京成電鉄AE100型

京成電鉄AE100型は空港特急二代目として1991年(平成3年)から1993年(平成5年)に掛けて8連7編成(=56輛)が製造された車輛で、この系列の先頭車は全長19.5mで、京成の車輛なかで一番の長尺車です。都営地下鉄経由で京浜急行への乗り入れの構想もあったらしく、正面中央に切れ目が入っていてこの部分に非常口が非常口です。編成は6M2Tの8車輛固定編成で、両端から3輛目に連結される2輛がサハとなっており、それ以外の車輛は電動車です。この系列の電動車は全車VVVF制御です。



京成電鉄AE101。2010年(平成22年)1月、京成電鉄上野線京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は京成電鉄AE101。2010年(平成22年)1月、京成電鉄上野線京成津田沼(けいせいつだぬま:千葉県習志野市)駅にて撮影。



京成電鉄AE128他。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)にて、ご厚意により許可を得て撮影。
上の写真の車輛は京成電鉄AE128他。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)にて、ご厚意により許可を得て撮影。



京成電鉄AE127。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)にて、ご厚意により許可を得て撮影。

上の写真の車輛は京成電鉄AE127。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)にて、ご厚意により許可を得て撮影。上野・押上方から2輛目に連結される中間電動車です。下枠交差の小型パンタグラフを2基装備しています。



京成電鉄AE166。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)にて、ご厚意により許可を得て撮影。

上の写真の車輛は京成電鉄AE166。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾検車区(そうごけんしゃく:千葉県印旛郡酒々井町)にて、ご厚意により許可を得て撮影。中間付随車、と言うか要するにサハです。



京成電鉄AE100型の履くFS043台車。2009年(平成21年)12月、京成電鉄宗吾(そうご)検車区構内にて、ご厚意により許可を得て撮影。

AE100型の履くFS-043台車で、いわゆるミンデンドイツ台車です。この台車は付随台車で、動力台車はFS-543と言う型番です。