私有貨車について

Oct 1, 2020.

「私有貨車」と言う言葉は余り耳慣れないかもしれませんが、鉄道会社が所有しているのではなくて、荷主企業が所有している貨車の事です。普通の貨車は鉄道会社が所有しているので、輸送を依頼すると用意されている空車の貨車に荷物を積み込んで鉄道会社が輸送します。簡単で判り易い仕組みですが、繁忙期には必要な車輛が用意できなかったり、ちょっと特殊な荷物を積むために適切な装備を持っている車輛が無いので「この品物は積めませんねぇ」などと言う理由で輸送を断られる可能性もあるので、汎用車輛と言うのは結構厄介です。

これに対して「私有貨車」は、あくまでも所有しているのは荷主企業ですから、配車計画は荷主企業が自由に決める事が出来ます。常時絶対零度以下にしておかないと爆発してしまうような物質があったとして、恐らくは普通の鉄道会社はそんな凄い物質を運べる特殊な貨車は用意できないでしょうが、「私有貨車」として荷主企業が自社用に用意してしまうのであれば相当に特殊な車輛であっても手配できることになります。ゼッフル粒子用タンク車であっても、アイザロン粒子用のホッパ車であっても、自前で用意すれば済むのであれば金さえ出せば済む話なので簡単に片が付きます。

このような理由から製造された車輛が「私有貨車」です。鉄道会社側としても、汎用性の低い奇怪な車輛を用意しなければならないようなリスクを回避できるので好都合とも言えます。鉄道会社側にしても、自社の車輛を自社で整備しておけば配車計画通りに車輛が揃うので、お互いに好都合な話です。現在ではかなり私有貨車は淘汰されてしまっていて、代わりにISO規格の海上コンテナが使用されていますが、海上コンテナにした処で私有コンテナであれば荷主の私有ですから本質的な違いはありません。趣味的な興味はかなり失われてしまいましたけど。



タム500(ガソリン用、2軸タンク車最多級?) タム5000(塩酸・アミノ酸用貨車、いわゆる味タム)
タム8100(アルコール用タンク車) タサ3000とタサ3200(アルコール用タンク車)
新タキ1000(ガソリン用タンク車) タキ1200(亜鉛焼鉱用タンク車)
タキ1500(石油類用・元祖マーブルチョコタンク車) タキ1900(セメント用タンク車)
タキ2100(石油類用・元祖マーブルチョコタンク車) タキ3500(アルコール用タンク車)
タキ4000(濃硫酸用タンク車) タキ5750(濃硫酸用タンク車)
タキ6600(エチレングリコール用タンク車) タキ7250(アルコール用タンク車・ハマキ型)
タキ7500(濃硝酸用タンク車) タキ8300(ラテックス用タンク車)
タキ8350(ラテックス用タンク車) タキ8450(アルミナ用タンク車・エアスライド排出機構)
タキ8650(潤滑油添加剤用タンク車) タキ8850(ラテックス用タンク車)
タキ9400(脂肪酸用タンク車) タキ9550(ガソリン用タンク車)
タキ9800(石油類用タンク車) タキ9900(ガソリン用タンク車)
タキ10700(希硝酸用タンク車) タキ11800(潤滑油添加剤用タンク車)
タキ13800(アルコール用タンク車・ハマキ型)
新着!!タキ14700(液化酸化エチレン用タンク車)
タキ15600(亜鉛焼鉱用タンク車) タキ15800(エチレングリコール用タンク車)
タキ16600(エチレングリコール用タンク車) タキ20500(石炭酸用タンク車)
タキ20600(脂肪酸用タンク車) タキ22900(青化ソーダ液用タンク車)
タキ23600・タキ23650(液体硫黄用タンク車) タキ23800(ラテックス用タンク車)
タキ25000(LPガス用の長~いタンク車) タキ26000(青化ソーダ液用タンク車)
タキ26100(ラテックス用タンク車) タキ29100(濃硝酸用タンク車)
タキ29300(濃硫酸用タンク車) タキ35000(ガソリン用タンク車・ハマキ型)
タキ38000(ガソリン用タンク車) タキ40000(ガソリン用タンク車)
タキ43000(ガソリン用タンク車) タキ44000(石油類用タンク車)
タキ45000(石油類用タンク車・ハマキ型) タキ50000(ガソリン用タンク車・3軸ボギー)
トキ25000(亜鉛焼鉱用無蓋車) ホキ5700(セメント用ホッパ車)
シキ600・シキ613・シキ800(大物車3兄弟)


最初のページに戻る Return to index page 返回主頁