東京急行7700系

Mar 1, 2016.

東京急行7700系は、日比谷線直通乗り入れ用に使用していた初代7000系を1987年(昭和62年)から1991年(平成3年)に掛けてVVVF化改造した車輛です。時期的には1988年(昭和63年)から製造された1000系によって東横線・日比谷線の運用から追い出された車輛の再利用?と、この車輛を目蒲線に導入することで3000番代の旧性能車を淘汰することが目的だったようです。

現在は多摩川(たまがわ)線と池上(いけがみ)線で3連で使用中です。上り向き制御付随車はクハ7900(多摩川/五反田寄り)、下り向き制御電動車はデハ7700(蒲田寄り)、中間電動車はデハ7800です。

当初はこれ以外に中間付随車のサハ7950も存在して4連で旧・目蒲線で使用されていたのですが、旧・目蒲線を南北に分離して南部が多摩川線として独立し、北部が目黒線に編入された際に3連化に伴って編成からはずされました。同時に、池上線と多摩川線(=目蒲線南部)の車輛は運用が共通化されました。編成の組み方は次の通りです。



蒲田←デハ7700+サハ7950+デハ7800+クハ7900→目黒
(これは4連で使用されていた目蒲線時代の編成の組み方です)

蒲田←デハ7700+デハ7800+クハ7900→多摩川・五反田
(これは3連化後の多摩川線・池上線での編成の組み方です)



いずれの場合もパンタグラフは制御電動車のデハ7700と中間電動車のデハ7800にあり、多摩川・五反田寄りに設置されています。

初代7000系からの改造個所は制御機器のVVVF化と冷房装置の取り付けのみなので大多数の車輛は原型(初代7000系)と大差無い外観です。すなわち、制御電動車(=いわゆる「クモハ」)であったデハ7000型は運転台をそのまま生かし、クモハ相当のデハ7700とクハ7900に改造されています。中間電動車であったデハ7100型は、そのまま中間電動車のデハ7800と中間付随車のサハ7950に改造されました。この時、元来パンタグラフ付の車輛はそのまま電動車になり、パンタグラフ無しの車輛は付随車化されています。運転台付きの車輛は運転台を活用してクモハとクハにして、パンタグラフ付きの車輛はパンタグラフを活用して電動車にしたと言うことです。

運転台取り付け改造もほぼ皆無です。唯一の例外は7715Fに使用されていたデハ7715とクハ7915ですが、これは3連化に際して余剰になったサハ7950をクハ化・クモハ化するために運転台取り付け改造を行ったからです。初代7000系を7700系化したことに伴う改造ではありません。それと言うのも、初代7000系の登場時は4連で使用されており運転台を持つ車輛の比率が高いから敢えて運転台取り付けをする車輛が無かったからです。確か、運転台付きのデハ7000が64輛で、中間電動車のデハ7100が62輛だった筈です。

なお、上述の文章中の多摩川線(=目蒲線南部)と言う路線は、比較的近い場所に在る西武鉄道にも存在しますので、東急の車内放送などでは「東急多摩川線」と「東急」の名前を冠して案内しています。正式名称は「東急多摩川線」なのだそうです。



デハ7700デハ7800クハ7900サハ7950



デハ7700

Mar 9, 2007.

東京急行デハ7700型は運転台付きの制御電動車でパンタグラフ付き、クモハ相当の車輛で全車下り向き(蒲田向き)です。パンタグラフは上り方(五反田・多摩川方)に1基装備です。



デハ7701

東京急行デハ7701他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7701他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。

デハ7700型のトップナンバー車ですが、元の車番はデハ7064で、初代7000系のラストナンバーだった車輛です。ラストナンバー車が改造されてトップナンバー車になるとは、不思議な因縁です。



デハ7702

June 7, 2008.

東京急行デハ7702他3連。2008年(平成20年)6月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7703他3連。2008年(平成20年)6月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅付近にて撮影。



デハ7703

Apr 26, 2008.

東京急行デハ7703他3連。2008年(平成20年)4月、東急池上線洗足池(せんぞくいけ:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7703他3連。2008年(平成20年)4月、東急池上線洗足池(せんぞくいけ:東京都大田区)駅にて撮影。



デハ7705

東京急行デハ7705他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7705他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。

この車輛の種車は旧デハ7044です。初代7000系の第10次車、、、要するに最終増備の車輛です。余計な改造がされていないだけに、外観はかなりすっきりしています。側面の行き先表示器も無いので、7700系としては一番デザインの宜しい編成かも。



デハ7706

東京急行デハ7705。2007年(平成19年)2月、東急池上線御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7706、2007年(平成19年)2月、東急池上線御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅付近にて撮影。

この車輛の種車は旧デハ7042です。下手な説明で恐縮ですが、新型台車の試験に使われていたこともある車輛です。現在では他の車輛と同じ台車に交換されてしまっているようですが、その頃の名残なのか、前後の乗降用扉の下の垂れ下がっている部分が、なんとなくゴチャゴチャしています。



東京急行デハ7906他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅=千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7706他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅=千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅間にて撮影。



デハ7708

Dec 1, 2007.

東京急行デハ7708他3連。2007年(平成19年)11月、東急池上線久が原(くがはら:東京都大田区)駅=御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7708他3連。2007年(平成19年)11月、東急池上線久が原(くがはら:東京都大田区)駅=御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅間にて撮影。



デハ7710

May 1, 2010.

東京急行デハ7710他。2010年(平成22年)5月、東急池上線御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅=雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7710他、2010年(平成22年)5月、東急池上線御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅=雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅間にて撮影。



デハ7711

Sept 1, 2016.

東京急行デハ7711他4連。1991年(平成3年)1月、東京急行目蒲線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7711他4連。1991年(平成3年)1月、東京急行目蒲線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。



デハ7712

Mar 1, 2016.

東京急行デハ7712他3連。2016年(平成28年)1月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7712他3連。2016年(平成28年)1月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅付近にて撮影。



デハ7713

May 1, 2010.

東京急行デハ7713他。2010年(平成22年)5月、東急池上線御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅=雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7713他。2010年(平成22年)5月、東急池上線御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅=雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅間にて撮影。

いわゆる「歌舞伎顔」になった車輛で、元の車番はデハ7020です。7700系では車番末尾が12、13、14の車輛は歌舞伎顔ですが、中間に入る車輛も赤帯付きになっています。



デハ7715

Apr 26, 2008.

東京急行デハ7715。2008年(平成20年)4月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7715。2008年(平成20年)4月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。

7715F編成は、4連→3連への編成替えで余剰になったサハ7950型だけを集めて3連を組めるように改造した車輛です。そのために、先頭車正面の形状は福島交通、水間鉄道、北陸鉄道、弘南鉄道に譲渡した車輛と同様の左右非対称になっています。以前の東急でしたら几帳面に正面貫通の従来のデハ7000型と同様の顔にしたのでしょうが、ワンマン運転用機器が増えたりして運転台が手狭になっていることもあり、1000系もどきの左右非対称顔にしたようです。

パンタグラフが無いサハとして使用する前提で冷房化されており、そのために3基のクーラーが均等配置されています。そのために後付けのパンタグラフはかなり無理をして押し込んだ印象があります。ご覧の通りのシングルアームパンタグラフ装備ですが、普通の菱型パンタグラフでは下枠交差型の小型のものにしなければ収まらなかったかも?。同様に列車無線用アンテナの取り付け方もかなり窮屈で、クーラーのキセとの隙間は数センチしかありません。編成中間のデハ7800を集中クーラー化して、2丁パンタ化した方が工作は簡単だったんじゃないかと思いますが、これは余計なお節介です。



東京急行デハ7715他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7715他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。



デハ7800

Mar 9, 2007.

東京急行デハ7800型は中間電動車で、元来のデハ7100型からの改造車です。3連化後の7700系で、デハ7100型から改造された車輛=中間車はこの型式のみとなりました(以前はサハ7950型が存在しました)。結果論ですが東急7700系の中ではこのデハ7800型と、前述のデハ7700型がもっとも有為転変?が少ない車輛と言う事になりますかな?。



デハ7801

東京急行デハ7801。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7801、2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。

デハ7800型としてはトップナンバー車ですが、元の車番は1964年(昭和39年)製のデハ7114で、初代7000系としては第2ロットに当たる車輛です。



デハ7807

May 1, 2010.

東京急行デハ7807。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7807。2010年(平成22年)5月、雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。



デハ7808

June 27, 2009.

東京急行デハ7808。2009年(平成21年)6月、東急長津田車輛工場にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7808。2009年(平成21年)6月、東急長津田車輛工場にて撮影。



デハ7810

東京急行デハ7810。2004年(平成16年)10月、東急池上線旗の台(はたのだい:東京都品川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7810、2004年(平成16年)10月、東急池上線旗の台(はたのだい:東京都品川区)駅にて撮影。

3連編成の中央(下り寄りからも、上り寄りからも2輛目)に連結される車輛です。以前のデハ7100型だった車輛で、旧車番は1963年(昭和38年)製のデハ7102です。初代7000系の最初期に4連編成で登場した際の、トップナンバー編成の一員だった車輛です。



デハ7812

東京急行デハ7812。2001年(平成13年)8月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。
上の写真の車輛はデハ7812、2001年(平成13年)8月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。

歌舞伎顔の編成に連結されており、側面に方向幕、、、と言うか、LED式の行き先表示器が取り付けられています。



デハ7813

May 1, 2010.

東京急行デハ7813。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛はデハ7813。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅付近にて撮影。



デハ7815

Apr 26, 2008.

東京急行デハ7815。2008年(平成20年)4月、東急池上線雪が谷大塚ゆきがやおおつか)検車区にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ7815。2008年(平成20年)4月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)検車区にて撮影。



クハ7900

Mar 9, 2007.

東京急行クハ7900型は上り向き(五反田・多摩川向き)の制御付随車です。デハ7000型のパンタグラフ無しの車輛からの改造で、3連化後の7700系ではモーターを持たない車輛はこの型式のみです。



クハ7901

Oct 1, 2017.

東京急行クハ7901。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7901。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅にて撮影。クハ7900のトップナンバー車です、、、ってな説明は、一番ありがちで、一番無意味ですな。旧車番はデハ7045です。



東京急行クハ7901他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅=千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7901他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅=千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7902

June 7, 2008.

東京急行クハ7902他3連。2008年(平成20年)6月、東急多摩川線蒲田(かまた:東京都大田区)駅=矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7902他3連。2008年(平成20年)6月、東急多摩川線蒲田(かまた:東京都大田区)駅=矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7903

Apr 26, 2008.

東京急行クハ7903他3連。2008年(平成20年)4月、東急池上線洗足池(せんぞくいけ:東京都大田区)駅=石川台(いしかわだい:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7903他3連。2008年(平成20年)4月、東急池上線洗足池(せんぞくいけ:東京都大田区)駅=石川台(いしかわだい:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7905

Apr 26, 2008.

東京急行クハ7905他3連。2008年(平成20年)4月、東急池上線洗足池(せんぞくいけ:東京都大田区)駅=石川台(いしかわだい:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7905他3連。2008年(平成20年)4月、東急池上線洗足池(せんぞくいけ:東京都大田区)駅=石川台(いしかわだい:東京都大田区)駅間にて撮影。クハ7900型としては一番変哲の無い外観をしている部類の車輛です。以前のデハ7000型だった車輛で、旧車番はデハ7043です。



東京急行クハ7905他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅=武蔵新田(むさしにった:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7905他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅=武蔵新田(むさしにった:東京都大田区)駅間にて撮影。



東京急行クハ7905他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅=千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7905他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅=千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7906

東京急行クハ7906他3連。2007年(平成19年)2月、東急池上線御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7906他3連、2007年(平成19年)2月、東急池上線御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅にて撮影。

元はデハ7041だった車輛で、クハ7900型としては一番変哲の無い外観をしている部類に見えますが、実は台車の試験に使用されたことのある編成の一員だったので、前後の乗降用扉の下の辺りに、その当時の名残の取付金具のようなものが残っています。



東京急行クハ7906他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅=千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7906他3連。2017年(平成29年)9月、東急池上線池上(いけがみ:東京都大田区)駅=千鳥町(ちどりちょう:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7907

June 7, 2008.

東京急行クハ7907他3連。2008年(平成20年)6月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7907他3連。2008年(平成20年)6月、東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅にて撮影。これも、クハ7900型としては一番変哲の無い外観をしている部類の車輛です。以前のデハ7000型だった車輛で、旧車番はデハ7051です。



クハ7910

May 1, 2010.

東京急行クハ7910他3連。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅=御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7910他3連。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅=御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅間にて撮影。

この編成は初代7000系の最初期に4連編成で登場した車輛を改造したものです。旧車番で行くと五反田方からデハ7001+デハ7102+デハ7002となります。惜しいことにデハ7101を電装解除したサハ7960は編成から外されてしまいました。上の写真のクハ7910の種車はデハ7001と言うことです。少々判然としませんがドア周囲の縁取りの、一番下の部分がちょっと膨らみ気味になっているのが初代7000系初期車の外観上の特徴です。



クハ7911

Sept 1, 2016.

東京急行クハ7911他4連。1991年(平成3年)1月、東京急行目蒲線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真は東京急行クハ7911他4連。1991年(平成3年)1月、東京急行目蒲線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。4連で、目蒲(めかま)線北部が目黒線化される以前に、目蒲線で使用されていた頃の撮影です。



クハ7912

July 20, 2012.

7700系の内で、VVVF化以外に大幅な車内更新改造を受けた車輛は、正面がいわゆる「歌舞伎顔」に塗装されています。車体側面も窓下に赤帯が入れられ、側面幕板部に行き先表示器を装備しています。車番末尾2桁が12,13,14となる車輛がこの仕様です。

東京急行クハ7912。2012年(平成24年)7月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)電車区にて撮影。
上の写真は東京急行クハ7912。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅=御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅間にて撮影。



東京急行クハ7912他3連。2017年(平成29年)12月、東急多摩川線蒲田(かまた:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真は東京急行クハ7912他3連。2017年(平成29年)12月、東急多摩川線蒲田(かまた:東京都大田区)駅付近にて撮影。

蒲田駅を出た直後の、急勾配を降りて来る処です。蒲田駅は地上2階ですが、駅を出て直ぐの場所に在る踏切は地上1階のままで残存しているので、踏切の高さまで降りて行かなければならないので急勾配が出来てしまったと言う事です。地上時代の蒲田駅の状況は記憶に無いのですが、何か所かの踏切は線路の盛土に併せて急勾配化し、蒲田駅に近いごく僅かな箇所のみ立体交差化したような痕跡が見て取れます。セコい工事内容ですが、この後に武蔵新田(むさしにった)に辿り着くまでの間に環状8号線を潜って、国道1号線を跨いで、、、と言う上下動を繰り返さなければならないので、こんな事になったようです。予想外に新発見をした撮影迷所?です。



クハ7913

May 1, 2010.

東京急行クハ7913。2007年(平成19年)2月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅=御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真は東京急行クハ7913。2010年(平成22年)5月、東急池上線雪が谷大塚(ゆきがやおおつか:東京都大田区)駅=御嶽山(おんたけさん:東京都大田区)駅間にて撮影。



クハ7914

東京急行クハ7914他3連。2001年(平成13年)8月、東急多摩川線蒲田(かまた:東京都大田区)駅=矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅間にて撮影。
上の写真は東京急行クハ7914他3連、2001年(平成13年)8月、東急多摩川線蒲田(かまた:東京都大田区)駅=矢口渡(やぐちのわたし:東京都大田区)駅間にて撮影。

これも「歌舞伎顔」仕様の車輛で、元の車番はデハ7027です。歌舞伎顔の車輛は7700系以外では7600系8000系に在籍します。歌舞伎顔車はもっと大幅に増殖するのかと思ったのですが、最近では殆んど変化が無く増殖しているようには感じられません。下品とは言わないまでも、余り褒められた意匠でもないので、これ以上増えないでくれてホッとしているのが東急ファンの偽らざる心情なのでは?。



クハ7915

東京急行クハ7915他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ7915他3連。2007年(平成19年)2月、東急多摩川線下丸子(しもまるこ:東京都大田区)駅付近にて撮影。

7700系を3連化する際に余剰になったサハ7950型の内の3輛を改造した編成が7915Fですが、この写真のクハ7915はその3輛の内でもサハをクハ化改造しただけで、屋根上にパンタグラフを載せていないので、外観上の無理がありません?。



サハ7950

Sept 1, 2016.

東京急行サハ7950型は下り方(蒲田方)から2輛目に連結される中間付随車=サハです。デハ7800と同様に中間電動車だった7000系のデハ7100の内の、パンタグラフ無しの車輛からの改造したものです。3連化後は編成から外れたために、7715Fに改造された車輛以外はそのまま退役しています。7700系の中で、3連化に際して退役したのはこの型式のみです。



東京急行サハ7953。1991年(平成3年)1月、東京急行目蒲線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ7953。1991年(平成3年)1月、東京急行目蒲線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行サハ7959。1991年(平成3年)1月、東京急行目蒲線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ7959。1991年(平成3年)1月、東京急行目蒲線奥沢(おくさわ:東京都世田谷区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁