On30鉄道模型の連結器

Sept 1, 2015.

On30の鉄道模型のパーツ類の中でも、特に連結器に限った内容を以下に記述します。普通に市販されているアメリカのメーカーが販売しているOn30の完成品の車輛は、ケーディー社の連結器と互換性のあるナックル可動の自動連結器型が使用されています。これは、バックマンが「On30」と言う名前で旗揚げする際に同社のEZ-MateII(イージー・メイト・ツー)と言う名の「ケーディー社の連結器と互換性のあるナックル可動の自動連結器型」を標準装備として売り始めたことが多分に影響しているとは思います。

この事以前にケーディー社の連結器が現実に市場を席巻していたために、事実上これ以外の選択肢がほぼ見当たらなくなってしまったと言う事情もあろうと思われます。時期を同じくしてケーディーの特許が切れたので、各社が続々とケーディー互換を謳った連結を売り始めた時期とも一致します。結局は、On30だろうが他のゲージだろうがその辺りはどうでも良くて、もうちょっと政治的?な理由で連結器の種類が決まったと言うことが出来ます。

バックマン製のOn30他用連結器「EZ-MateII」
バックマン製のOn30他用連結器「EZ-MateII」



もう一つには、アメリカの実物車輛はナローゲージであってもナックル可動の自動連結器を装備しているからだとも言えます。日本のナローゲージの車輛は朝顔形カプラーを使用している場合が多いので、自動連結・解放が出来ない点には目を瞑って外観優先でダミーの朝顔形を使われる方も多いようです。一般的には、日本型であっても「ケーディー社の連結器と互換性のあるナックル可動の自動連結器型」にしておいた方が無難ではないかと思います。

連結器がケーディー互換型であるし、レール間の幅(=ゲージ)もHOゲージと同等の16.5mmであることからもなんとなく想像は付きますが、連結器の中心高さは凡そ10mmです。NMRAの定めた規格では、HOゲージの連結器の中心高さは25/64インチ(≒9.92mm)となっていますから、この高さを参照しているのでしょう。同じくNMRAの規格によれば19mmゲージのOn3の方の連結器中心高さは9/16インチ(≒14.29mm)ですから、これとは明確に異なっています。16.5mmゲージのOn30の方はHOゲージ用のカプラーが台車マウントなっている品物を流用する可能性がありますから、同じOゲージナローとは言ってもOn3とは異なる規格になっていて当然であるとも言えます。

但し、「ケーディー社の連結器と互換性のあるナックル可動の自動連結器型」は、実は高さ方向の位置ずれに過敏で、取り付け高さの寸法はかなり真面目に追い込んでおかないと運転中に勝手に列車が切り離されてしまうと言うような事件が多発しますから、この点のみは要注意です。私自身の場合は、自分の工作技量が低いから自然解放が多発してしまうのではありますが。

こちらはちょっと判り難い写真かもしれませんが、On30ではなくてフライシュマンのOe製品である「マジックトレイン」の車輛が使用している連結器で、恐らくはアーノルト(Arnold)型連結器を丸っこく変形させたモノだと思われます。「On30ではなくてOe製品」とは言うものの、Oナローであることに違いはありません。
フライシュマン製のOe用アーノルト(Arnold)型連結器。
フライシュマン製のOe用アーノルト(Arnold)型連結器。



この連結器、実は実物のナックル可動の自動連結器を模式化したものです。アーノルト・ラピードの連結器がナックル可動の自動連結器を模式化したなんて何処の媒体にも書いていませんが「似てねぇじゃねぇか」などと言う先入観を捨てて、無二の境地で見つめていればナックル可動の自動連結器そっくりそのものである事が見えて来ます。序でに書くと、ベーカー型連結器も同様です。

実はアーノルト・ラピードの連結器≒ベーカー型連結器≒実物のナックル可動の自動連結器と言う関連性に気づくまで、恥ずかしながら50年掛かりました。人間は謙虚に、常に思索して、無二の境地で対象と向き合うことを続けなければ事物の本質を見出すことが出来ないと、チッポケな連結器を見乍ら改めて思い知らされたような次第です。それにしても、少々時間が掛かり過ぎました。



蛇足・Oナローに於けるベーカー型連結器

Oct 1, 2018.

その昔、「On30」などと言う言葉が影も形も無かった時代、日本の鉄道模型ファンが作るOナローの車輛は多くがベーカー型連結器を使用していました。バックマンンのOn30製品がケーディー互換のナックル可動型連結器を使用しているのは、単にバックマン製のHOゲージ車輛が使っているのと同じ種類の連結器にしただけだと思います。ベーカー型がOナローの車輛に使用されたのは、その当時の16番ゲージ(≒HOゲージ)の車輛の多くがベーカー型連結器を使用していたのでそのまま踏襲しただけだと思われます。

なんのことは無い、Oゲージをナローゲージ化?する際に16番ゲージ(≒HOゲージ)の線路をパクって16.5mmゲージとしたのと同様に、連結器もパクってベーカー型にしただけに過ぎません。私が悪意に基づいて?煽情的な書き方をするから「パクった」とか言う表現をしているだけで、下廻りに16.5mmゲージの品物を流用したのと同様に連結器も大昔にはベーカー型を流用したと言う事に過ぎないんじゃないかと思います。

ベーカー型連結器自体は決して素晴らしいとまで言える代物ではありませんが、フックの自重だけで相手の連結器枠に引っ掛かって連結出来ると言う点では、ケーディー互換の自連型のように復元バネのバネ圧に依存しなければならないと言う厄介な問題が存在しない分だけ、優れているように思います。最初期のNゲージ製品でバネ圧が強過ぎて相手を弾き飛ばしてしまって連結できないようなアーノルト型連結器を装備した車輛がなんと多かったことか、、、。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁