以上の大きさの模型のプラスチック車体の車輛で「連結器の取り付けにタッピングビスを使っている」なんて言うモノも、大抵の場合は#2のプラスドライバー1本だけで間に合わせることが出来る場合が多いようです。#1、#2、#3の3本を今すぐ揃える必要が無いにしても、#2の1本だけは持っていた方が良いように思います。

序に書くと「貫通ドライバー」と言うものがありますが、これはビットの部分が握りの部分まで貫通させてあると言うことです。ハンマーで握りの部分をひっぱたけば、打撃の力はビットの先端に直結していると言うことなので「古くて硬くなってしまったボルトにショックを与えて緩めて、、、」と言うような使い方をするために使用します。貫通構造でないドライバーで同じことをすると、かなり高い確率で柄の方が壊れますので程々に。

先端交換式ドライバー
先端交換式ドライバー。これは普通の単純なドライバーでは無くて、先端が交換できるモノです。柄の部分にビットが収納出来るようになっているので1丁のドライバーの先端を6通りに交換できます。組み合わせは色々ありますが、プラス3本・マイナス3本とかのセットがあります。これより小さいモノは精密ドライバーになるし、これより大きいものは普通のレンチなりスパナなりを使うし、、、と言うことで、この種の工具では6本交換とかで機能は十分です。



ラチェットドライバー

Oct 1, 2016.

右に回すとねじが締まる、左に回すと空回りするだけ、、、。切り換えすればその逆も可。結果的にドライバーを掴んで手首を捻り続けるだけねじが締まったり緩んだり、、、とまぁ、その様な仕掛けになっているドライバーです。中立位置にする事もできて、その場合はごく普通のドライバーとしても使えます。先端のビットの部分は交換できる場合が殆どです。大抵のラチェットドライバーはプラスビットとマイナスビットが1本の両側になっているモノがセット売りされていますので、買い物なさる際にはご注意ください。ビットが無かったら全く使い物になりません。

ラチェットドライバー
ラチェットドライバー。左(赤)はマイナスビットを装着、右(黄色)はプラスビットを装着。但し、どちらのビットも「プラスビットとマイナスビットが1本の両側になっているモノ」です。



コインドライバー

Oct 1, 2016.

余り大した工具とも言えないですが、コイン(=硬貨)を使って蓋を固定しているねじを回す電池室とか、、、その種の箇所に使うためのドライバーです。コイン(=硬貨)を使って作業しても構わないですが、その時に使うコインの金額で相手の人間性を値踏みしたり。それは兎も角、専用工具はありますのでやはり1丁用意しておきたいです。それ以上の意味はないですけど(笑)。

コインドライバー
コインドライバー。



ペンチとニッパ

June 6, 2009.

掴んだり、挟んだり、切ったりするための、握って操作する工具です。ペンチも根元に刃が付けてあれば切る事は出来ますし、動作原理?も同様ですので、此処にまとめておきます。



ラジオペンチ

Apr 7, 2015.

その昔に、ラジオ工作が電子工作の代名詞的だった時代の名残で「ラジオペンチ」と言う名前で呼ばれますが、普通に先端がとがった形状のペンチです。鉄道模型は細かい部品を掴んだりする機会が多いので、1丁持っていると便利です。 「最近はテレビペンチと呼びます」などと嘘八百を書いた書籍がその昔にありましたが、、、こんなデタラメな本に騙されちゃダメです。秋葉原辺りで得意気に「テレビペンチ」なんて口走ったら、とんだ赤恥をかきます。

ラジオペンチ
ラジオペンチ



ニッパ

Apr 7, 2015.

ニッパと言うのは簡単に言ってしまえば電線切断線用のはさみです。電線に限らず、針金のようなものを切るために使います。刃の根本には電線の皮剥き用の切り欠きがあってこれが便利そうに見えるのですが、ニッパで電線の皮剥きをするのは結構難しいです。中味の細い芯線を1本も傷付けたり切ったりしないで皮(=絶縁被覆)だけを取り除くのは、ベテランの電気技術者でも相当に神経を使う仕事です。無理をしないで、電線の皮むきだけはカッターナイフなどを使って作業した方が無難です。



電工ペンチ

Apr 7, 2015.

「電工ペンチ」と呼ばれるものです。「電工」と言うのは、「電気工事用」と言う意味です。これが一番ペンチっぽい外観?と言えるかも。ラジオペンチよりも、ヘビーデューティーな使い方をします。レイアウトを作る際に折れ曲がった釘を引っこ抜くとか、ラジオペンチはちょっと荒っぽい作業をすると折れてしまったりすることもあるんですが、流石に普通の電工ペンチを折ってしまったと言う人にはお目に掛かった記憶がありません。

電工ペンチ
電工ペンチ



テスター

Apr 7, 2015.

テスターと言うものは箱入りのメーターに切り換えスイッチと測定用のリード線が付いていて、電圧、電流、抵抗値などが一目で判るようになっている装置です。単純な電流計や電圧計ではなくてスイッチを切り換えて色々と、マルチに?ユニバーサルに?に使えることがテスターの最大の利点ですから、「マルチテスター」とか「ユニバーサルテスター」などの表示があっても無くても、テスター自体の機能としては大した違いはありません。マルチでもユニバーサルでもないのであれば単なるケース入りの電流計に過ぎないわけですが、実際にテスターと言うものは電流計に色々と回路的な工夫をして、テスターとして機能させているものだからです。

最近はデジタル式のものが主流ですが、針の付いたアナログメーターのものでも良いでしょう。少なくとも、小数点以下の数値の読み取り易さと言う点では、文句無くデジタルテスターの圧勝です。その代わりに針式のアナログテスターの場合は、直感的に数値を把握しやすいと言う利点はあります。いずれにしても、慣れていて使いやすいものをそのまま使うのが一番無難です、可動部分が無い分だけデジタルテスターの方が壊れにくいとも言えます。また、針式メーターを使うアナログテスターは電池が切れた状態でも抵抗測定以外の機能は使えますが、デジタルテスターの方は電池が切れたら一切の操作ができなくなります。

純粋に鉄道模型の範囲で考えれば抵抗の有無≒導通の有無、電圧、電流程度が判れば十分なので、余り高級、高額機種を買い求める必要はありません。ホームセンターで2000円程度で買える程度の機種で十分でしょう。周波数を測定する機能や、コンデンサの静電容量を測定する機能を持っている機種もありますが、テスターのこの種の機能は大抵の場合は気休めに過ぎないのでムダ金を使う結果になりそうな気がします。道楽で測定器に金を使うつもりならば、まともに単体の測定器を買った方が無難です。

それでも単なるテスターを買ったのではつまらないので多少は目ぼしい機能?を持っている機種を買い求めたいと言うことであれば、測定データをコンピュータに書き出せる機種とか、オプションで専用ACアダプターがあるような機種を考えた方が良いと思います。そうは言っても、無駄に高機能だったとしても、使わない機能は手付かずのままにしておいても賞味期限が切れて始末に困る訳でもないですから、資金繰りに余裕があれば思い切って買ってしまって、使わない機能は放り出したままにしておくと言う選択肢もあります。



ハンダこて

June 21, 2008.

これは無理して揃えなくても良いと思いますが、電気の配線等に使う工具です。配線するには電線同士を捩って絶縁テープを巻いておけば何とか実用にはなりますが、ちゃんとハンダ付けをしておいた方が確実であることに相違はありません。

「ハンダ」と言うのは鉛と錫(すず)の合金で、摂氏200度程度以下で溶ける金属です。彫金やシルバーアクセサリーの製作に使う銀ロウと同じような使い方をしますが、銀ロウは溶ける温度が概ね摂氏450度程度です。用途の違いが温度の違いになって現れていると言うことです。電線等に使われている銅はそんな低い温度では溶けませんから、ハンダこてで加熱してやるとハンダは溶けるけれど配線の銅は溶けない、放っておけばハンダは冷めて固まって配線終了、、、と言うことです。

普通に電気配線に使う程度でしたら30W、40W、60W程度のハンダごてを使います。100Wを超えるような熱量の大きなハンダごてはHOゲージ(≒16番ゲージ)のバラキットを組み立てるような場合に使います。10Wとか20WとかのハンダごてはICなどの熱に弱い電子部品をハンダ付けするような場合に使います。普通に鉄道模型の整備に使うのであれば、最初に書いた30W、40W、60W程度のハンダごてが無難です。

ハンダ付けの仕方は、、、当然ながら「コツ」のようなものはありますが、ハンダ付けする品物同士を動かないようにしっかり固定しておいて、多少大胆にハンタごてを当ててハンダを流して、一挙に冷却する、、、とまぁ、文章で書けばこう言う書き方しかできません。こんな説明ではさっぱり役に立たないと思いますが、この種の作業の「コツ」なんてものは、実際にやってみて体感で会得するしか方法がありません。兎に角、ハンダ付けする対象が作業中に動いてしまうことが一番拙いです。その辺りさえ理解できれば、解決策はなんとなく思い付けると思います。



セラミックグリス

June 21, 2008.

工具と言うよりは消耗品ですが、タミヤのセラグリス、、、要するにセラミックグリスです。金属同士が接触している部分でしたらミシン油でも、自動車のエンジンオイルでも鼻の頭の脂でも大丈夫ですが、プラスチックに塗布する油脂類は、種類によってはプラスチック自体を痛めてしまう可能性があるからです。自動車のエンジンオイルが全てプラスチックに使用できないとも思えないのですが、やはりプラスチック部分に使うのは定評のあるこの手のグリスが無難だと思います。

最近の鉄道模型では台車枠がエンジニアリング・プラスチックで、車軸の方が金属製と言うものが多いです。私の経験では車軸の方もプラスチック製になっていると転がり性能が宜しくないので金属車軸の方が良いと思いますが、そのようなプラスチックと金属素材が接触する箇所にはこの種のセラミックグリスが無難だと思います。

タミヤのセラグリス
タミヤのセラミックグリス。念のため書いておきますが、パソコンのCPUにヒートシンク(放熱器)を取り付ける際に隙間に塗るものもシリコングリスですが、使い道が違いますので品物も違います。なによりも、同じ量辺りでしたら模型用のセラミックグリスの方が圧倒的に安いです。序でに書くと、タミヤの製品の商品名は「セラミックグリス」ではなくて「セラグリス」らしいです。



軸受けなどの潤滑油

Apr 1, 2015.

これも消耗品の一種で、金属部分の潤滑にはセラミックグリスを使っても支障は無いのですが、色々と揃えた方が楽しい(笑)ので序に書いておきます。ホームセンターなどでは100cc入り程度のプラスチックのボトル入りで販売されていますので、それを買い求めるのが一番簡単でしょう。「ミシン油」などと言う名前で売られているものを買い求めれば宜しいです。

普通にホームセンターなどで売られているものは粘度等級の低い方からVG-10、VG-32、VG-46、などと表示があり、恐らく普通に売られているものではVG-320が最も粘度等級が高いと思われます。実際に鉄道模型に使うという点ではVG-10かVG-32程度が適当です。間違ってVG-320を使ったりするとトルクの小さいモーターを載せた車輛では潤滑油に負けて走らなくなっちゃったとか、笑い話のような状況に直面する可能性もありますので注意が必要です。

自動車をお持ちの方は最低でも1年に1回程度はオイル交換をなさるでしょうから、その際に自動車から分けて貰う、、、ってな事をすれば実質はタダみたいな金額です。普通にはカーショップでオイルは1リットル単位で販売していると思いますが、実際に自動車に使うのは3.4リットルだとか、4.2リットルだとか端数が出る場合が多いので、オイル交換の際に「残ったオイルは持ち帰りたい」と申し入れれば簡単に上等なオイルが手に入ります。但し、100ccもあったら1年間では逆立ちしても使いきれません。



工具の手入れ

May 1, 2015.

専門的な知識があるならば話は別ですが、そうでないならばあまり深追いするような手入れの仕方は避けた方が良いように思います。知ったかぶりは、往々にして失敗に繋がりますので、、。

ドライバー類、レンチ類、ペンチやニッパなど鉄系統、鋼鉄系統の素材が剥き出しになっている工具は錆びる可能性がありますからたまに油を染み込ませたウエス(=ボロ布)で拭く程度にして、それ以上は深追いしない方が無難です。CRCとか55-6と言ったものでも良いのですが、あの種の潤滑剤は浸透しやすい分だけ蒸発しやすいようで、頻繁に使う必要があります。無難なのは、上述の「軸受けなどの潤滑油」に書いた油脂類を使うことです。

ペンチやニッパなどの工具は、どんなに手入れをしても動きが硬くなってしまうことがありますから、たまに下の写真のような箇所に注油してやるとよろしいでしょう。但し、あくまでも少量で十分です。隙間に油を挿してやって、あとは毛細管現象を利用して行き渡らせるのが理想です。

ペンチ系工具の注油箇所
ペンチ系工具の注油箇所



テスターなどは、大抵は外装にプラスチックを使っていますから迂闊に油やアルコール、シンナーなどを使ったりせずに、から拭きに止めておくのが無難です。それよりも、テスターは仮にも測定器なので余りムキになって手入れをしなければならないような状況にしてしまっては拙いです。



工具は何処で買うのか

May 23, 2009.

「模型の工具だから模型屋さんで買うか?」と言うと、余りお勧めできません。昔から模型屋さんには余り工具が置いて無く、その割りにはヘラクレスの糸鋸の刃ばかりは揃っています。結局は模型屋さんはあくまでも模型販売が本業であり、工具販売はあくまでも付帯業務に過ぎないのだから責めるわけにも行きません。タミヤ製のプラモデル用工具でも置いてあれば気の利いている方です。

反面、工具屋さんと言うのも畑違いの専門店ですから敷居の高い存在です。それに、一口に工具屋さんと言ってもJR東北線・高崎線の尾久駅周辺に在るような店は鉄工所関係専門?の工具屋さんですし、自動車用工具を得意とする店にハンダゴテやテスターが潤沢に揃っているとも思えないし、、、。Nゲージ専門店でGゲージの車輛なんか影も形も見当たらないのと同様に、一口で工具屋さんと言っても得意・不得意の分野がそれぞれありますから無理に1軒の店で揃えようとしない方が宜しいと思います。

以下、何軒か、私が買い物した事のある工具屋さんと言うか、ホームセンターなりに付いて思いつくままに書きます。実際に買い物したことのない店については書きようもないですから、地域的にかなり偏りがありますので悪しからずご承知おきください。記載順序は屋号のあいうえお順です。



コメリ(米利)

Oct 1, 2016.

「米利」と書いて「コメリ」と読みます。出自は恐らくジョイフルホンダと同じように農機具の販売店だったんだと思います。コメリのクレジットカードを持っていると、ボーナス一括払いならぬ収穫期一括払いと言う支払い方法も選ぶことが出来るようです。拙宅周辺では、最近はコメリとホーマックとコーナンが最も出店速度が早いような気がします。コメリの中でも「パワー**店」と名乗っている店舗は規模が大きいようです。

コメリ・パワー石岡店(茨城県石岡市)
コメリ・パワー石岡店(茨城県石岡市)



島忠ホームズ

Mar 30, 2012.

島忠ホームズは埼玉資本のホームセンターで、元来は家具屋さんです。東証1部上場で、年商1300億円超ですからかなりの大企業です。見た目は普通のホームセンターですが、気のせいなのか塗料の店頭展示は少なめ、電動工具の店頭展示は多い目、と言う印象を受けます。

島忠ホームズ町田三輪店(東京都町田市)
島忠ホームズ町田三輪店(東京都町田市)



ジョイフル本田

May 23, 2009.

ジョイフル本田は茨城資本のホームセンターで、恐らくは日本国内でトップクラスの売り上げを誇ります。北関東を中心にホンの僅かな店舗数しかないのに売り上げが大きいのは要するに店舗ごとの規模が大きいからでして、駐車台数が5000台なんて店が幾つもあります。工具の品揃えは非常に宜しいですが、比較的大柄な工具が多いような印象を受けます。



ホームセンターコーナン

May 23, 2009.

ホームセンターコーナンは兵庫資本のホームセンターで、工具類の品揃えは満遍なくて悪い印象はありません。かなり充実している方だと思います。反面、工具に限らず自社ブランドの商品は「安かろう、悪かろう」の見本のような品物が多いです。

ホームセンターコーナン港北インター店(神奈川県横浜市都筑区)
ホームセンターコーナン港北インター店(神奈川県横浜市都筑区)

QR-CODE