秩父鉄道ヨ10

Jan 1, 2016.

秩父鉄道ヨ10は車体が近代的な割には(枕バネが)板バネ仕様のアーチバー台車を履いているし、こんなに小さな車体なのに自重が11tもある、曰くありげな車輛です。名目上は1968年(昭和43年)に10輛製造された事になっていますが、実は10輛全てが旧型オアカーのヲキ1型からの改造車です。下廻りだけを再利用して一端に車掌室を取り付けたL型車体をしており、「チフ」とも「シフ」とも付かないような、面白い外観をしています。

ヲキ1型の詳細が判然としませんが、1925年(大正14年)に10輛製造されたオアカーで自重が14.33t、24t積の車輛です。1958年(昭和33年)になってヲキ50型と言う車輛が寸法も重量も全く同じに作られていますから、こちらは実態としてはヲキ1型の後期型と言う位置づけではないかと思います。前期型と後期型の間に50年以上の隔たりがあると言うのも、随分と凄まじい話ではありますけど。全部で9輛の仲間がいるようですが、私が目撃した限りではヨ12、ヨ15、ヨ16は車掌室が三峰口寄りに設置されており、ヨ14は車掌室が羽生寄りに設置されているようです。

秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2006年(平成18年)2月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2006年(平成18年)2月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2006年(平成18年)2月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2006年(平成18年)2月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真は秩父鉄道ヨ10型ヨ15の車掌室内部。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真は秩父鉄道ヨ10型ヨ15の説明看板。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真は秩父鉄道ヨ10型ヨ15が履くTR17?台車。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ15。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真は秩父鉄道ヨ10型ヨ15が履くTR17?台車。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道ヨ10型ヨ14(左)とヨ10型ヨ15の。1983年(昭和58年)、秩父鉄道行田市(ぎょうだし:埼玉県行田市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道ヨ10型ヨ14(左)とヨ10型ヨ15の。1983年(昭和58年)、秩父鉄道行田市(ぎょうだし:埼玉県行田市)駅にて撮影。これ、現役時代のヨ14(左)とヨ15(右)の写真です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁



QRコード