PECO/ピコ

Nov 1, 2018.

「レールウェイ・モデラー」などの雑誌を出版しているイギリスの著名な出版社、プリッチャード・パテント・プロダクツ(Pritchard Patent Product Co ltd.)の線路部門?のブランド名で、日本では鉄道模型趣味誌の発行元である機芸出版社が輸入代理店となっていましたが、現在ではPLATZ(プラッツ)と言う静岡県静岡市清水区に在るプラモデル屋さんが輸入代理店になっています。生憎、このプラモ屋さんが何処まで本気でPECO(ピコ)製品の取り扱いをするつもりなのかは未知数です。2冊の雑誌のうち、「レールウェイ・モデラー」の方はイギリス国内鉄道を主題とする鉄道模型雑誌です。「コンチネンタル・モデラー」の方はイギリス以外の鉄道を主題とする鉄道模型雑誌です。従って、ヨーロッパやアメリカ、アフリカ、中南米の鉄道は当然のこと乍ら、アジアや日本の鉄道も「レールウェイ・モデラー」の守備範囲です。

ZゲージからGゲージ(=2番ゲージのナロー)に至るまで、多様なゲージの製品を販売しています。フレキシブルレールを中心としたスケール的な外観の製品が中心で、セクショナルトラック(固定半径の組線路的なもの)は「セットラック」と呼ばれる製品のみです。この辺りがアメリカ出身の線路メーカーとは様相を異にする処です。

ナローゲージに注力している点も他の線路メーカーには見られない特徴で、009(ダブルオウ・ナイン)、HOn3、HOm、On30、SM-32、G、、、とまぁ、思いつく限りは片っ端から出すつもりじゃないかと言うような品揃えです。製品が用意されていないのはZゲージと同じ6.5mmゲージの線路を走らせるNn3-1/2と、HOゲージと同じ16.5mmゲージの線路を走らせるSn3-1/2くらいでしょうか?。

OO/HO用のみですが、シングルスリップを販売しているのも特筆できる点です(SL-E180)。ダブルスリップを出しているメーカーは幾らでもありますが、シングルスリップは滅多に見掛けないですね。レールの種類も多くコード55、コード75、コード83、コード80、コード100、コード124双頭レール、コード200、コード250、、、此処まで多数の種類を用意している辺りは些か変質的です。

PECO製On30用ポイント
PECO製On30用ポイント。上が旧パッケージ、下が新パッケージ。



冒頭に書いたように、PECO(ピコ)はアメリカのメーカーではありません。序でに書くと、アメリカ型に特化している訳でもありません。イギリス型の車輛は売っていても、アメリカ型の車輛も売っていません。