私が個人的に親しくさせていただいている、(私よりも)若くて、可愛らしくて、歌が上手で、性格の良い演歌歌手のお嬢さん方の写真集です。こうやって書くと私の事をエロジジイと勘違いする変わった方がいらっしゃいますが、私自身が演歌好きな男なんだから「若くて、可愛らしくて、歌が上手で、性格の良い演歌歌手のお嬢さん方」に興味を示すのはごく当然な成り行きです。逆に言えば私が、歌が下手で、無愛想で、性格の悪いジジイの歌手「だけ」に興味を示したとしたら、その方が余程異様です。

とまぁ、相変わらずの詭弁ですが、美しいものはなんでも好きだからコレクションしたい方なので、彼女たちご本人を拙宅に拉致監禁しておけば観賞には好都合だけどそう言う訳にも行かないので、可愛らしい方たちの写真だけを集めてみました。以下、うっかりした順序にすると自滅することになりそうなので、芸名をお持ちの方は芸名の、芸名をお持ちでない方はご本名のご苗字のアイウエオ順で整列しています。



あべみずほさん

July 1, 2013.

私が面識がある歌手の方の中では、かなり若い部類に属する方です。セクシー系と言うか、歌も上手だしMCも達者だし、申し分ない歌手の一人ですね。この方、演歌は殆どお歌いにならず、実態は将来有望なポップスシンガーです。

あべみずほさん
写真をクリックすると、あべみずほさんの写真集に移動します。



一ノ瀬御幸(いちのせ・みゆき)さん

July 1, 2014.

モデル業にかなり力を入れてお仕事をなさっている方です。明快で判りやすいと言うか、水着歌謡ショウが売り物です。こう書いてしまうとキワモノっぽいですが、決してそんなことは無くて十分な実力を持った歌謡曲シンガーです。

一ノ瀬御幸さん
写真をクリックすると、一ノ瀬御幸さんの写真集に移動します。



君島怜奈(きみしま・れいな)さん

Sept 1, 2017.

私が面識のある女性演歌歌手の中ではダントツに若い方で、客観的に見ても美形です。序でみたいな書き方で恐縮ですが、ご母堂も美形です。このお名前、芸名みたいな格好の良いお名前ですが、ご本名です。

君島怜奈(きみしまれいな)さん
写真をクリックすると、君島怜奈さんの写真集に移動します。



武村麻実(たけむら・あさみ)さん

June 1, 2014.

小柄、丸顔、ロングヘアーと、私の理想に近いタイプのお嬢さんで、徳島県ご出身、以前は大阪で活動なさっていたようですが、現在の活動拠点は神奈川県川崎市のようです。この方の作詞作曲なさった切ない恋を歌ったバラードっぽい作品は実に秀逸です。お歌いになるのはJ-POP的な曲ばかりなんですが、ファルセットも綺麗だし、なんとなくコブシ感のある歌い方も好感が持てます。

武村麻実(たけむらあさみ)さん
写真をクリックすると、武村麻実さんの写真集に移動します。



あいり'りん・千原愛理(ちはら・あいり)さん

Oct 1, 2013.

折れそうなくらいに華奢で、小柄で、小顔で、丸顔で、サラサラのロングヘアーで、、、とまぁ、少女漫画のヒロインを絵に描いたようなお嬢さんです。余りにも可愛らしいので思わずお持ち帰りしたくなるような、そんな雰囲気をお持ちです。童顔で愛らしいお顔立ちだし、ロリっぽい衣装がお好みのようですが、似合っています。

あいり'りん・千原愛理(ちはらあいり)さん
写真をクリックすると、あいり'りん・千原愛理さんの写真集に移動します。



藤川まり子(ふじかわ・まりこ)さん

Nay 1, 2014.

兵庫県宝塚市のご出身、愛知県半田市にお住いのお嬢さんです。ちょっとした切っ掛けでデビュー前から応援している方です。かなりの努力家なんですが、真面目さのあまり悩みすぎたりしてしまうのがタマに傷、でも、本当に可愛い方です。

藤川まり子さん
写真をクリックすると、藤川まり子さんの写真集に移動します。



ふじのみささん

June 1, 2015.

千葉県八街市ご出身、九十九里観光大使だったかをなさっている大柄美人です。体型は八街ピーナツに似ているらしい(ご本人談)。

ふじのみさ
写真をクリックすると、ふじのみささんの写真集に移動します。



万宮えりかさん

Sept 1, 2017.

千葉県ご出身、アニメソングのカバー曲を中心に歌っていらっしゃる可愛らしいお嬢さんです。小柄、丸顔、ロングヘアー、と私の好みのタイプそのものの可愛らしい方。

万宮えりか
写真をクリックすると、万宮えりかさんの写真集に移動します。



山田ユカ(やまだ・ゆか)さん

Nov 1, 2013.

J-POP系の曲をご自分で書いてお歌いになっているシンガーソングライターで、路上ライブを中心とした活動をなさっている方です。

山田ユカ(やまだ・ゆか)さん
写真をクリックすると、山田ユカ(やまだ・ゆか)さんの写真集に移動します。



歌手の人の写真撮影について

Feb 1, 2015.


写真撮影を禁止されないのか

June 1, 2013.

大手の芸能プロダクションに所属している歌手だと、イベントやらインストアライブやらの際の写真撮影はかなり高い確率で拒否されると思いますが、このコンテンツに写真を載せた人は大手では無い芸能プロダクションに所属している、そもそもプロダクションに所属していない、と言うような人ばかりですから、写真撮影を断られたことは皆無です。拒否されそうな相手の歌謡ショウとかライブとかには最初から出向きませんから。

それよりも、このコンテンツに写真を載せた歌手は個人的に面識があって、どうかするとご両親とも面識があったり、私がどんな写真を撮って、どのようにブログやらサイトやらにアップしているのかと言う事は(先方が)充分承知しているので拒否されるようなことはありません。なによりも、相手が嫌がるような写真は撮らないし、アップしないと言う暗黙の信頼関係が出来上がっているからです。

序でに書くと、事務所によっては事前申請=事前許可制にしている場合があるので、そのような場合は相手の意向を尊重するべきだと思います。



ブログやホームページに写真をアップしても構わないのか

Aug 1, 2013.

上述の項目とも関係しますが、初対面の相手だったら大抵の場合は「ブログやホームページに写真をアップしても構わない?」と尋ねていますし、断られそうな相手の写真をアップするつもりは無いし、、、なんだか「ニワトリが先か、タマゴが先か」の話みたいですけど。大抵の場合、ブログやホームページに写真を掲載することは、被写体になった歌手の方の宣伝に僅かながら寄与するので、普通は断られることは無いと思います。

因みに、当サイトに写真を掲載してある歌手の人たちには、その都度断りを入れるようなことはしていません。最初期の段階でOKは貰ってあるし、今となっては松本がカメラを持って歌謡ショーの会場に現われれば先方が考えることはただ一つ「今度もアタシを可愛く写してね=下手な写真をアップしたら許さない」、とまぁ、それだけですから。



どう言う写真は嫌がられないか

Feb 1, 2015.

「どう言う写真を撮ると嫌がられるか」と言う事でもあるのですが、この辺りは、相手の人の仕事のスタイル次第です。例えば、日常的に下着モデルを水着のモデルをやっているとか、ヌードやらAVやらSMやらの仕事をしているような人ならば歌唱中の写真に下着が写ったり、股間のアップを撮影しても構わんと思いますが、このコンテンツに写真をアップした歌手の方はそのような仕事はしていないので、その種の写真をブログやサイトにアップしたりすることは絶対にしません。その種の写真をアップすることは道義的に如何なものかと思うし、そんなお宝写真であれば一般公開なんか金輪際しないで自分だけの楽しみにしておきます。

微妙なのは胸の谷間だとか、お辞儀した(=前屈姿勢になった)際にドレスの内側がかなり見えてしまうような衣装を着て来る人とかの場合ですが、この辺りは微妙です。谷間を見せるのは自信がある証拠だから全く構わないと思いますが、少なくとも昼間にテレビで放送したら拙そうな写真は、、、万が一写してしまったら門外不出の秘宝としてその件には一切触れない、一切ネットにはアップしないで秘匿しておく程度の自制心は持っている必要はあります。

個人差はありますが「可愛らしく写っている」とか「美人に写っている」と言う範疇の写真であれば、ご本人にプレゼントするのに使えると言う副次的な利点もあります。「可愛い」と言われるのと「美人」と言われるのとを比較すると、どちらをご本人が好むのかは個人差がありますので多少意識する必要はありますが、何度もプレゼントとして渡していれば相手の反応はなんとなく感じ取れるようになるわけで、そこまでの境地?に到達できれば相手に対して写真絡みで嫌がられるようなことは無い筈です。

と言うかですね、写真はあくまでも先方の好意で撮らせてもらっているような部分と、「写真を撮ってもらえば(ブログやサイトにアップしてもらえば)宣伝に繋がるんじゃないかな」と言う先方の思惑が微妙に交錯した状態であるわけですね。「写真も撮らせないなら唄なんか聴かねえよ」と言いたい場面が無いわけでもないんですけどね。だからこそ、ごますりとか言った低いレベルではなくて、どう言う話をすれば相手の女性が気分よく写真を撮られようと言うつもりになれるか、その辺りを考えるわけですよ。



ポーズはどうするのか

Oct 1, 2013.

唄っている最中の写真は、当然ながらご本人次第です。問題はオフショットですが、Vサイン以外のポーズが出来ない演歌歌手の人は余りにも多いです。このコンテンツにお名前を載せてある方の中では千原愛理さんはモデルとしてのキャリアが長いので、こちらが指図がましい事は申し上げなくても然るべきポージングはお出来になるので原則としてご本人に任せっぱなしです。しかし、それ以外の方の場合は結構厳しい場合が多いです。

聡明な方だと「どう言うポーズをすればよいですか?」と逆に質問して来るので救いようがあるのですが、そうでない方は迂闊にこちらが「Vサイン以外のポーズは出来ますか?」と聴いたが最後、呆然と立ち尽くしてしまう場合があります。出来ないことを批判しても仕方が無いので、日頃から女性向けのファッション雑誌でも斜め読みして、どんなポーズを依頼すればよろしいのか研究する必要はありそうです。

しかし、こんな水準の話は本来は事務所が心配するべきことであって、私ごときが心配するようなことでは無いんですけどね。



処で、歌手って儲かるの?

June 1, 2014.

基本的には儲からない筈です。儲かっている歌手は、恐らくは氷山の一角です。例えば歌謡ショウでギャラが支払われない会場は幾らでもあります。それでは歌手はタダ働きなのか、と言うと、それはちょっと違います。CDでもなんでも物販やって、売り上げは自分で作ればタダ働きにはならないんです。物販の際にはサインして、握手して、ツーショット撮影に応じて、健康ランドとかで歌謡ショウやった際には終わり次第客席をくまなく回ってCDを売って、、、歌手ってそんなことまでやるのかと言うと、その通り、そこまでする商売なんです。

それでは毎回CDがたくさん売れれば儲かるのかと言うと、、、儲かりません。「たくさん」なんて枚数は売れないからです。それではなんのために歌手をやるのか、歌うことが好きだからなんでしょうねぇ。そういう事情が判ってしまうと、こちらとしても知らない顔をして帰る訳には行かないので、馴染みの歌手の歌謡ショウだと最低1枚はCDを買って帰ろうかと言うつもりになるんですね。

だから一番よくある話は、何処かの会社のオーナー社長が趣味が高じてCD出しちゃった(歌手になっちゃった)とか、カラオケスナックのママがCD出しちゃった(歌手になっちゃった)なんて話なんですね。或は、歌手の仕事はどうしても勤務時間?が一定しないので、ず~っとフリーターやってますとか、、、まぁ、どなたもが自分の夢をかなえるために苦労しているんですよ。毎回応援に来る馴染みのファンに、毎回同じCDを如何に気持ち良く買わせるかが、歌手の技量の分かれ目です。



表紙ページの写真はもしかしたらヌードなの?

Feb 1, 2015.

一ノ瀬御幸さんと千原愛理さんの写真は、かなり素肌の露出量が多い写真にしてありますが、加工したからそのように見えるだけです。加工無しでこのように写っているのなら撮影時点でバストトップがほぼ丸見え、、、ショーツを穿いているかは兎も角も、トップレス状態で撮影していると言うことになります。

一ノ瀬御幸 千原愛理
一ノ瀬御幸さん千原愛理さん


実際には加工してあるからトップレス的?に見えるだけで、普通にドレスをお召しになった状態での撮影です。アイコラ的な事をやってヌードまがいの写真を作ってアップするような信義に反するようなことも一切していません。大体、ステージ上の一ノ瀬御幸さんは兎も角も、某駅の自転車置き場前で撮影した千原あいり'りん姫の写真が、トップレスだとかヌードだとかと言うことがあり得ないことはご理解いただけると思います。

種明かし的な事を書きますと、千原あいり'りん姫の写真は画像処理ソフトのスポイトツールを使って肌の色を拾って来て、ブラシツールを使ってキャミソール的なドレスのストラップを消しただけです。一ノ瀬御幸さんの写真は、チューブトップのドレスの部分をトリミングしただけです。序でに書くとあいり'りん姫のこの写真、解像度が低いからストラップを消した跡が判らないだけで、ピクセル等倍なんかで画像を見たら加工痕は一目瞭然です。



どんなレンズを使うのか

Sept 1, 2017.

やっていることはポートレートの撮影なので普通のレンズでしかありません。強いて言えば明るい日中の屋外でばかり歌謡ショウやライブが行われる訳では無いので、それなりに明るいレンズを使わないと苦労させられます。概ね、1/100以上のシャッター速度が得られるような露出に出来ないと確実に被写体ブレが生じます。ステージ上で振り付けをして体を動かす訳ですから「被写体ブレ」と表現してしまうのはアレですけれど、、、。いわゆる高倍率ズームのように開放f値が5.6を超えるようなレンズでの撮影は相当に感度を上げなければならないので、撮影結果にはかなり難があります。

反面、背景ボケを狙ったりするためには、高倍率ズームは悪い選択ではありません。どんなに暗くても焦点距離が200mmだとか300mmだとかのレンズであれば、背景はきちんとボケてくれます。明るい屋外での催しであれば高倍率ズームレンズ一本槍でレンズ交換は一切しないと言う撮影をする場合もあります。歌手によってはステージ上を歩き回る場合もあるので絶対に高倍率ズームの方が便利だし、その辺りは事前に見切っておく必要はあります。



補助光は使うのか

June 1, 2013.

建物内での撮影であればフラッシュやストロボの類を発光させた方が楽ではあるし「どんどん使って構わないですよ(=何でも使って良いからアタシを綺麗に撮ってね)」と言う歌手の人もいるのですが、、、できるだけ使わないようにしています。相手の歌手の人が「使って構わない」と言うのはジャケ写の撮影以外ではカメラ内蔵のひ弱なストロボを発光された事しか経験が無くて、まともなクリップオンストロボを歌っている最中に自分に向けて頻繁に発光されるとどうなるか、と言う事まで考えずに社交辞令的に答えてしまっている筈だからです。

モデルさんを個人的に撮影している場合だったら構わないと思いますが、イベントやらライブやらで歌っている人に向かって、それはちょっと、、、。コンクール的な内容の催事で自分が応援している歌手のライバルに対して目くらましに使おうとでも言うなら話は別なのでモノブロックストロボを妨害工作だけのために買って、担いで、乗り込んでしまいますが。但し、目の特性?として、強い光が入ると瞳孔が収縮しますから、補助光を発光させさえすれば巧く撮影できる、なんて単純なことは考えない方が無難です。



レフ板は使うのか

June 1, 2014.

「補助光は使うのか」の項目とも多少の係わりがありますが、私はレフ板は使いません。レフ板自体を持っていないと言うことでもあるんですが、決して広く無い歌謡ショウの会場でレフ板なんか広げちゃったら近所迷惑も甚だしいからです。まぁ、歌謡ショウの会場でレフ板使うなんてことは考えない方が良いでしょうねぇ。個人的に1:1で歌手の方の内の何方かにモデルさんをお願いしてポートレート撮影するとか言う事であれば話は別ですが無い袖は振れない、無いレフ板は使えない(大笑)と言うことです。

もう一つ、これは裏技みたいな話ですが、人間の体の中では眼球だけが光りを反射します。例えば被写体のお嬢さんにかなり近づいて顔のアップを撮影すると、良く見れば(被写体のお嬢さんの)眼球には撮影している自分自身が映り込んでいることが判ります。相手のお嬢さんの眼球に写っている映像だけを見れば「キミは私だけを見つめてくれている」と言う途方もない自己満足に浸ることが出来るんです。病気ですな。



赤目現象の対処は

Aug 1, 2013.

こればかりは避けようがないので、発生してしまったら「マイクロソフト・オフィス」に付属している「ピクチャー・マネージャー」と言うソフトで修正しています。撮影する際に、多少ながら赤目現象は余り発生しないように意識しているからかもしれませんが、このソフトを使えばソコソコと言うか、妥協できる程度までは修正できます。

これ以外にも、最近のデジカメに付属してくる画像処理ソフトの中には、この種の赤目現象を解消するための機能は含まれているのでしょうから、銀塩フィルムを使って悪戦苦闘していた頃とはかなり事情は違ってきていると思います。



露出はどうする

Oct 1, 2013.

これまたポートレートでしかないので、基本的には順光時は絞り優先オートです。逆光だとか、条件的に厳しい場合はマニュアルです。逆光でうっかり自動露出なんかにすると、背景の明るさに引き摺られて、被写体ご本人のお顔が真っ暗になってしまうからです。補助光を使うような場合は、、、ケース・バイ・ケースですね。

具体的な絞り値は、、、とにかく開放か、開放から1段絞った程度です。例えばf1.8のレンズであれば精々f2.8までとか、その程度で撮影しています。電子制御のカメラだとf2.0とかf2.4なんて絞り値になる場合がありますが、その種の値はなんとなく気持ち悪いので極力使いません。