Shinohara/シノハラ(篠原模型店)

Nov 1, 2018.

シノハラ(篠原)模型店は、嘗て神奈川県横浜市中区に在って鉄道模型用の線路を製造・販売していた模型屋さんです。進駐軍の居留地に近い場所で旗揚げしたと言う事情によるかも知れないですが、先代社長氏は英語が堪能でいらしたせいもあってか、比較的アメリカ型志向です。横浜市中区本牧(ほんもく)町に本店が在り、こちらはお父上(=先代社長)が常駐し、JR関内駅近くの支店には息子さん(=若社長)が常駐なさっていたようです。

本牧町の本店は市電通りに面しており、ちょっと間門(まかど)方に進んだT字路から先は進駐軍の居留地なので必然的に「横浜では英会話ができなかったら鉄道模型の商売は出来ません(先代社長談)」と言う事になるようです。私、無駄に歳をとっているお陰で、先代社長には1、2回お会いしたことがあります。もっと真面目に薫陶を受ければ良かったですが、、、。

線路メーカーとしても著名で、ピコ(PECO)製品が輸入されるまでは、固定レイアウト用の線路のメーカーとしてはほぼ独占的な状態でした。かなり長い期間に渡ってモデル・レールローダー誌のレイアウト製作記事などで特にスケール性を重視した場合には、ほぼ確実にウォルサーズが輸入・卸売りをしているシノハラ製品が使われていました。生憎レール類の製造は終了してしまったので、今からシノハラ製品を入手することは至難の業と言えます。