Flexible rail/フレキシブルレール

Oct 17, 2015.

曲線の半径をフレキシブルに(自由に)に変えることのできる線路のことです。普通のセクショナル・トラックは曲線の半径を変えないで使うのが前提ですが、フレキシブルレールの方は曲線の半径を変えること自体が目的のようなものですから、枕木のレールの下に隠れて枕木同士を繋いでいる辺りに切れ目が入っていて、かなり自由な半径を選ぶことが出来ます。セクショナル・トラックの方は原則として枕木同士を繋いでいる部分に切れ目が無いので半径を変えることが出来ません。逆に言えば、普通に線路を敷設している分には、セクショナル・トラックを使えば特に気を遣わなくても一義的に曲線半径は決まってくれると言うことです。

「曲線の半径を自由に変えることのできる」と言うのはレール自体を曲げる必要があると言うことですから、余り太いレールを使うような線路ではフレキシブルレール化することは困難です。柔らかい金属を使えば曲げやすくはなりますが、その反面、グニャグニャし過ぎて正確なレール間隔を維持することが難しくなります。そのような点を勘案すると、普通に多くのメーカーからフレキシブルレールが販売されているのはHOゲージが良い処で、Oゲージ以上の大きな鉄道模型の世界では品種がかなり限られます。