東京急行9000系について

Oct 1, 2019.


東京急行9000系は目黒線経由で東京地下鉄南北線/都営三田線/埼玉高速鉄道線への乗り入れ用の、旧名称「都心線」用の車輛、として設計されたようです。この系列に限りませんが、東急の車輛で「**線用」として製造された車輛で当初目的の通りの用途に使用されたことは無く、この車輛も新3000系新5000系に目黒線用の地位は明け渡しています。その上更に、東横線が東京メトロ副都心線を経由して東武東上線、西武池袋線にも乗り入れるようになって9000系には乗り入れ用の機器が搭載しなかったために、現在では東横線からも姿を消し大井町線のみで5輛編成で使用されています。



東京急行クハ9001他。2004年(平成16年)1月、東急東横線白楽(はくらく:神奈川県横浜市神奈川区)駅付近にて撮影。
似たような外観意匠であっても1000系と異なり分割併合を前提とした編成は無く、8連貫通ないしは5連貫通で運用されます。従って、正面貫通路は全てのクハがオフセットしています。運転台付きの車輛は全てがクハで、クモハ相当のデハは存在しません。デハは全て中間電動車です。

東横線用として使用されていた8連編成が14本(=112輛)と、大井町線用の5連編成が1本(=5輛)製造されたので、一族の合計は117輛、全車が東急車輛製です。配置換えに伴い稼働中の現役車輛は大井町線に5連として転属しており、余剰の車輛は取り敢えず休車になっています。9000系に限らず、最近の東急では配置換えに伴う余剰休車はかなり頻繁に発生しています。その一方で、9000系の仕様違い車として田園都市線用に製造された2000系は5連化して、現在では9000系の9020番代に編入されています。

型式番号の内、「9500」と「9900」は当初より欠番です。全くの妄想ですが、デハ9500型とサハ9900型を将来的に増備して10連化する計画が無くは無かった、、、と言う事じゃないかと思います。クモハ相当のデハ9500+クハ9900と言う可能性は、、、今の東急の路線の性格から判断すると100%無さそうです。



クハ9000

May 13, 2006.

東京急行クハ9000型は上り向き(渋谷・大井町向き)のクハです。9000系にクモハ相当のデハは存在しないので、上り向き先頭車は全てクハ9000型です。

東京急行クハ9001。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9001。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。LED方向幕が少々流れてしまっていますが、中央が行き先表示で日本語漢字表記とアルファベット表記が交互に現れます。方向幕時代は漢字表記の下にアルファベット表記が併記されていました。左は列車種別ですが、大井町線では各駅停車乍ら二子新地・高津を通過する列車としない列車があるための区別として青地と緑地の2種類があります。右は運行番号です。



東京急行クハ9002。2007年(平成19年)5月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9002。2007年(平成19年)5月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9003。2007年(平成19年)12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9003。2007年(平成19)年12月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9004。2007年(平成19年)11月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9004。2007年(平成19)年11月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9005。2007年(平成19年)6月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9005。2007年(平成19年)6月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行クハ9005。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9005。2019年(令和元年)8月、東急田園都市線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。



東京急行クハ9006。2007年(平成19年)7月、東急東横線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9006。2007年(平成19年)7月、東急東横線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



東京急行クハ9007。2007年(平成19年)6月、東急大井町線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。この編成は製造当初より5連。
上の写真の車輛は東京急行クハ9007他5連。2007年(平成19年)6月、東急大井町線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。この編成は製造当初より5連です。



東京急行クハ9008。2003年(平成15年)12月、東急東横線桜木町(さくらぎちょう:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9008。2003年(平成15年)12月、東急東横線桜木町(さくらぎちょう:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。この写真は終点だった桜木町駅で、方向幕を回している途中に撮影したものです。「事故対応のために桜木町=菊名間で特急の区間運転をした」と言う事ではありません。但し、事故対応で区間運転をする場合は、東急はそれ用の駅名を方向幕に入れてありますからこの写真のようにきちんと?対応します。東急は、妙な処で、妙に几帳面です。



東京急行クハ9010。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9010。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9011。2009年(平成21年)7月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9011。2009年(平成21年)7月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行クハ9011。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9011。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9012。2009年(平成21年)7月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9012。2009年(平成21年)7月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行クハ9013。2007年(平成19年)7月、東急東横線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9013。2007年(平成19年)7月、東急東横線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



東京急行クハ9014。2007年(平成19年)6月、東急東横線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9014。2007年(平成19年)6月、東急東横線新丸子(しんまるこ:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。



東京急行クハ9015。2008年(平成20年)5月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9015。2008年(平成20年)5月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9015。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9015。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



クハ9100

May 13, 2006.

東京急行クハ9100は下り向き(元町・中華街/中央林間向き)のクハで、機能的にはクハ9000とほぼ同等、補機類も同じものを搭載しているようです。9000系にクモハ相当のデハは存在しないので、下り向き先頭車は全てクハ9000型です。

東京急行クハ9101他。2002年(平成14年)4月、東急東横線妙蓮寺(みょうれんじ:神奈川県横浜市港北区)=白楽(はくらく:神奈川県横浜市神奈川区)駅間にて撮影。
東京急行クハ9101他。2002年(平成14年)4月、東急東横線妙蓮寺(みょうれんじ:神奈川県横浜市港北区)=白楽(はくらく:神奈川県横浜市神奈川区)駅間にて撮影。



東京急行クハ9101。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9101。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9102。2008年(平成20年)3月、東急東横線綱島(つなしま:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9102。2008年(平成20年)3月、東急東横線綱島(つなしま:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



東京急行クハ9102。2018年(平成30年)12月、東急大井町線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9102。2018年(平成30年)12月、東急大井町線二子新地(ふたこしんち:神奈川県川崎市高津区)駅にて撮影。



東京急行クハ9107。2007年(平成19年)6月、東急大井町線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9107。2007年(平成19年)6月、東急大井町線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行クハ9108。2008年(平成20年)3月、東急東横線綱島(つなしま:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9108。2008年(平成20年)3月、東急東横線綱島(つなしま:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



東京急行クハ9109。2008年(平成20年)3月、東急東横線綱島(つなしま:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9109。2008年(平成20年)3月、東急東横線綱島(つなしま:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



東京急行クハ9110。2007年(平成19年)5月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9110。2007年(平成19年)5月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行クハ9110。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9110。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9111。2009年(平成21年)7月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9111。2009年(平成21年)7月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行クハ9111。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9111。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行クハ9115。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9115。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



デハ9200

May 13, 2006.

デハ9200型、デハ9300型、デハ9400型は同一仕様でSIV(静止インバータ)もVVVF装置も共に搭載しています。この車輛に限らずデハも全て分散型クーラー4基搭載ですが、パンタグラフを避けるために等間隔とはなっていません。一番パンタグラフに近いクーラーと、その隣のクーラーの間隔が少々接近しています。このクーラーの配置は分散型クーラーを搭載している全型式に共通です。パンタグラフは上り寄り(渋谷・大井町方)に1基のみ搭載されています。

デハ9200は言うなれば最も基本的な型式の中間電動車で、東横線では上り寄り(渋谷方)から数えて2輛目(=2号車)として使用されています。大井町線の5連の編成でも上り寄り(大井町方)から数えて2輛目として使用されています。

東京急行デハ9201。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9201。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9209。2012年(平成24年)6月、東急大井町線旗の台(はたのだい:東京都品川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9209。2012年(平成24年)6月、東急大井町線旗の台(はたのだい:東京都品川区)駅にて撮影、



東京急行デハ9210。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9210。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9211。2012年(平成24年)7月、東急大井町線旗の台(はたのだい:東京都品川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9211。2012年(平成24年)7月、東急大井町線旗の台(はたのだい:東京都品川区)駅にて撮影。



東京急行デハ9212。2006年(平成18年)5月、東急東横線代官山(だいかんやま:東京都渋谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9212、2006年(平成18年)5月、東急東横線代官山(だいかんやま:東京都渋谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9215。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9215。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



デハ9300

June 7, 2007.

デハ9200型やデハ9400型と同一仕様のデハ9300型です。東横線では下り寄り(元町・中華街方)から数えて5輛目(=4号車)として使用されています。大井町線の5連編成では使用されない型式です。

東京急行デハ9315。2007年(平成19年)6月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9315。2007年(平成19年)6月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影、



デハ9400

May 13, 2006.

デハ9200型、デハ9300型、デハ9400型は同一仕様でSIV(静止インバータ)もVVVF装置も共に搭載しています。デハ9400は、東横線では下り寄り(元町・中華街方)から数えて3輛目(=6号車)として使用されています。大井町線の5連の編成でも下り寄り(二子玉川方)から数えて3輛目(=編成中央の車輛)として使用されています。

東京急行デハ9401。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9401。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9409。2012年(平成24年)6月、東急大井町線旗の台(はたのだい:東京都品川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9409、2012年(平成24年)6月、東急大井町線旗の台(はたのだい:東京都品川区)駅にて撮影、



東京急行デハ9410。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9410。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9411。2009年(平成21年)6月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9411。2009年(平成21年)6月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行デハ9411。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9411。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9413他。2001年(平成13年)12月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9413、2001年(平成13年)12月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行デハ9415。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9415。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



デハ9600

May 13, 2006.

東京急行デハ9600型は変り種と言うか、中間電動車4型式の中で唯一SIV(静止インバータ)を搭載していません。そのために「M1」だとか「M2」だとかの表示対象から外れて、哀れにも「M0(エム・ゼロ)」と表記されます。東横線では下り寄り(元町・中華街方)から数えて2輛目(=7号車)に連結されます。大井町線の5連の編成でも下り寄り(二子玉川方)から数えて2輛目に連結されます。

東京急行デハ9601。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9601。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9610。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9610。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9611。2009年(平成21年)6月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9611。2009年(平成21年)6月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行デハ9611。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9611。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



東京急行デハ9613。2008年(平成20年)3月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9613。2008年(平成20年)3月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行デハ9614他。2001年(平成13年)12月、東京急行東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9614、2001年(平成13年)12月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行デハ9615。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9615。2018年(平成30年)12月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。



サハ9700

May 13, 2006.

東京急行サハ9700は補機無しと言いますか、コンプレッサも蓄電池も持たない車輛で、9000系の中では一番単純な構成の車輛です。東横線では上り寄り(渋谷方)から数えて3輛目(=3号車)として使用されています。大井町線の5連の編成では、この型式は使用されません。

東京急行サハ9712。2006年(平成18年)5月、東急東横線代官山(だいかんやま:東京都渋谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ9712、2006年(平成18年)5月、東急東横線代官山(だいかんやま:東京都渋谷区)駅にて撮影。



東京急行サハ9713。2008年(平成20年)3月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ9713。2008年(平成20年)3月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。



サハ9800

May 13, 2006.

東京急行サハ9800は2種類あるサハの内の補機付きと言いますか、コンプレッサと蓄電池を持つ車輛の方です。9000系のサハはサハ9700とこの車輛の、合計2種類があります。東横線では下り寄り(元町・中華街方)から数えて4輛目(=5号車)として使用されています。大井町線の5連の編成では、この型式は使用されません。

東京急行サハ9806。2007年(平成19年)6月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ9805、2007年(平成19年)6月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。戸袋部のピンク色の掲示物?は女性専用車の表示です。



東京急行サハ9806。2006年(平成18年)5月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ9806、2006年(平成18年)5月、東急東横線祐天寺(ゆうてんじ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行サハ9810。2007年(平成19年)5月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ9810、2007年(平成19年)5月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京急行サハ9813。2008年(平成20年)3月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行サハ9813。2008年(平成20年)3月、東急東横線自由が丘(じゆうがおか:東京都目黒区)駅にて撮影。



9020番代車について

Oct 1, 2019.

2000系は9000系に良く似た車輛で10連が3編成しか製造されなかった少数派型式です。この2000系は3編成共5連化して、現在では大井町線で9000系の9020番代車として使用されています。私が目撃した限りでは、9000系と全く同様に区別することなく使用されているようです。乗客にした処で、9020番代車の方は座席が緑色で貫通扉の意匠がちょっと洒落ていると言う程度の違いにしか感じていないんじゃないかと思います。実際の処、趣味的にも単なる仕様違い車と言う程度の相違でしかないようです。それだったら最初から9000系の都筑番号にでもしておけば良かったのにね。



本来の9000系(0番代?)の編成表です。

←大井町溝の口→
Tc2MMM0Tc1
クハ9000デハ9200デハ9400デハ9600クハ9100

デハ9600の「M0」と言う表現に少々違和感がありますが、この車輛は制御器は持っていてもSIVを持っていません。同じ編成のデハ9200とデハ9400は制御器もSIVも持っています。その一方で9020番代の方は制御器を持っているのはデハ9220とデハ9420のみ、SIVを持っているのはデハ9320のみです。こうやって書いていてもさっぱり理解できないのですが、取り敢えず模型化する際には、9000系はデハ9600のみ床下器具を減らす、9020番代はデハ9220・デハ9420とデハ9320では床下機器を違えるとか、、、訳が判らないのでこれ以上深追いはしません。



9020番代の5連編成の編成表です。

←大井町溝の口→
Tc2MM2M1Tc1
クハ9020デハ9220デハ9320デハ9420クハ9120

9020番代車の編成ですが、デハ8400を連結した8000系5連の編成の組み方と同じです。



東京急行クハ9022。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9022。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。以前のクハ2002だった車輛で、上り寄り(≒大井町方)の先頭車です。



東京急行クハ9122。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行クハ9122。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。以前のクハ2102だった車輛で、下り寄り(≒溝の口方)の先頭車です。



東京急行デハ9222。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9222。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。以前のデハ2202だった車輛です。この車輛はシングルアームパンタグラフを1基のみ、上り方に設置しています。



東京急行デハ2302。2002年(平成14年)9月、東急田園都市線長津田(ながつた:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ2302。2002年(平成14年)9月、東急田園都市線長津田(ながつた:神奈川県横浜市緑区)駅にて撮影。2000系だった時代の撮影ですが、現在では車番末尾も変更されて、デハ9223になっています。この車輛は菱型パンタグラフを1基のみ、上り方に設置しています。



東京急行デハ9322。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9322。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。以前のデハ2253だった車輛で、車番末尾の数字も変わっています。この車輛にはパンタグラフがありません。9020番代のデハで、パンタグラフを持たないのはこの車輛のみです。



東京急行デハ9422。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京急行デハ9422。2019年(令和元年)9月、東急大井町線尾山台(おやまだい:東京都世田谷区)駅にて撮影。以前のデハ2203だった車輛で、車番末尾の数字も変わっています。この車輛はシングルアームパンタグラフを2基装備しています。



東京急行クハ9114の運転台付近。2007年(平成19年)5月撮影。
クハ9114の運転台周辺。正面の非常口がオフセットして設置されている関係からか、客室と乗務員室の仕切り扉もオフセットして取り付けられています。この写真、営業運転中に撮影したものですが、空いている列車を選んで乗って撮影したので、ご覧の通り乗客なんかは当然写っていません。著作権・肖像権云々以前に、自分の家族・知人・友人以外の第3者が画面内に入っていると目障りなだけですから。たまに聡明そうな少年が写り込んでいる写真がありますが、、、アレは大抵の場合は愚息ですm(__)m。



東京急行クハ9114の連結部付近。2007年(平成19年)5月撮影。
同じくクハ9114の写真ですが、こちらは運転台とは反対側の中間連結部。貫通扉に向かって左側が4人掛けの箱座席が1区画あります。先頭車も中間車も、9000系の全車輛は同じ構造になっていますので、両端の先頭車は4人分の箱座席、中間車は8人分(=4人分×2ヶ所)の箱座席を有します。車椅子設置場所を持つ車輛は、この箱座席の3人掛け縦座席(いわゆるロングシート)が撤去されています。この箱座席、少々間隔が狭いのと座席幅が狭いのが難点で、生憎ながら京浜急行電鉄の電車とかと比べてしまうと歴然と差が付きます。



東京急行クハ9112の車内。2008年(平成20年)9月撮影。
内装更新に伴って、木目調の装飾板が張られた車輛もあります。部分的に木目になっているだけで、本質的な相違はありません。



東京急行クハ9103他の連結部。2007年(平成19年)5月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。
9000系の連結部です。妻板は全て貫通路横に窓があります。転落防止用の外幌も、既に全車輛取付け済みのようです。2007年(平成19年)5月、東急東横線渋谷(しぶや:東京都渋谷区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁