当サイトの概要

Sept 1, 2017.

このサイトは私の個人的な趣味の対象であるアメリカ型の、On30ゲージなどの縮尺が大き目の鉄道模型やら何やらに関する自己表現の場として作成したものですので、記載してある内容は私の主観に基づくものです。記載してある内容の絶対的な真実性、無謬性、客観性は保証できません。日本型やNゲージは主たる興味の対象ではありませんので、嫌いではありませんが素っ気無い書き方をしているのは他意はありません。

スケールに汲々とする人が余りにも多いので日本型は気が進まないし、視力が追い付かないのでNゲージは取り扱えそうにないし、、、。それでも愚息の持っているNゲージの車輛見ると「こっちに転んでいればどんなに楽な人生が送れただろうか」と考えないわけでもありません。

自分の信念に基づいて書いているだけですので、他者の快・不快は余り考えてないと言った方が宜しいんでしょうなぁ。そのようなわけで、当方の悪意に基づくものでは無いにせよ、当サイトのコンテンツをお読みになる方によって、お受けになる印象は様々だと思います。率直に言って結構毒を吐いてます。それでも「しょうがねぇ野郎だ」程度に許容していただけるのであれば、ブックマークでも付けていただければ望外の幸いです。



免責事項

意図してウソを書くようなことはしませんが、私はかなりそそっかしい方なので勘違い、事実誤認、ミスタイプなどをやっている可能性は否定できません。適宜勘案の上ご高覧ください。万が一当サイトの記述を丸呑みしたが為に何等かの不利益を被る事があっても、当方は一切の責任を負いません。当方はこれらの誤謬を改善するよう努力はいたしますが、当方の義務ではありません。

可能性はかなり低そうですが当サイトの内容をご覧になったことで何らかの利益に繋がるようなことがれば、、、それは恐らく読んだ方が日々の行いを正しく生きて来られた結果だと思いますの。



使用言語について

基本的には日本語のみで文字セットはUTF-8ですが、コンテンツの趣旨によっては英語中心で記述してあるものもあります。比率としては、日本語だけで済ませてあるコンテンツが大部分です。私は決して国粋主義者ではないつもりですが、間違い無く私自身は日本人であるし、日本語を母国語にしていますので、日本語で文章を記述することが一番楽だからです。

私は日本の政府には誇りも自信も全く持ち合わせておりませんが、日本の風土と歴史と言語に誇りと自信をもっております。従って意味不明の外来語の使用は極力控えているつもりですが、未熟なために、こちらの思惑通りになっていない箇所がままあります。ご容赦ください。



著作権など

全ての著作内容は私自身で創作したものか、或いは著作権者の許可を得て掲載しているものです。一切の無断転載を禁止いたします。著作権侵害に関しては然るべき措置を講じます。

合法的な範囲内であっても、当サイトの著作内容の引用は極力お避けください。万が一、止むを得ず引用する場合は出典は必ず明記し、当方に必ずご一報ください。こう言うことは本来わざわざ書くべきことではありませんが、ここまで書いておかないと図に乗ってつけあがる大馬鹿野郎が、この世の中には多過ぎるからです。本来、引用などせずに、当方のサイトを紹介するだけに留めても何ら支障は無い筈です。



リンクについて

Sept 1, 2017.

リンクはご自由にどうぞ。趣味嗜好の合うサイト様とは相互リンクとさせていただきたいので、リンクご希望の方は事前にご一報いただければ幸いです。但し、当方が相応しくないと判断した場合はリンクは拒否します。この判断基準は公表いたしませんが、率直に言ってしまえば私の主観によりますし、縁もゆかりも無くて内容も全く異なるサイトと相互リンクしても、お互いに大したメリットはありませんので相互リンクは止めた方がお互いのためです。

相互リンクされる際のバナーは冒頭ページの「風雅松本亭」と毛筆書体で書いてあるヤツをお使いください。バナーのURLは「http://g-gauge.world.coocan.jp/gif/logo.gif」です。縦横比と色を変更なさらなければ、大きさは自由に変えていただいて構いません。直リンクなさっても支障ありません。



車輌、書籍、工具などの貸し出しについて

当サイトに掲載している車輌、書籍、工具などの貸し出しは一切お断りします。商売として鉄道模型をやっているわけではありませんので、貸し出した処で何の利益にもなりませんから、貸し出しするつもりは毛頭ありません。鉄道に拘わるボランティ活動に興味が無いわけではありませんが、貸し出しボランティアをするつもりは全くありません。こんな事は殊更書くべきことではないですが、自分の都合だけで「貸さないのはケチだ」と言いたげなメールを送って寄越す大馬鹿野郎が、この世の中には多過ぎるからです。

車輌や書籍が必要ならば自腹で買い求めれば宜しい。私は必要だと思ったものは、全部自腹で買い求めています。誰も補助してくれる人なんていないですから自腹で買うしかないですけど、、、。「勿体無いから金を使う気にならない」と思う対象物ならば、最初から買わなければ宜しい。所詮は買わないで済む程度のものならば、金を無駄にしないで済んだのですから、まさに喜ぶべきことです。



このサイトの制作環境など

Aug 1, 2015.

制作環境、などと大見得を切ることが出来るほどのものではりませんが、ASUStekのマザボを使用した某社製のデスクトップPCにウィンドウズ8を走らせて、画像処理はペイントショッププロ、タグの打ち込みなどはテラパッドと言うフリーソフトのテキストエディタを使用しています。

各コンテンツはSVGA以上の解像度を想定しています。表示の確認はウィンドウズ版のインターネット・エクスプローラでしか行っていませんが、それほど複雑なタグは使っていませんので、これ以外のブラウザでも支障なくご覧戴けると思いますが、ブラウザのバグまでは面倒見切れませんので「絶対にどのブラウザでも大丈夫」とまでは断言しかねます。



ブログのこと

Dec 16, 2011.

「無機質なGゲージ日記」と言う名前のブログを始めました。コメントは可、トラックバックは不可、としてあります。ブログを開設する直前に掲示板を止めましたが、掲示板のホストというモノは何社か乗り換えたものの、暫く経つと後出しジャンケンのように運営手法が変わってしまったり、中には掲示板のホスト自体が別の企業体に売り飛ばされるような場合もあって面白くありません。

ブログのタイトル部分には馴染みの女性演歌歌手の写真を載せていますが、この人は演歌歌手の千原愛理さんと言う人です。それは兎も角、最近の我がサイトは女性演歌歌手の写真の比率ばかりが高くなりつつあります。「サイトは鉄道専業、ブログは若い女の子の写真」と言う使い分けも考えてはいたのですが、、、。



遅れ馳せの自己紹介

Aug 1, 2015.

ハンドル名「松本哲堂」の謂れ

「鬼平犯科帳」に“堀本伯堂”と言う、高潔な人格の盗賊の大親分が出てくるので、そのパクりです。如何にも学究肌の人間らしく思って貰えるんじゃないかと勘違いした結果として、このハンドルを使っています。本名の名字は、ハンドルの名字と同じです。要するに、住所さえ合っていれば、宛先にハンドル名を書いてしまっても郵便物が恐らくは間違いなく届く、と言うことです。余りにも奇抜なハンドルを使ってしまってオフ会とかでお会いした時にハンドル名で呼びかけられた時に恥ずかしい思いをしないで済むと言う実用的な問題もあります。



住んでいる場所

関東地方南部の某低湿地帯で、大地震発生時にも辛うじて津波や山崩れの被害からは免れそうなだけれども狩野川台風と伊勢湾台風では酷い目にあった場所に住んでいます。南北を買収国鉄路線、東西を某民鉄に取り囲まれていて、たすき掛けに公営交通の路線が新設されたような場所に住んでいます。以前は日常的には某民鉄の方ばかり乗っていたので、この辺りの事情は鉄道趣味者としての人格形成に少なからぬ影響を受けているんじゃないかと思います。最近は自営で貨物軽自動車運送事業をやっていますので、どちらの鉄道とも縁が遠いです。



好きな車輌

バスや鉄道車輛は大抵はどれでも好きなんですが、強いて挙げればアメリカ型、中・小型、古い車輌、経営状態の良くない会社の車輌が好きです、、、とかなんとか言いながら、新幹線も気が向くと通勤に使っていたこともあったし、JR東の2階建てグリーン車とか、東海道新幹線の100系とかも好きな部類に入ります。明確に嫌いな車輌は混雑している車輌で、明確に好きな車輛は、空いていて、座席の前後左右に十二分な余裕がある乗車が出来て、私の目の前に面識のない第三者が立っていないような車輛です。



模型遍歴

振り出しはカワイモデルのC155と言う立山重工製的外観の自由型Cタンク機+エンドウのヨ5000+親父が作ってくれた木製道床の線路、と言う組み合わせで要するに16番(≒HOゲージ)です。

その後、一時的にNゲージに転んだこともありましたが、 アメリカ型HOゲージアメリカ型Oゲージアメリカ型Gゲージアメリカ型Oナロー(On30) と遍歴を重ね、現在に至ります。生まれついての不器用が災いして、殆ど自作らしい自作はしていません。先祖代々ビンボボなので、買っている車輌は安い完成品ばかりと言う体たらくです。生まれつき曖昧な性格?なので、余り極端なスケール志向に走る事は好きではありません。もっと、おおらかな鉄道模型の方がいいなぁ。



カメラのこと

振り出しは小西六の「コニカIIB」と言う、ライカ判のレンズ交換できないレンジファインダーのカメラです。実はこのカメラが新品で市場に流れていた頃、祖父が小西六に勤務してましたので、社内販売的に入手したもののお下がりが私の処にやって来たようです。露出計は無いし、距離併せは2重象合致式なので当然自己責任?だし、こんなカメラをよくも我が親父は小学生だった私に使わせたと思うんですが、この時の経験は今でも充分に役に立っています。

その後はマミヤのライカ判1眼レフ、ニコンFが2台、ペンタックスSL、マミヤプレス、マミヤ645、ミノルタα303i、パナソニックのマイクロフォーサーズ機などを経て、 紆余曲折がありながらも本務機がキヤノンのEOS Kiss X7i、 サブ機がキヤノンのコンパクトデジカメ(パワーショットA650IS) と言う2台体制となりました。

体力的な衰えは感じ始めているので小さくて軽いカメラの方が都合が良いとは思うのですが、大袈裟なカメラを持って演歌歌手の人のキャンペーンに行ったりするとやや目立ち気味で、歌手ご本人から「(大きなカメラを持っているから)どなたなのか直ぐに判りました」とか言われたりするので、今更乗り換えられなくなってしまいました。仕方が無いから今後も大きくて重いカメラを使い続けるしかありません。マミヤプレスを入手した後にデジタルに転ばないで4×5判とかのカメラを買って意地でも銀塩カメラにこだわり続けていれば、自分の人生も随分変わっていただろうと思います。



家族構成など

私自身、家内、嫡男、実母の3世代同居4人家族、以前の自己紹介では「歯並びの悪い犬がいる」とかなんとか書いでありましたが、残念ながらその犬は数年前に身罷りました。猫好きな家族ばかりでいじめたりしないからなのか、最近では拙宅は近所の猫君たちの集会所になりつつあります。



思想信条

心の中は極左だけど言ってることは中道、やっていることは極右っぽい。旦那寺の和尚さんにはきちんと挨拶はするけれども、口で言っているほどには信心深くない。その代わりに、初詣には必ず自分の宗旨のお寺に出掛ける、あの世で先祖に罵倒されない程度にしか墓参りに行かない、典型的日本人的死生観の持ち主です。見掛けは兎も角、実際には小心者の「いい人」です。

但し、以前からの習慣で、年下の相手(小学生とか)も含めて誰に対しても丁重な話し方しかできないので「慇懃無礼」だと思われがちなのは困ったもんだとは思っています。思っているだけで、今更変えようも無いですが、、、。



職業

某零細貿易会社で、出荷係兼運転手のような仕事をしていましたが、経営者とウマが合わなかったので20年以上勤務していたにも拘らず結構あっさりと辞めてしまいました。そんな関係で語学力は、英語は鉄道関連の雑誌が読めて、個人輸入で自分の欲しい模型を買い付けることが出来て、現地のおみやげ屋さんで店番のおばちゃんと多少の世間話が出来る程度ですが、あくまでも「多少」の域を脱し得ません。イタリア語、ドイツ語、フランス語は、、、通関用の書類が読める程度でしかないので、所謂「読み書き」は無理です。

その後、若干の紆余曲折を経て、現職は自営で貨物軽自動車運送事業をやっています。いわゆるスポット便・チャーター便の仕事が中心ですが、半径400km位の範囲はかなり手広く走り回っています。届け先の立地の関係で、妙に常磐線沿線と名鉄の写真が増殖する結果となっているのは予想外でした。