Joiner/ジョイナー

Nov 10, 2008.

レール同士を接続するために⊂_⊃形に折り曲げられた金具のことです。鉄道模型ではプレス加工で折り曲げた金属板を使います。レール断面形状はメーカーにより異なるので当然ながらジョイナーの方もメーカーごとに断面形状が異なりますから、レールと同じメーカーのジョイナーを使うのが無難です。下の写真は、左側がLGB製のGゲージ用のもの、右側がフライシュマン製のHOゲージ用のもので抜け止め付きのものです。



LGB製Gゲージ用ジョイナー(左)とフライシュマン製HOゲージ用ジョイナー。
LGB製Gゲージ用ジョイナー(左)
フライシュマン製HOゲージ用ジョイナー



レール同士を電気的に絶縁する必要が有る場合は、ビニールやナイロンなどの合成樹脂が使用されることも有ります。普通は黒い合成樹脂が使用されますが、ピコ(PECO)製のHOゲージ用の絶縁ジョイナーは透明な合成樹脂製なので、目立ちにくいので中々悪くありません。

なお、ジョイナーの断面形状が“⊂_⊃”型になっているのは、あくまでも鉄道模型の世界の話です。実物の鉄道や、5インチゲージ以上の大型の模型では、ジョイナーは単なる平帯金で、レールのお腹の部分の凹みに合わせてボルト・ナットで取り付けます。