東邦亜鉛タキ1200について

July 1, 2017.

タキ1200は亜鉛焼鉱バラ積用の40.3トン積タキです。積み荷の比重の関係もあって寸詰まり気味で愛嬌のある車体形状をしていて、印象としてはセメントバラ積み用のタキ1900などと良く似た印象があります。「亜鉛焼鉱」と言うのは亜鉛の精錬過程で発生する物体だそうで、車体全長は11000mをわずかに超える程度なので、大雑把にいえば36フィートタンク車です。

2010年(平成22年)に試作車が1輛製造され、2011年(平成23年)に量産車が19輛製造され、この20輛で全てです。全ての車輛が日本車輛で製造され、所有者は全て東邦亜鉛です。以前に使用されていたタキ15600が老朽化したので代替新造と言うことのようです。

使用される区間は福島臨海鉄道の沿線に在る東邦亜鉛の小名浜精錬所(≒小名浜駅)から、群馬県に在る安中精練所までの区間です。所謂「安中貨物」と呼ばれる列車で使用されます。小名浜駅を11:40頃に出発するのかな?、泉からは常磐線を走り石岡に13:55頃に到着して特急を退避して14:00頃に出発し、信越本線の安中駅(≒安中精練所)似は夕方到着すると言うダイヤで積車輸送、その逆は全くの返空です。



タキ1200-1

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-2。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-2。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-2

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-2。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-2。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-3

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-3。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-3。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-4

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-4。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-4。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-5

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-5。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-5。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-6

July 1, 2015.

東邦亜鉛タキ1200-6。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-6。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。



タキ1200-8

July 1, 2015.

東邦亜鉛タキ1200-8。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-8。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。



タキ1200-9

July 1, 2015.

東邦亜鉛タキ1200-9。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-9。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。



タキ1200-10

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-10。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-10。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-11

July 1, 2015.

東邦亜鉛タキ1200-11。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-11。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。



タキ1200-12

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-12。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-12。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-13

July 1, 2015.

東邦亜鉛タキ1200-13。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-13。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。



タキ1200-14

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-14。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-14。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-15

May 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-15。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-15。2017年(平成29年)4月、JR常磐線磯原(いそはら:茨城県北茨城市)駅にて撮影。



タキ1200-16

July 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-16。2017年(平成29年)5月、JR常磐線石岡(いしおか:茨城県石岡市)駅=高浜(たかはま:茨城県石岡市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-16。2017年(平成29年)5月、JR常磐線石岡(いしおか:茨城県石岡市)駅=高浜(たかはま:茨城県石岡市)駅間にて撮影。



タキ1200-17

July 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-17。2017年(平成29年)5月、JR常磐線石岡(いしおか:茨城県石岡市)駅=高浜(たかはま:茨城県石岡市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-17。2017年(平成29年)5月、JR常磐線石岡(いしおか:茨城県石岡市)駅=高浜(たかはま:茨城県石岡市)駅間にて撮影。



タキ1200-18

July 1, 2017.

東邦亜鉛タキ1200-18。2017年(平成29年)5月、JR常磐線石岡(いしおか:茨城県石岡市)駅=高浜(たかはま:茨城県石岡市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-18。2017年(平成29年)5月、JR常磐線石岡(いしおか:茨城県石岡市)駅=高浜(たかはま:茨城県石岡市)駅間にて撮影。



タキ1200-19

July 1, 2015.

東邦亜鉛タキ1200-19。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-19。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。



タキ1200-20

July 1, 2015.

東邦亜鉛タキ1200-20。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。
上の写真の車輛は東邦亜鉛タキ1200-20。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。この車輛が現状ではラストナンバー車です。



FT21A台車

July 1, 2015.

東邦亜鉛タキ1200が履くFT21A台車。2015年(平成27年)5月、東邦亜鉛小名浜精錬所にて敷地外公道より撮影。
東邦亜鉛タキ1200が履くFT21A台車。(新)タキ1000が履いているFT21A台車とほぼ同様の外観です。