秩父鉄道テキ100

Oct 1, 2015.

秩父鉄道テキ100は袋積みセメント用有蓋車で、1959年(昭和34年)に30輛製造された2軸ボギーの鉄製有蓋車です。まさしく秩父セメントと言う大株主を抱える秩父鉄道の象徴的とも言える車輛です。RP誌の「私鉄車輛めぐり」の記述では公称30t積みとなっていますが、下の写真のテキ120は車体標記が31t積みとなっています。数値が妙に半端ですし、貨車研究の第一人者である吉岡心平氏のサイトにも31t積みと記載があり、実物にも31t積みと記載がありますから、この数字で間違いはないでしょう。要するに、RP誌の記載が誤りと言うことです。

ドアの構造を見ると判りますが6枚引戸・総開きで、パレット荷役が前提の車輛です。それも、国鉄式のパレット=コンビテナーの事ではなくて、普通の平べったいパレットを使って積み付けをして、積み降ろしはフォークリフトを使用する前提なんでしょう。この辺りの事情は国鉄ワキ5000のコピー車であるワキ800も同様で、どちらも積み荷のセメントの分として30t、パレットの分として1t、合計で積載重量は31tになります。当たり前ですが、荷重が31tの袋積みセメント用の車輛だからと言って、セメントを31t摘むための車輛ではありません。あくまでもセメントは30tまでで、残りの1tはマテハン機器としてのパレットの分の重量です。

冒頭に「秩父鉄道テキ100は袋積みセメント用有蓋車」と書きましたが、この車輛が出来た当時のセメント袋は40kg袋か50kg袋のいずれかです。最近のセメント袋は作業員の高齢化が進んだために20kg袋か25kg袋のいずれかですが、この時期にはこんなに軽くて運転手が積み降ろしに苦労しないで済むような有難いモノはありません。40kg袋ならば750袋で30t、50kg袋ならば600袋で30tです。これにパレットの重さを加えれば31tと言う計算が成り立ちます。

恐らくはこの車輛の原型?となったテキ1が50kg袋を700袋載せる前提で35t積みとし、しかもパレットを使わずに載せる分だけ背が低いので荷室高さが2000mmを切るような風変わりな外観になっていますが、こちらはパレットの高さの分だけ荷室が高くなるので多少は世間並みの外観に近づいているということのようです。大雑把ですがパレット積にするとパレットの厚みの分だけ背が高くなるのではなくて、フォークリフトで荷役をする際に多少はパレット自体を持ち上げますから、最低でも300mm程度は開口部を高くして欲しいと言うのが元フォークリフト担当者(=私です)の希望です。

秩父鉄道テキ100型テキ120。1983年(昭和58年)、秩父鉄道行田市(ぎょうだし:埼玉県行田市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道テキ100型テキ120。1983年(昭和58年)、秩父鉄道行田市(ぎょうだし:埼玉県行田市)駅にて撮影。この写真は現役時代の撮影で、右側に止まっている車輛はヨ10型の内のいずれかの車輛です。



秩父鉄道テキ100型テキ117。2005年(平成17年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道テキ100型テキ117。2005年(平成17年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。こちらは現役時代の撮影では無く、三峰口駅に隣接する鉄道車輛公園で静態保存されている状態での撮影です。右側に止まっている車輛はスム4000型のスム4023号です。



秩父鉄道テキ100型テキ117。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道テキ100型テキ117。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。上の写真の反対側の側面を写していますので、隣接するスム4000型のスム4023号が左側に来ています。



秩父鉄道テキ100型テキ117。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は秩父鉄道テキ100型テキ117。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。羽生方の妻面を写していますが、屋根は単純な「へ」型ではなくて、内蔵式ドアレール?のためなのか、両端が平らです。



秩父鉄道テキ100型テキ117。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真は秩父鉄道テキ100型テキ117が履くTR41台車。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



秩父鉄道テキ100型テキ117。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。
上の写真は秩父鉄道テキ100型テキ117の説明看板。2019年(平成31年)4月、秩父鉄道三峰口(みつみねぐち:埼玉県秩父市)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁



QRコード