Sectional track/セクショナル・トラック

Oct 17, 2015.

日本語では「組み線路」などと表現します。出来合いと言うのか、メーカー出荷の段階で長さや半径が決められていて、工具を使って切断すると言うことをしない限りは長さも半径も変えることができない線路のことで、世界的に見てこれが主流です。日本のようにフレキシブルレールが主流なのは少々異例で、発売元であるシノハラ(篠原模型店)の営業努力と、日本人特有の器用で工作好きな国民性とがあいまって、このような結果になったのでしょう。

Gゲージの場合はほぼ例外なくセクショナルトラック中心で製品としてのフレキシブルレールは存在したかどうか、寡聞にして存在は知りません。Oゲージの場合は直径31インチと直径27インチが基本となります。普通の2線式の線路ではPECOフレキシブルレールを販売しています。3線式の方ではロス・カスタム・スイッチがチューブラー・レール(いわゆるガラレール)のフレキシブルレールを販売していますが、こんなものを販売するのはこの会社だけではないかと思います。

HOゲージの「アメリカ型」の世界では半径18インチ(≒457mm)の曲線と長さ9インチ(≒229mm)の直線が基本となり、複線間隔が2インチ(≒50.8mm)となります。この他に半径15インチ(≒381mm)の曲線と半径22インチ(≒558mm)の曲線が補助的?に存在します。