東京急行・新7000系

Feb 1, 2020.


東急・新7000系は3連で多摩川線・池上線で使用されている新系列の車輛で、新5000系新6000系を18m車として製造したような位置づけの車輛です。建前としては7600系7700系などの古い車輛の代替車のようなのですが、何故か新7000系が入線したら途端に玉突き的に1000系が上田交通に譲渡されたりしていますのでどうも判然としません。発表されている増備編成数はかなり多かったのですが、実際には2007年(平成19年)から2011年(平成23年)に掛けて3連7編成=21輛が製造され、2017年(平成29年)以降に3連8編成=24輛が追加製造され、合計で3連15編成=45輛だけに終わっています。

日比谷線との直通を止めた結果として余剰になった1000系を改造した1000系1500番代車が出来ちゃった?ので、こちらの新7000系の増備は余り進まなかった反面、福島交通や上田交通には1000系の中古車を面倒見なければならなかった?とかので多少は新7000系を製造せざるを得なかったとか、色々と政治的、経済的な事情はあるようです。

車体の外観意匠は新6000系にも相通ずるものですが、広窓で窓数自体が少なくてよく言えばノビノビとしている、悪く言えば間延びしている、、、とまぁ、いままでの東急らしからぬ外観です。塗装色はかつての玉川線(多摩川線ではなくて玉川線・たまでん)を彷彿とさせるものですが、変に波形の帯にしないで、窓下に真っ直ぐの2色の帯を入れるだけにしておいた方が格好が良かったのに、、、。

編成は2M1Tの3連で、多摩川・五反田方からデハ7100+デハ7200+クハ7300となります。デハ7100(制御電動車)デハ7200(中間電動車)はユニット編成を組むようになっているのですが、1C4Mの制御器をデハ7200に2基持たせています。パンタグラフを2基装備していることも同様ですが、編成が短いために電動車の絶対数が少ないので、冗長性を持たせるように設計されているようです。モーターは190kWのモノをデハに4基づつ搭載しており、かなりの高出力です。駅間が短く、加速・減速を頻繁に繰り返す必要がある多摩川線、池上線で使用するためにこのような仕様にしてあるようです。



デハ7100

May 15, 2010.

東京急行デハ7100は上り向き(多摩川・五反田向き)のクモハ相当のデハです。パンタグラフはありません。



デハ7101

June 7, 2008.

東京急行デハ7101。2016年(平成28年)1月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅=武蔵新田(むさしにった:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7101。2016年(平成28年)1月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅=武蔵新田(むさしにった:東京都大田区)駅間にて撮影。



デハ7102

May 15, 2010.

東京急行デハ7102。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7102。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。



デハ7103

Dec 1, 2016.

東京急行デハ7103他3連。2016年(平成28年)11月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7103他3連。2016年(平成28年)11月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅にて撮影。



東京急行デハ7103他3連。2017年(平成29年)12月、東急池上線蒲田(かまた:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7103他3連。2017年(平成29年)12月、東急池上線蒲田(かまた:東京都大田区)駅付近にて撮影。



デハ7104

Oct 1, 2017.

東京急行デハ7104他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7104他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅付近にて撮影。



デハ7105

May 15, 2010.

東京急行デハ7105。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7105。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。背後に写っているのは雪が谷大塚電車区の建物です(要するに車庫そのもの)。



デハ7106

Aug 1, 2014.

東京急行デハ7106。2014年(平成26年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)電車区にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7106。2014年(平成26年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)電車区にて撮影。



デハ7107

Aug 1, 2014.

東京急行デハ7107。2014年(平成26年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7107。2014年(平成26年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。



デハ7112

Feb 1, 2020.

東京急行デハ7112。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7112。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。



デハ7113

Feb 1, 2020.

東京急行デハ7113。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7113。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。



デハ7200

June 7, 2008.

東京急行デハ7200は編成中央に連結される中間電動車で、新7000系としては中間車はこの型式のみです。パンタグラフはシングルアームのものが2基装備されており、パンタグラフを有するのもこの型式のみです。冗長化と信頼性の向上を図ったというのか、1基の制御器で4個のモーター(=1輛分のモーター)だけを制御するようになっており、編成全体として合計で2基の制御器を持っています。



デハ7202

May 15, 2010.

東京急行デハ7202。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7202。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。



デハ7203

May 15, 2010.

東京急行デハ7203。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7203。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。



デハ7206

Aug 1, 2014.

東京急行デハ7206。2014年(平成26年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)電車区にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7206。2014年(平成26年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)電車区にて撮影。



デハ7212

Feb 1, 2020.

東京急行デハ7212。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7212。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。



デハ7213

Feb 1, 2020.

東京急行デハ7213。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7213。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7300

June 7, 2008.

東京急行クハ7300は下り向き(蒲田向き)に連結されるクハです。新7000系としては、唯一の付随車です。



クハ7301

東京急行クハ7301。2008年(平成20年)6月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7301。2008年(平成20年)6月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅付近にて撮影。

左後方に見えているのが矢口渡駅です。平賀源内の書いた戯曲に「神霊矢口渡」と言うものがありますが、その舞台になった多摩川の渡船が矢口の渡しです。1949年(昭和24年)までは区営の渡し船が営業していたそうですが、対岸の川崎市が経営するのではなくて大田区営の渡船だったと言うことなので、ようするに片乗り入れですね。



クハ7302

東京急行クハ7302他3連。2016年(平成28年)11月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅=武蔵新田(むさしにった:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7302他3連。2016年(平成28年)11月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅=武蔵新田(むさしにった:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7303

May 15, 2010.

東京急行クハ7303。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7303。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。



クハ7304

Oct 1, 2017.

東京急行クハ7304他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅=池上(いけがみ:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7304他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅=池上(いけがみ:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7305

May 15, 2010.

東京急行クハ7305。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7305。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。



クハ7306

Dec 1, 2016.

東京急行クハ7306他3連。2016年(平成28年)11月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅=武蔵新田(むさしにった:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7306他3連。2016年(平成28年)11月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅=武蔵新田(むさしにった:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7307

Aug 1, 2014.

東京急行クハ7307。2014年(平成26年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7307。2014年(平成26年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。



東京急行クハ7307他3連。2017年(平成29年)12月、東急多摩川線蒲田(かまた:東京都大田区)駅=矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7307他3連。2017年(平成29年)12月、東急多摩川線蒲田(かまた:東京都大田区)駅=矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7312

Feb 1, 2020.

東京急行クハ7312。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7312。2019年(令和元年)12月、東急池上線蓮沼(はすぬま:東京都大田区)駅=蒲田(かまた:東京都大田区)駅間にて撮影。



東京急行新7000系の車内。2014年(平成26年)7月撮影。
東京急行新7000系の車内です。これは、両端の運転台付きの車輛の車内で 車端部までロングシートです。



東京急行新7000系の車内。2014年(平成26年)7月撮影。
東京急行新7000系の車内です。これは、中間車の上り方(五反田・多摩川方)車端部でボックスシートとなっています。反対側の下り方(蒲田方)の車端部は、貫通路に向かって左側にのみ座席が在ります。貫通路に向かって右側は車椅子スペースなので座席が在りません。



東京急行新7000系の車内。2014年(平成26年)7月撮影。
東京急行新7000系の車内です。これは、制御車の運転台を望んだ処です。



新7000系の台車のこと

TS1019

May 15, 2010.

東京急行デハ7100型が履くTS1019台車。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。
上の写真は新7000系の電動車が履くTS1019と言う台車、いわゆるボルスタレス台車です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁