東京急行8000系

Jan 5, 2008.

東急8000系は新玉川線(現在の田園都市線二子玉川=渋谷間)用として1969年(昭和44年)から1982年(昭和57年)に掛けて製造された東急初の20m車で、チョッパ制御の車輛です。後に、1987年(昭和62年)にデハ8169が増備されて、この車輛が8000系としては最新の車輛です。但し、実際に新玉川線に使用されたのは8500系に併結されたごく一部の車輛のみです。当初は東横線に就役し、結果としてはそのまま東横線に腰を落ち着けてしまったことになります。



東京急行クハ8018の車内。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。
車内はご覧の通り、4扉ロングシートです。貫通路は全車広幅ですが、M1車(デハ8100)M2車(デハ8200)の中間のみは両開きの貫通扉が設置されています。7000系が8連貫通編成であっても扉無しの吹き抜けで貫通風?が相当に強かったので、改良されたのだと思われます。





クハ8000

8000系で運転台のある車輛はクハ8000型のみで、クモハ相当の車輛はありません。また、上り向き車輛と下り向き車輛で型式を分けるようなことはしていません。その代わりに奇数車は上り向き、偶数車が下り向きです。方向転換してもそのまま使えるのかどうかは判りませんが、少なくとも方向転換したことは無いようです。

車番はこの系列に限りませんが「~1」から始まりますので、最初の車輛がクハ8001号であり、クハ8000型のクハ8000号と言うような車輛は存在しません。最近の東急の車輛では7200系のデハ7200号・クハ7500号のような例外を除けば、全て車番は「~1}から始まります。



東京急行クハ8005。2002年(平成14年)5月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ8005。2002年(平成14年)5月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。最初期に製造された10輛のクハ8000(クハ8001からクハ8010まで)は幌枠座の上部が丸くありません。この車輛は上り向き奇数車です。



東京急行クハ8008。2004年(平成16年)1月、東急東横線線白楽(はくらく:神奈川県横浜市神奈川区)駅=妙蓮寺(みょうれんじ:神奈川県横浜市港北区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ8008。2004年(平成16年)1月、東急東横線線白楽(はくらく:神奈川県横浜市神奈川区)駅=妙蓮寺(みょうれんじ:神奈川県横浜市港北区)駅間にて撮影。これも最初期に製造された車輛で、幌枠座の上部が角張っています。この車輛は下り向き偶数車です。



東京急行クハ8013。1984年(昭和59年)頃、東急東横線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ8013。1984年(昭和59年)頃、東急東横線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅付近にて撮影。

クハ8011以降の車輛は幌枠座の上部が丸みを帯びています。但し、いずれの場合もこれらのホロ枠は通常は単なる装飾でして、実際にホロ枠として使用されたのは一時期8500系の中間にサハ代わり?に組み込まれた車輛だけです。



東京急行クハ8048他。2002年(平成14年)4月、東急大井町線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ8048他。2002年(平成14年)4月、東急大井町線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行クハ8017。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。
上の写真の車輛は東京急行クハ8017他。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。

内装を更新して、いわゆる「歌舞伎顔」となった車輛。更新内容はドア間8人掛け座席を4+3の7人掛けに変更し、4と3の間に仕切りを設置、妻板とドアの間を4人掛けから3人掛けへ変更、シートの布地を変更、と言った処です。更新対象となっているのは後期車のみです。歌舞伎顔で無い車輛は正面の赤帯がヘッドライトに掛かっていますが、歌舞伎顔の車輛の正面の赤帯はテールライトに掛かっています。



東京急行クハ8018他。2007年(平成19年)5月、東急東横線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ8018他。2007年(平成19年)5月、東急東横線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



東京急行クハ8034。1984年(昭和59年)頃、東急東横線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ8034。1984年(昭和59年)頃、東急東横線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅付近にて撮影。急行サボを止めた後の撮影です。ちょっと判りにくいですが、方向幕の文字は赤地に白文字で「急・渋谷」となっています。言うまでもなく「急」と言うのは「急行」の省略形です。



正面の赤帯を撤去した東京急行クハ8039。2005年(平成17年)7月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。
こちらの赤帯無しが、8000系本来の表情です。暫く見なかった表情なので却って新鮮に見えます。2004年(平成16年)辺りから8000系や8500系は廃車が始まっています。一部は伊豆急行を始めとする他社に譲渡されていますが、多数は解体されることになりそうです。そのようなわけで「最期の花道」と言うことなのかもしれませんが、上の写真の編成は出場当時に戻り赤帯無しとなっています。



東京急行クハ8030。2004年(平成16年)11月、長津田車輛工場で撮影。
上の写真の車輛はクハ8030、2004年(平成16年)11月、長津田車輛工場で撮影。外観は元のままですが、車内はセミクロスシート化改造されています。この車輛はこの後に、子会社である伊豆急行に譲渡され同社の8000系の一員となります。



デハ8100

Jan 5, 2008.

パンタグラフ付きの中間電動車でM1車、デハ8200型とユニットを組み、その場合はデハ8200型よりも下り寄り(横浜・中央林間寄り)に連結され、パンタグラフの位置はデハ8200寄りになります。新玉川線・田園都市線にて4連で使用されていた車輛以外は、全車パンタグラフは1基のみです。



東京急行デハ8117。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。
上の写真の車輛は東京急行デハ8117。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。



東京急行デハ8136。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。
上の写真の車輛は東京急行デハ8136。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。



デハ8200

Jan 5, 2008.

パンタグラフ無しの中間電動車でM2車、デハ8100型とユニットを組み、その場合はデハ8100型よりも上り寄り(渋谷・大井町寄り)に連結されます。以上はまぁ、原則でして、変則的にはデハ8200を挟むようにデハ8100型を2輛連結して使用することができます。但し、デハ8200とデハ8100が1輛づつの場合は25km/hまで電力回生ブレーキが使用できるのに対し、1輛のデハ8200に対して2輛のデハ8100を連結した場合は45km/h以上の速度域でしか電力回生ブレーキが使用できません。車体そのものはサハ8300と同様です。



東京急行デハ8209。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。
上の写真の車輛は東京急行デハ8209。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。



東京急行デハ8230。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。
上の写真の車輛は東京急行デハ8230。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて。



サハ8300

Jan 5, 2008.

東横線の7連化、8連化に際して製造されたサハです。7連の場合は4M3T、8連の場合は5M3Tとなります。、後に中間にデハ8100を1輛増結して6連化されます。更に7連化する際にデハ同士のユニットの中間に増結するために製造された車輛がサハ8300です。結果として4M3T(クハ+デハ+デハ+サハ+デハ+デハ+クハ)の7連となりました。



初代デハ8400

July 26, 2003.

初代デハ8400は軽量ステンレス車体の試作車として製造された車輛で、デハ8401とデハ8402の2輛のみです。機能的にはM2車のデハ8200と全く同一で、後にデハ8254とデハ8255に改番されます。車体上部の寸法は他の8000系各車と同様ですが、車体下部は内側に少し折れ込んでおり、側板のコルゲートも少ないです。後の8090系・8590系を始めとする軽量車体への布石となった車輛です。

軽量ステンレス車デハ8255。東急東横線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ8255(=旧・デハ8400型)。東急東横線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



二代目デハ8400

8000系・8500系・8090系などの中では希少価値的な存在のM単車です。両先頭車がクハしかない8000系・8090系を3M2Tの5連で使用するとM1車2輛に対してM2車が1輛しか連結できないので電力回生ブレーキが45km/h以上の速度域でしか使用できません。そのために、8100+8200のユニットにはそのままで手を付けずに、別途M単車を増結するために製造された車輛が二代目デハ8400です。車体外観はデハ8100と同一で、パンタグラフも上り寄り(渋谷・大井町寄り)に1基のみ装備されています。

デハ8100とデハ8200は8個モーター制御が前提なので、モーターの端子電圧が375Vであるのに対し、二代目デハ8400は4個モーター制御が前提なのでモーターの端子電圧は750Vとなっています。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁