東京急行2020系・3020系・6020系

Aug 1, 2019.

東急2020系・3020系・6020系は新5000系の後継となる20m4扉車です。新5000系が5000系・5050系・5080系と細分化されているのと同様に、こちらも3型式に別れていますが、基本的には同一型式みたいなもので、いっその事「20系」とでも命名したい程度の際でしかありません。

2020系は5000系の後継となる田園都市線用の車輛で10連貫通編成です。3020系は5080系の後継となる目黒線・新横浜線用車輛で8連貫通ですが、現時点では新横浜線が未開通であるし目黒線も6連で運転されているので当面は2輛製造と同時に保留車≒休車として6連で使用するようです。6020系は大井町線用の7連貫通編成で、大井町寄りから3輛目の車輛は「Qシート」と称する有料座席指定車輛として使用できる車内構造になっています。



クハ各種

Aug 1, 2019.

東京急行2020系・3020系・6020系のクハも、近年の東急の各系列の車輛と同様に下り向きと上り向きで型式が異なっています。田園都市線用の2020系の場合は渋谷向き(≒上り向き)クハがクハ2120、大井町線用の6020系の場合は大井町向き(≒上り向き)クハがクハ6120です。と言う事は大井町線用の3020系の場合はクハ3120になるのか?。反対向き(≒下り向き)の車輛は編成長によってかなり型式番号が異なり、2020系はクハ2020、6020系はクハ6720です。と言うことは、3020系の場合はクハ3820と言う事?。

東京急行クハ2125。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ2125。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。この車輛は、上り向きの車輛です。田園都市線基準で考えると渋谷・押上・南栗橋・久喜向きと言う事です。



東京急行クハ2126。2019年(令和元年)6月、東急田園都市線藤が丘(ふじがおか:神奈川県横浜市青葉区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ2126。2019年(令和元年)6月、東急田園都市線藤が丘(ふじがおか:神奈川県横浜市青葉区)駅付近にて撮影。



東京急行クハ2027。2019年(令和元年)6月、東急田園都市線藤が丘(ふじがおか:神奈川県横浜市青葉区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ2027。2019年(令和元年)6月、東急田園都市線藤が丘(ふじがおか:神奈川県横浜市青葉区)駅付近にて撮影。この車輛は、下り向きの車輛です。田園都市線基準、、、と言うか、中央林間向きと言う事です。



デハ各種

Aug 1, 2019.

東京急行2020系・3020系・6020系のデハは全て中間電動車で、クモハ相当の制御電動車はありません。8500系や8590系時代の、電動車の比率を上げるために制御電動車を作っていた頃が懐かしいと言いますか、、、。車種構成はM1車、M2車、M3車があり、編成の仕方から判断するとM1車とM2車でユニットを組み、M3車はM単車のようです。パンタグラフはM1車にはシングルアームパンタを2基搭載し、M3車には同じくシングルアームパンタを1基搭載、M2車にはパンタグラフはありません。M1車とM2車にはそれぞれA車とB車があり、デハ全体としてはM1A車、M1B車、M2A車、M2B車、M3車の5車種があります、、、なんと言うか、書いているだけでも面倒臭いですなぁ。

2輛ユニットを組む車輛とM単車が混在しているのはMT比を調整するためのようで、10連編成の田園都市線用の2020系にはM3車(M単車)が連結されています。反面、4M3Tに出来る大井町線用の6020系はM3車を使用しないでM1車+M2車のユニットを2組入れています。疑問が残るのは目黒線・新横浜線用の3020系ですが、ネット上に篤志の方が上梓なさった試運転時の動画を拝見するとパンタグラフを2基搭載した車輛が編成中に2輛連結されているので単なる4M4Tになるようです。使用当初は6連で使用する筈なので、暫定的に4M2Tで使用するのでしょうか?。

相変わらずの邪推ですが、無駄に几帳面な東急が何時までもM3車だなんてヤクザな車輛をそのままにしておくとも思えないので、田園都市線用の2020系のM3車(デハ2620)は秘かに隣のサハ2520を電装した車輛と2輛セットにされてしまうんじゃないかと思います。但し、この一件はあくまでも私の邪推ですので念のため。



東京急行デハ2225。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ2225。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。この車輛は、M2B車で、田園都市線基準で考えると渋谷・押上・南栗橋・久喜寄りから2輛目に連結される車輛です。パンタグラフはありません。



東京急行デハ2326。2019年(令和元年)6月、東急田園都市線藤が丘(ふじがおか;神奈川県横浜市青葉区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ2326。2019年(令和元年)6月、東急田園都市線藤が丘(ふじがおか;神奈川県横浜市青葉区)駅付近にて撮影。この車輛はM1A車でパンタグラフは2基装備です。渋谷・押上・南栗橋・久喜寄りから3輛目に連結される車輛です。



東京急行デハ2625。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ2625。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。この車輛は、M3車で、田園都市線基準で考えると渋谷・押上・南栗橋・久喜寄りから6輛目に連結される車輛です。パンタグラフはシングルアームのモノを1基のみ、渋谷・押上・南栗橋・久喜方に装備しています。



サハ各種

Aug 1, 2019.

東京急行2020系・3020系・6020系では全部の系列にサハが用意されています。2020系の場合はT1車、T2車、T3車の3輛、6020系の場合はT1車の1輛のみ、3020系に関してはネット上に篤志の方が上梓なさった試運転時の動画を拝見するとT1車とT2車の2車種があるようです。



東京急行サハ2427。2019年(令和元年)6月、東急田園都市線藤が丘(ふじがおか;神奈川県横浜市青葉区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ2427。2019年(令和元年)6月、東急田園都市線藤が丘(ふじがおか;神奈川県横浜市青葉区)駅付近にて撮影。この車輛は2020系で3輛連結されるサハの内のT3車で、渋谷・押上・南栗橋・久喜寄りから数えて4輛目に連結される車輛です。T1車とT2車の自重が27.5tであるのに対し、T3車であるサハ2420の自重は27.8tです。どうやら、なんらかの補機を余分に積んでいるようです。



東京急行サハ2725。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ2725。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。この車輛は、T3車で、田園都市線基準で考えると渋谷・押上・南栗橋・久喜寄りから7輛目に連結される車輛です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁