JR東日本E131系について

Oct 1, 2021.

JR東日本E131系はローカル線専用?に製造された4扉車で、E235系を正面貫通にしたような車体形状です。本格的に運用されているのは現状では内房線・外房線用の2連編成の0番代車のみですが、既に205系500番代(相模線)205系600番代(栃木地区)の置き換え用の500番代車・600番代車が完成し始めています。今後は幹線用のE235系と、閑散線区用のE131系の二本立てで増備されて行くのでしょう。

従来であればローカル線用の車輛は幹線から都落ちして来た車輛の転用改造で済ませそうな場合であっても、JR東は車体改造を伴う大幅な転用はしないようなので今後もある程度はローカル線用の新車の製造が続くのだと思います。要は運転台のある車輛は衝撃吸収構造の運転台に揃えるとなると、余りにも改造する範囲が広範囲になるので得策ではないと言う発想に基づいているのではないかと思います。

JR東日本E131系の車種構成は2連編成の0番代はクモハE131型+クハE130型となり、2輛ともに0番代です。一部に80番代とも言うべき車番を持つ車輛がいますが、これは0番代の亜種?とでも言うべき存在で線路モニタリング装置を搭載しています。この文章を書いている時点で営業運転をしているのはこの2連編成のみです。 この他に、4連編成で相模線用の車輛は500番代車で、クモハE131+サハE130+モハE130+クハE130と言う編成を組みます。 3連編成で東北本線・日光線用の車輛は600番代車で、クモハE131+モハE130+クハE130と言う編成を組みます。

モーターは150kWの誘導電動機で、クモハE131には4基搭載しています(150kW×4基=600kW)。中間車のモハE130には同じモーターを2基搭載しています(150kW×2基=300kW)。モハE130の方は「0.5M方式」とでも言うのか、クモハE131の半分の出力しか持たせてありません。全体として、房総地区用の0番代・80番代は1M1Tなので150kWのモーターを4基搭載したクモハが使用され、3連で東北本線・日光線用の600番代車は2M1Tではあるけれども0.5M車を連結している、4連で相模線用の500番代車は2M2Tではあるけれども0.5M車を連結している、と言う事のようです。相模線用の500番代車は兎も角も、日光線の勾配区間を走る600番代車に0.5M車を連結して大丈夫なのでしょうか?。



クモハE131クハE130(0番代・80番代)



クモハE131モハE130サハE130クハE130(500番代)



クモハE131モハE130クハE130(600番代)



クモハE131型0番代

Oct 1, 2021.

クモハE131型0番代はJR東日本内房線・外房線で使用されている車輛です。連結されている位置は、内房線走行時は安房鴨川向き、外房線走行時は千葉向きとなります。パンタグラフは編成中央寄りと言うのか、運転台とは反対側にシングルアームのモノを1基装備しています。運転台妻面には貫通ホロが装備されており、木更津駅で顔を合わせる久留里線のキハE130型とは逆向きになるので連結出来ません。

車内はセミクロスシートです。2輛編成の中央になる辺りの一帯がセミクロスシートになっていて、編成の両側に出てくる部分はロングシートです。広義の0番代には線路モニタリング装置を持つ80番代も含まれますが、それらも含めてセミクロスシートになっています。0番代・80番代以外の、相模線用の500番代車や栃木地区用の600番代車は全面的にロングシートです。

JR東日本クモハE131-1。2021年(令和3年)10月、JR外房線上総一ノ宮(かずさいちのみや:千葉県長生郡一宮町)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クモハE131-1。2021年(令和3年)10月、JR外房線上総一ノ宮(かずさいちのみや:千葉県長生郡一宮町)駅付近にて撮影。ちょっとした難読地名ですが、「長生郡」と書いて「ちょうせいぐん」と読みます。匝瑳郡(そうさぐん)とか、望陀郡(もうだぐん)とか、千葉はソコソコの難読地名が多い場所です。



JR東日本クモハE131-3+クハE130-3の2連。2021年(令和3年)10月、JR外房線上総一ノ宮(かずさいちのみや:千葉県長生郡一宮町)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クモハE131-3+クハE130-3からなる2連。2021年(令和3年)10月、JR外房線上総一ノ宮(かずさいちのみや:千葉県長生郡一宮町)駅付近にて撮影。E131系出来後、外房線(≒房総東線)の上総一ノ宮から、大原、勝浦、安房鴨川、館山、富津を経由して、内房線(≒房総西線)の木更津まで直通する列車が上総一ノ宮を出発した直後の撮影です。撮影場所は、有名なガントレットの在る踏切です。



JR東日本クモハE131-5。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クモハE131-5。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



クハE130型0番代

Oct 1, 2021.

クハE130型0番代はJR東日本内房線・外房線で使用されている車輛です。連結されている位置は、内房線走行時は千葉向き、外房線走行時は安房鴨川向きとなります。

JR東日本クハE130-5。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE130-5。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本クハE130-81。2021年(令和3年)10月、JR外房線上総一ノ宮(かずさいちのみや:千葉県長生郡一宮町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東日本旅客鉄道クハE130-81。2021年(令和3年)10月、JR外房線上総一ノ宮(かずさいちのみや:千葉県長生郡一宮町)駅にて撮影。線路モニタリング装置付きの車輛ですが、屋根上は全く同一だった筈です(相違点は床下にぶら下がっている線路モニタリング装置の有無のみ?)。



JR東日本クハE130-81。2021年(令和3年)10月、JR外房線上総一ノ宮(かずさいちのみや:千葉県長生郡一宮町)駅にて撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クハE130-81の線路モニタリング装置。2021年(令和3年)10月、JR外房線上総一ノ宮(かずさいちのみや:千葉県長生郡一宮町)駅にて撮影。線路モニタリング装置付きの80番代車ですが、0番代車との相違は「線路モニタリング装置」の有無だけです。この装置、あくまでも「線路モニタリング」のための装置であって、単純なレール探傷装置では無いようです。取り付けられている位置は運転台に向かって左前方、ご覧の通り車番が表示されている辺りです。



JR東日本クモハE131の連結器周辺。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クモハE131の連結器周辺。現状では0番代車はクモハ+クハの2連で使用していて増解結は一切していないようですが、電気連結器は2輛とも装備されています。連結器周辺の形状はE235系とそっくりに見えるので、もしかするとE131系は併結して運転できるのかも知れません(出来ないかも知れません)。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本クモハE131の連結器周辺。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クハE130の連結器周辺。こちらはクハE130の連結器周辺です。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本クモハE131が履くDT80B台車。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クモハE131が履くDT80B台車。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本クハE130が履くTR273台車。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クハE130が履くTR273台車。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本クモハE131の運転台周辺。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クモハE131の運転台周辺。幅広車体なので扉も車体裾の方は内側に丸まっていますが、旅客用扉と、乗務員室の扉では面の変化の仕方?が微妙に異なっています。乗務員室扉の上に取り付けてある小さな突起物は「安全確認カメラ」です。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本クモハE131とクハE130の連結部周辺。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クモハE131とクハE130の連結部周辺、左がクモハE131、右がクハE130です。運転台付近と同様に「安全確認カメラ」が取り付けてあります。画角はかなり広いようで、片側に1輛辺り2個で間に合うようです。2021年(令和3年)6月、JR内房線木更津(きさらづ:千葉県木更津市)駅にて撮影。



JR東日本クハE130-81の運転台周辺。2021年(令和3年)10月撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クハE130-81の運転台周辺です。運転台直後に座席は在りません



JR東日本クハE130-81の連結面周辺。2021年(令和3年)10月撮影。
上の写真は東日本旅客鉄道クハE130-81の連結面周辺です。この一帯のみセミクロスシートになっています。この事は、相方となるクモハE131も同様です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁