E531系について

July 1, 2019.

E531系について
クハE530クハE531サロE530サロE531
モハE530モハE531サハE530サハE531



JR東日本(東日本旅客鉄道)のE531系は、直流専用のE231系を範とする近郊型の交直両用電車で、常磐線で主に使用されています。編成は5連貫通と10連貫通があり、5連貫通編成は常磐線の付属編成として使用される他に水戸線でも使用されています。最近では、黒磯駅構内が直流化された関係から、東北本線でも使用されているようです。

元来は415系の置き換えを前提として2005年(平成17年)から製造されているものですが、実際にはE531系にグリーン車を組み込んだ結果、グリーン車を持たないE501系も置き換えの対象となったようです。現状では、常磐線の品川発着の中距離電車は、全てE531系で運転されています。例によってグリーン車が大好きな私としては、、、中々よくできた電車だとは思います。

E231系との相違点は側面の帯の色が違う、正面の意匠が違う、床面高さが違う、E531系は交直両用電車なのでパンタグラフ周辺の雰囲気が違う、、、とまぁ、些末的な内容でしかありません。余り鉄分の多くない人が観察してみれば、恐らくは色が違う以外には区別がつかない程度の相違点でしか無いようです。

JR東日本E531系。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
編成はグリーン車を2輛連結した10連貫通編成が基本編成となり、グリーン車を連結しない5連貫通編成が付属編成となります。10連は4M6T、5連は2M3Tとなります。E531系にクモハはありませんので、編成換えするつもりであれば最短で4連で、編成両端はかならずクハになります。実際には4連の編成なんて存在しませんけど。

番代区分はかなり単純で暖地用の0番代、1000番代、2000番代と、準寒冷地用の3000番代の4種がありますが、サロに関しては0番代のみとなっています。



JR東日本E531系の普通車車内(運転台周辺)。2012年(平成24年)7月撮影。
クハの運転台周辺です。セミクロスシート車もロングシート車も、運転台寄りはロングシートしかないので見掛けは同じです。踏切事故対策として運転台の専有面積がかなり大きいのでこのようになります。この辺りの事情はE231系E233系と同様です。



JR東日本E531系の普通車車内(洗面所周辺)。2012年(平成24年)7月撮影。
クハの洗面所周辺です。この写真の車輛はセミクロスシート車です。



JR東日本E531系の普通車車内(セミクロスシート部)。2012年(平成24年)7月撮影。
普通車のセミクロスシート部、と言うか、ボックスシートの部分です。



JR東日本E531系の普通車車内(ロングシート部)。2012年(平成24年)7月撮影。
普通車のロングシート部分です。つり革の意匠などはE233系と同一に見えますが、全ての車輛が同じ仕様かどうかは確認していません。



JR東日本E531系のグリーン車車内(2階席)。2012年(平成24年)7月撮影。
グリーン車の2階席です。1階席や、平屋部分も大差ありません。



JR東日本E531系のグリーン車の回転クロスシート。2012年(平成24年)7月撮影。
グリーン車の回転クロスシート。足元のレバーを踏みながら操作すれば座席が回転します。但し、多少でもリクライニングさせていると回転させることは無理だった筈です。座席を指定した運用はしていないと思いますが、グリーン車のみは座席番号が振ってあります。



JR東日本E531系の履くDT71台車。2012年(平成24年)7月撮影。
E531系の電動車が使用するDT71台車です。付随車用のTR255台車も、ほぼ同様の形状です。



クハE530

Aug 3, 2012.

品川・小山向き(≒上り向き)のクハです。基本編成の車輛は0番代のセミクロスシート車で洗面所付き、付属編成の車輛は2000番代のロングシート車で洗面所付き、準寒冷地用5連の3000番代はロングシートで洗面所無しです。

JR東日本クハE530-4。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE530-4。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。連結面寄りの窓の無い個所が洗面所です。



JR東日本クハE530-7。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE530-7。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。連結面寄りの、窓の在る個所の反対側が洗面所です。



JR東日本クハE530-2002。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE530-2002。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。クハE530は上り向きの車輛なんですが、線形の関係で水戸線の小山駅では下り方を向きます。以下、小山駅で撮影した水戸線の列車は全て同様で上下向きの関係が逆転します。線路が隣接している東北本線(≒宇都宮線)の列車と並べて撮影すると興味深い結果になります。



JR東日本クハE530-2006。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE530-2006。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。連結面寄りの窓の無い個所が洗面所です。



JR東日本クハE530-2018。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE530-2018。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。



JR東日本クハE530-2023。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE530-2023。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。連結面寄りの、窓の在る個所の反対側が洗面所です。



JR東日本クハE530-5005。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE530-5005。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



クハE531

May 1, 2017.

仙台向き(=下り向き)のクハです。基本編成の車輛は0番代のセミクロスシート車で洗面所付き、付属編成の1000番代と準寒冷地用5連の4000番代はセミクロスシート車で洗面所無しです。要するに、クハE531は全部の車輛がセミクロスシート車であると言う事です。

JR東日本クハE531-18。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE531-18。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



JR東日本クハE531-1010。2016年(平成28年)1月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE531-1010。2016年(平成28年)1月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



JR東日本クハE531-1002。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE531-1002。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。クハE531は下り向きの車輛なんですが、線形の関係で水戸線の小山駅では上り方を向きます。以下、小山駅で撮影した水戸線の列車は全て同様で上下向きの関係が逆転します。線路が隣接している東北本線(≒宇都宮線)の列車と並べて撮影すると興味深い結果になります。



JR東日本クハE531-1023。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE531-1023。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



JR東日本クハE531-5005。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE531-5005。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



サロE530

Aug 3, 2012.

基本編成中に2輛連結されるサロのうちの上野・品川寄りの車輛です。乗務員室と業務室を有し、洗面所はありません。後述のサロE531も同様ですが、この型式は全ての車輛が転換クロスシート車です。

JR東日本サロE530-10。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サロE530-10。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



サロE531

Aug 3, 2012.

基本編成中に2輛連結されるサロのうちの仙台寄りの車輛です。洗面所を有します。前述のサロE530も同様ですが、この型式は全ての車輛が転換クロスシート車です。

JR東日本サロE531-18。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サロE531-13。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



モハE530

May 1, 2017.

パンタグラフの無いモハで、後述のモハE531とユニットを組みます。0番代車のみがセミクロスシートで、1000番代車、2000番代車、3000番代車はロングシートです。

JR東日本モハE530-1002。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE530-1002。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。



JR東日本モハE530-1006。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE530-1006。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



JR東日本モハE530-1007。2016年(平成28年)12月、JR常磐線高萩(たかはぎ:茨城県高萩市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE530-1007。2016年(平成28年)12月、JR常磐線高萩(たかはぎ:茨城県高萩市)駅にて撮影。



JR東日本モハE530-1018。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE530-1018。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。



JR東日本モハE530-1023。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE530-1023。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



JR東日本モハE530-2004。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE530-2004。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



モハE531

Aug 3, 2012.

パンタグラフのあるモハで、前述のモハE530とユニットを組みます。パンタグラフの取り付け位置はユニットの外側寄りです。付属編成の0番代車のみがセミクロスシートで、基本編成の1000番代車と2000番代車はロングシートです。

JR東日本モハE531-2。2019年(令和元年)5月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE531-2。2019年(令和元年)5月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。



JR東日本モハE531-6。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE531-6。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



JR東日本モハE531-7。2016年(平成28年)12月、JR常磐線高萩(たかはぎ:茨城県高萩市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE531-7。2016年(平成28年)12月、JR常磐線高萩(たかはぎ:茨城県高萩市)駅にて撮影。



JR東日本モハE531-23。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE531-23。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



JR東日本モハE531-1018。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE531-1018。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



JR東日本モハE531-2004。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道モハE531-2004。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



JR東日本モハE531のパンタグラフ周辺。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
モハE531のパンタグラフ周辺です。2012年(平成24年)7月撮影。



サハE530

Aug 3, 2012.

基本編成に1輛のみ連結されるコンプレッサ付きのサハです。この型式はロングシートの2000番代車しかありません。後述のサハE531との根本的な相違点はコンプレッサの有無と言う点のみです。

JR東日本サハE530-2004。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハE530-2004。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



サハE531

Aug 3, 2012.

基本編成と付属編成に1輛づつ連結されるコンプレッサの無いサハです。付属編成の車輛は必ずセミクロスシートの0番代車ですが、基本編成の場合はセミクロスシートの0番代車とロングシートの2000番代車が混在しています。これは、当初は組み込まれていなかった2輛のサロを後天的に組み込む際に連結位置が変更になった結果のようです。建前上は基本編成の10連は両端の4輛がセミクロスシート車になる筈?なので、0番代車が連結されて正解のようです。

JR東日本サハE531-10。2016年(平成28年)1月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハE531-10。2017年(平成28年)1月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



JR東日本サハE531-27。2017年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハE531-27。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



JR東日本サハE531-29。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハE531-29。2019年(令和元年)6月、JR水戸線小山(おやま:栃木県小山市)駅にて撮影。



JR東日本サハE531-35。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハE531-35。2016年(平成28年)8月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



JR東日本サハE531-2007。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道サハE531-2007。2012年(平成24年)7月、JR常磐線土浦(つちうら:茨城県土浦市)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁