Roadbed/ロードベッド(道床:どうしょう)

Nov 10, 2001.

「道床」と書いて「どうしょう」と読みます。線路を支える砂利を盛り上げた部分のことです。扁平な台形形状をしています。模型の場合は道床の上に枕木を載せて、その枕木にレールを固定して、と言う形になります。実物の場合は枕木自体は道床の砂利の中に埋まっているので、道床の上面は枕木の上面と同じ高さになります。砂利を使うのは入手が容易であることと適度にクッションが効くから、でしょう。

日本製ではシノハラ(篠原模型店)のベニヤ合板製の道床がかなり遅い時期まで販売されていたので一般的です。鉄道模型社製の線路にもシノハラ製品と同様の道床が使われていましたが、紙製の枕木が使用されていました。天賞堂とカワイモデルの道床は機械加工で彫り込みを入れて、彫り残した部分を枕木としていました。

アメリカ製品ではベニヤ合板が使われることは余り無くて、バスウッド(シナ)のムク板が使われることが多いです。但し、最近では道床一体型になったフライシュマン製のプロフィトラックや、カトーのユニトラックのようなものが主流となっており、道床だけが単体で売られているものは見掛ける機会が少なくなりました。



フライシュマン製道床付き線路、HOゲージ用プロフィトラック。
フライシュマン製道床付き線路、HOゲージ用プロフィトラック。矢印で示している茶色っぽい部分が道床=ロードベッドです。普通に鉄道模型を運転する場合は、この道床付きの状態の線路で車輛を走らせて楽しみますが、鉄道模型で「道床(どうしょう)」と呼んでいる部分は、単なる砂利盛りしてある部分です。実物の鉄道ではこの下に「路盤」と呼ばれる土台状部分まで含めて線路を構成します。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁