鉄道模型で最初に揃えるモノ

June 22, 2003.

模型の鉄道を開業するのに最低限必要なものは、次の3点セットを挙げることが出来ます。



  • 好きな列車1編成
  • 線路1廻り
  • 電源(パワーパックやパワーユニットなどと呼ばれるもの)


これだけあれば最低限の鉄道業を開業できますし、入門セットとして一式取り揃えて販売されているものが多数あります。入門セットの品種が多いのはNゲージですが、これはNゲージ人口の多さのあらわれとも言えます。線路やパワーパック・パワーユニットには余り好き嫌いを言い出す余地はないと思いますが、車輛の好みは決定的だと思いますので、ご自身の好きな車輛の入っているこの種の詰め合わせセットがあれば、1箱買えばその日から鉄道業が開業できますので大変便利です。勿論、全てをばらばらに選ぶと言う選択肢も否定するものではありません。



好きな列車1編成

「昔乗った列車」や「自宅近くを走っている列車」等が最初に購入する車輛を決定する原動力になるんじゃないかと思いますが、以下、「好みの車輛が有れば」と言う前提での話ですが、、、



  • 日本型であればTOMIX(=トミー)とKATO(=関水金属)が無難です。プラスチック製で量産しているために安いし、良く走るし、修理の対応は丁寧です。HOゲージ(≒16番)であっても機関車1輛が¥15000程度から、客車1輛¥6000程度から、と言った処です。どちらも全般に幹線鉄道向きの車輛が多くて、多数販売して利益を確保し易いのは全国区的な知名度のある旧国鉄等の車輛が多くなる、と言うことです。
  • 中庸なのはカツミとエンドウで、KATOやTOMIXとは、少々志向を異にします。モーター付きの電車やディーゼルカーで¥50000から¥70000程度、モーターの無い車輛だと¥40000程度、旧製品の再発売でモーターの無い車輛だと¥20000程度から有ります。基本的には両社共に金属製の車体で、安くて丈夫で良く走ります。真鍮製の車体の製品が多く、プラスチック製品のように極端に量産を意識する必要が無い商品展開をしていますので、その結果として私鉄の最新型車輛が製品化されるのが素速いです。
  • 多少工作をなさるつもりならばアルモデル製品をお勧めします。比較的小柄な車輛が多いですが、金属製の車輛キットであっても接着剤だけで組み立てられる品物があったり、組み立て済み・調整済みの動力ユニットが販売されていたりと、好感の持てるメーカーです。品切れは結構ありますが、気長に待っていればかなり高い確率で数年後には再生産してくれます。
  • アメリカ型ではKATO(=関水金属)製品とアサーンの製品が一番入手し易いようです。KATOは、元来精密な台車の対米輸出で名を成した会社ですので、アメリカ型に対してもかなり熱心です。走行性能は大変優れており、購入時に模型屋さんで試験走行を依頼しても「KATOの製品ですけれど、本当に試験走行しますか?」と断られても納得してしまう程度の高い品質を維持しています。
  • アトラス、ライフ=ライクのプロト2000・プロト1000シリーズ、バックマンのスペクトラムシリーズ等も良く出来ています。アトラスは上述のKATOや後述のROCO等からOEM供給を受けている車輛も多数あったようです。
  • ヨーロッパ型ではROCOやフライシュマン等の製品が良いと思います。両者の価格差は2倍くらいになりますが、この程度なら私は迷わずフライシュマンにします。フライシュマンの製品は量産品としては最高の品質であると思います。フライシュマンが以前のようにアメリカ型に復帰したら即刻全てフライシュマンに乗り換えたい位です。
  • アメリカ型のOゲージではライオネル製品が恐らく最も有名でしょう。但し、ライオネル製品は「安かろう悪かろう」の製品と「高かろう良かろう」の製品の落差が激しいので、単純にはお勧めでき兼ねます。現地価格で実売$150から$200を下限として、これ以上の金額の車輛だったら結構イイ線言ってます。それ以下だと、明らかに玩具っぽくて大人の趣味の対象としては、ちょっと疑問が残るような製品です。
  • 同じくアメリカ型Oゲージで、無難なのはMTHとK-Lineです。特に、MTHの蒸気機関車は軒並み亜鉛ダイキャスト製の、非常にしっかりした車輛です。しかも、このメーカーは新製品を出す頻度が高いです。MTHは最近ではHOゲージにも進出しています。
  • Gゲージでは無難なのは、ヨーロッパ型ならば迷うことなくLGB製品だったのですが破産してしまい、現在ではこれに変わるメーカーがありません。安いアメリカ型を望むのであればバックマン(Bachmann)製品に限ります。これ以外に入手しやすい量産製品としてはアメリカのUSAトレインズアリスト・クラフト等でしょうか。日本型のGゲージ製品となると量産市販しているメーカーは無いようです。


線路1廻り

線路入りの入門用詰め合わせセットを1組買い求めれば、線路1廻りは自動的に同時に入手できることになります。線路は多くのメーカーから発売されていますが、線路の土台となる道床(どうしょう)部分の接続する個所の構造がメーカーによって異なるので、単純に違うメーカーの製品同士を繋ぐことは困難です。加工すれば他メーカーの製品との混用もできますが、余計なな手間を掛からないに越したことはないので、1系統の製品に揃えてしまうと宜しいでしょう。端的に言えば、最初に買い求めた詰め合わせセットに入っているのと同じ系統の線路を今後も買い求めると言うことです。

車輛だけ、線路だけの詰め合わせセットも売られていますので、A社の線路の上にB社の車輛を走らせる、B社の機関車にC社の客車を引っ張らせると言うことは当然難なく可能ですが、A社の線路とB社の線路を一緒に繋ぐようなことは少々厄介であると言うことです。

国内で入手し易いのはKATO(=関水金属)のユニトラックでしょう。この製品はカメラ店系・家電店系の量販店でも在庫している店が多いです。16番(≒HOゲージ)も、Nゲージも、共に「ユニトラック」と言う名前で販売されています。また、ユニトラックは83番と言って約2.1mm高の比較的細めのレールを使っています。実感的で雰囲気は良いのですが、ヨーロッパ製の車輛ではフランジ(車輪の脱線防止用のツバ)がかなり高い製品が多く、ユニトラックのレールの細さが災いして枕木に接触気味になります。

Nゲージに限って言えば、Tomix(=トミックス)のレールも非常に品揃えが充実しています。トミックスは元来が玩具メーカーですから非常に販路が広く、入手しやすさと言う点では一歩先んじています。生憎、16番(≒HOゲージ)の線路は販売しておらず、Nゲージの線路のみを発売しています。

入手しやすさと言う点ではユニトラックにかなり水を開けられていますが、フライシュマンの「プロフィトラック」は丈夫だし、ポイント類の種類は非常に多いし、曲線半径の種類も多いし、個人的にはユニトラックよりもこちらをお勧めします。フライシュマンと言うのはドイツの老舗で1世紀以上の歴史のある有数のメーカーで、プロフィトラック製品は100番と言って約2.54mm高のやや太目のレールを使っていますので、余程独創的な製品を除けば「フランジが枕木に当たって走れない」と言うことは無い筈です。

アメリカ型のOゲージではMTHのリアルトラックスが宜しいでしょう。この製品の良い点は曲線の種類が豊富なのと、Oゲージには珍しく線路の土台となる道床(どうしょう)まで取り付けた状態で販売されている点です。HOゲージ以下の鉄道模型では当たり前の話ですが、道床があるのと無いのとでは堅牢感が全く違います。



  • アメリカ型であれば、HOで半径18インチ(=約457mm)程度の線路が1廻りは必要です。普通にアメリカ製の入門セットのようなものを買うと、大抵は半径18インチの線路が付属してきます。アメリカ市場向けに線路を作っている会社で半径18インチの線路を売っていないと言う例は皆無だと思います。それと同時に、大抵は半径22インチの線路も出している筈です。半径18インチの線路の外側に並べれば複線ができるからです。
  • 日本型の車輛を中心に楽しむのならば半径22インチ(=約558mm)程度の線路が1廻りは必要です。複線にするために外側に線路を敷設するのであれば、半径24インチ(=約610mm)のものを選ばれると良いでしょう。カトーの半径490mmの曲線を使うと、車種によってはカーブが急過ぎて曲がり切れない場合もあります。
  • ヨーロッパ型の場合はもう少し半径は小さくても大丈夫で、半径14インチ(=約356mm)程度の曲線でも走行可能です。複線にするために外側に線路を敷設するのであれば、半径420mm前後のものを選ばれると良いでしょう。
  • アメリカ型のOゲージだと「O27」と称する半径13.5インチ(=約330mm)か、「O31」と称する半径15.5インチ(=約394mm)の曲線を大部分の車輛が通過できます(例外は当然あります)。
  • Gゲージでは普通に売られている線路は、一番半径が小さいものでもメーカーを問わず半径600mm(≒24インチ)程度です。車輛の方は、実際にはもうちょっと小さな半径の曲線でも通過できるものはありますが、、、まぁ、この程度が実用的には限度に近いでしょう。半径600mmが統一規格というわけではありませんが、最初にGゲージを旗揚げしたLGB以来、後発のメーカーも右へ倣えしているようです。


このように走らせる車輛の種類によって通れる半径が違っているのは、車輛の構造がそれぞれ違っているからです。



  • 日本製の日本型の場合は大抵は連結器が車体に取り付けてあるので、余り急な曲線は通れません。どうしてもオーバーハングが長くなってしまうからです。例えば、軽自動車と大差無いような車体の小型自動車であっても、オーバーハングの小さい軽自動車の方が狭くて曲がりくねった道路の通りやすさは大きく違います。まぁ、そのような理由です。
  • アメリカ型が車体が大きい割には比較的急カーブを通りやすいのは連結器が台車に取り付けてあるからです。曲線に差し掛かると台車と一緒に連結器が移動してくれるので、実質的にオーバーハングが短くなるからです。
  • アメリカ型以上にヨーロッパ型は急曲線に強いのですが、アメリカ型の製品が車輛の長さも幅も高さもHOであれば1/87の縮尺にするのに対し、ヨーロッパ型では長さだけを1/100程度にして正確な縮尺よりも若干短か目にする習慣があるから、その結果として急カーブでも通過しやすいと言う傾向があるからです。元来、客車などの大きさは大差なくとも、機関車類ではアメリカ型ほどに巨大な車輛はヨーロッパには多くありません。
  • アメリカ型のOゲージは玩具的な性格が強くて、率直に言ってしまえば外観無視は日常茶飯事なのでHOゲージの車輛よりも急な曲線を楽に通過可能な車輛が多いです。連結器を台車に取り付けてあることは当然ながら、ライオネルの安い車輛では連結器が首を振る際に邪魔になるからなのか、カブース(=いわゆる車掌車)のステップなんて、殆ど無いも同然のような製品も多数見受けられます。前述のO27と言う曲線は、実は少々大きめな方でして、以前はO22と言うものも販売されていました。半径11インチ(=約280mm)と言うことです。


電源、いわゆるパワーパックやパワーユニットと呼ばれるもの

June 22, 2003.

パワーパックとは鉄道模型を運転する為の電源のことです。HOゲージやNゲージ、Gゲージ等の普通の鉄道模型では家庭のコンセントに配電されている交流100Vの電圧を下げて、最大でも直流12Vに変換し、この他に車輛の速度を加減する為のボリュームが有ったり、車輛の進行方向を変えるための逆転スイッチがあり、これらを1つのケースに収納した装置のことを「パワーパック」と呼んでいます。最近では「パワーユニット」と呼ばれることもありますが、内容はどちらも同じです。



MRC社製パワーパック。
MRC社製パワーパック(ロコモーション2500)。



要はこの「最大12V以下」と言う電圧の範囲内で、列車の運転に必要な電流を供給できれば宜しいと言うことです。そのような訳で、大雑把に言えば特別な場合を除いてNゲージでもHOゲージでもGゲージでも共用できます。以前は電圧を調整するための「レオスタット」と言う部品がNゲージ用とHOゲージ用とでは少々抵抗値の違うものが使われていて、それぞれのゲージ専用だったのですが、現在販売されているパワーパックはそのような区別はありません。レオスタットは高額だし大ぶりな部品なので最近ではこれを避け、トランジスタやFET等の半導体を使用しており、これらに関してはレオスタットの場合のような抵抗値の違い、等の相違は無いからです。

但し、概ねHOゲージの車輛の方がNゲージの車輛よりも消費電力が大きいので、HOゲージ用と自称しているパワーパックの方が流せる電流が多いと言う程度の違いがあります。大雑把ですが、模型自体の大きさが大きくなればなるほど消費電力も増えます。小柄なグラビアアイドル嬢よりも、巨漢レスラー氏の方が食事の量が多いと言うか、その程度の違いがあると考えて宜しいでしょう。

それでは具体的にどの程度電流が流せるパワーパックが必要かと言うとNゲージで0.5A以上、HOゲージで1A以上は欲しい処です。GゲージでもHO並に考えれば宜しいでしょう。これ以下でも使い物にならないと言うことはありませんが、客車の車内照明を点灯させたり、1編成の中にモーター付きの車輛が2輛、3輛と増えてくると、思ったような早さで走らせることが出来なくなってしまいます。私が知っている限り、最初に買ったパワーパックが小さくて後悔した人は居ても、大きくて後悔した人はいませんから。出来れば、2、3A程度のものがあれば宜しいかと思います。

反面、1台余分なパワーパックがあればあったで、実験などにも使えて便利です。出力の小さいパワーパックは相応に小さいし、値段も安いので余分に買っておいて邪魔になるものでもありません。この辺りの事情は大きめの冷蔵庫を買うか、所帯持ちでも小さめの単身赴任用?冷蔵庫を買うか、と言う問題と全く同じことです。

QR-CODE