曲線ターンアウト

Feb 16, 2007.

「曲線ターンアウト(カーブポイント)」と言うのは、分岐する側もさせる側も共に曲線になっているポイントです。普通のターンアウトでは直線部分からしか分岐させることができませんが、「曲線ターンアウト(カーブポイント)」を使用すれば線路の設計の自由度が大幅に高くなります。これを無理に頑張って普通のターンアウトだけで線路を構成しようとすると不自然に中間に直線を挟むような形になるので不自然な線路配置になりがちです。模型のレイアウトに良くある小判型エンドレスで、駅を手前にしてホームの有効長を直線で、目一杯稼ぎたいような場合には重宝します。「曲線ターンアウト(カーブポイント)」使えば左右両側の曲線の部分にポイントを追いやることが出来るので、手前の直線の部分を全部ホームに充当することが出来るからです。

1067mm 神奈川 JR南武線登戸駅(川崎駅寄り)
1067mm 東京都 JR八高線拝島駅
1372mm 東京都 東急世田谷線下高井戸駅
1435mm 千葉県 新京成電鉄くぬぎ山駅(車庫への分岐点)
1067mm 福井県 福井鉄道北府駅(越前武生駅寄り)
もけい 鉄道模型のカーブポイント


「曲線ターンアウト(カーブポイント)」は鉄道技術用語?として正確には内方分岐と呼ばれるようなのですが、模型の世界では「内方分岐」と言う用語を使わずに「曲線ターンアウト」「カーブポイント」としか呼ばないようなので、模型出身?の私は横着をして内方分岐と言う用語は無視します。

「カーブポイント」と言うのは「曲線ターンアウト」だけを指す言葉ではありません。カーブポイントだけで構成されたシングルクロスやらダブルクロスとか、場合によっては曲線だけで構成される平面交差なんてモノも考えられます。但し、この種のモノは少々特殊過ぎるので、普通には市販されていません。自作したとしても大変な苦労を背負い込む事になるんでしょうねぇ。やはり曲線ターンアウトが関の山で、それ以上は深追いしない方が無難じゃないかと思います。曲線シングルクロス(≒カーブド・シングルクロス?)程度であれば、曲線ターンアウトを2基突き合わせにするだけで済みますから十分現実的です。



JR南武線登戸駅

Feb 1, 2020.

JR南武線の登戸駅の上り寄り、川崎寄りに設置されている曲線ターンアウトで、35km/hの速度制限付きです。この場所は登戸駅の中線を出て直ぐの場所で、未だゆっくり走っている箇所ですからかなり厳しい速度制限があっても実用上の支障はありません。川崎始発の下り登戸行きと、登戸始発の上り川崎行きは、必ずこのポイントを通りますので確実に低速感?を満喫できます。

曲線ターンアウト。2007年(平成19年)1月、JR南武線登戸(のぼりと:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。
曲線ターンアウト。2007年(平成19年)1月、JR南武線登戸(のぼりと:神奈川県川崎市多摩区)駅にて撮影。写真の奥側(上側)が川崎方、写真の手前側(下側)が立川・稲城長沼方です。右端を走っている電車は立川・稲城長沼方面へ向かう本線を走っている電車です。



JR八高線拝島駅

こちらの写真は、曲線ターンアウトを分岐した先っぽ?側から撮影したものです。JR八高線の拝島駅の端っこで、アメリカ軍の横田基地へ燃料輸送用線路が分岐して行く箇所です。要するにアメタンが走る線路そのものですから、このコンテンツとしては最もアメリカ的?なポイントです。

曲線ターンアウト。2007年(平成19年)10月、JR八高線拝島(はいじま:東京都昭島市)駅にて撮影。
曲線ターンアウト。2007年(平成19年)10月、JR八高線拝島(はいじま:東京都昭島市)駅にて撮影。



東急世田谷線下高井戸駅

Feb 1, 2020.

東急世田谷線の下高井戸駅に設置されているカーブポイントです。京王電鉄京王線との接続駅で、途中までは直角に近いような角度で京王線の線路に近付いて来て、直前で大きく曲がって京王線と世田谷線の線路が平行に並ぶようになっています。線形に無理がありますが、以前は車輛が相互に往来していた頃の名残です。

曲線ターンアウト。2017年(平成29年)1月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。
曲線ターンアウト。2017年(平成29年)1月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。下高井戸駅の駅舎を背にして分岐側から撮影しています。このカーブポイントは1372mmゲージの線路に設置されています。



曲線ターンアウト。2017年(平成29年)1月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。
曲線ターンアウト。2017年(平成29年)1月、東急世田谷線下高井戸(しもたかいど:東京都世田谷区)駅付近にて撮影。上の写真と同じポイントを反対側から撮影しており、奥に見えているのが下高井戸駅です。このカーブポイントは1372mmゲージの線路に設置されています。



新京成電鉄くぬぎ山駅

新京成電鉄くぬぎ山駅のちょっと外れ、車輛基地に入る箇所に設置されている曲線ターンアウトです。くぬぎ山駅を出て津田沼方に走り出すと直ぐに左急カーブが在り、60度くらい線路の向きが変わります。向きが変わって直線になり切った辺りに新京成電鉄のくぬぎ山車輛基地が在ります。上の写真の右側に分岐してゆく、緩く曲がっている方の線路が車輛基地に入る線路で、きつく曲がっている方の線路が本線です。この辺りは、恐らくは速度向上を考える際の隘路になっている箇所なのではないかと予想されます。

曲線ターンアウト。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄くぬぎ山(くぬぎやま:千葉県鎌ヶ谷市)駅にて撮影。
曲線ターンアウト。2007年(平成19年)2月、新京成電鉄くぬぎ山(くぬぎやま:千葉県鎌ヶ谷市)駅にて撮影。このカーブポイントは1435mmゲージの線路に設置されています。



福井鉄道北府駅

Feb 1, 2020.

福井鉄道の北府(きたご)駅の、下り方の終点である越前武生駅寄りに設置されているカーブポイントです。この駅は車庫があるほかに単線の交換駅でもあり、このカーブポイントはスプリングポイントにもなっています。車輛の入れ替えに伴って大部分の車輛が路面電車的な低床車輛になりましたが、線路の方は今でも普通の郊外鉄道的なレールを使っている箇所が多いです。

曲線ターンアウト。2019年(平成31年)1月、福井鉄道北府(きたご:福井県越前市)駅にて撮影。
曲線ターンアウト。2019年(平成31年)1月、福井鉄道北府(きたご:福井県越前市)駅にて撮影。このカーブポイントは1067mmゲージの線路に設置されています。



上の写真のカーブポイントを反対側から撮影してみました。奥に見えているのが北府駅のプラットホームで、越前武生駅を背にしてポイントの根元側から撮影しています。

曲線ターンアウト。2019年(平成31年)1月、福井鉄道北府(きたご:福井県越前市)駅にて撮影。
曲線ターンアウト。2019年(平成31年)1月、福井鉄道北府(きたご:福井県越前市)駅にて撮影。このカーブポイントは1067mmゲージの線路に設置されています。



鉄道模型のカーブポイント

番外編と言うか、鉄道模型のカーブポイントです。この写真はPECO製のOOゲージ用のものです。要するに、16.5mmゲージだったらOOでもHOでも、1/80の日本型でも、どれでも使用できます。理由は判りませんが一般に、この種のポイントはヨーロッパの模型屋さんは数多く製品化しています。アメリカや日本の模型メーカーは余り出したがらないようです。

PECO製OOゲージ用曲線ターンアウト。2008年(平成20年)12月撮影。
PECO製OOゲージ用曲線ターンアウト。2008年(平成20年)12月撮影。曲線ターンアウトは大小2種類の半径の曲線の組み合わせで作られますが、多くの模型メーカーの製品は、(そのメーカーが製品化している)1番小さい半径の曲線と、2番目に小さい半径の曲線の組み合わせで作られることが多いようです。1番小さい半径の曲線と1番大きい半径の曲線とか、余り極端な組み合わせで作られることは少ないようです。



フライシュマン製の「プロフィトラック」で、曲線ターンアウトを使用して設計したレイアウトの例。2021年(令和3年)11月制作。
「曲線ターンアウト(カーブポイント)」を使って設計したレイアウトの例。「設計」とか言い出すと大袈裟すぎて恐縮ですが、フライシュマン製のHOゲージ用のプルフィトラックを使って設計したレイアウトの例。直線部分は200mmの曲線を3本使っていますので、アメリカ的な4ft×8ftの定尺ベニヤ板に作れるレイアウトです直線部分はポイントに掛かっていないので、長さ方向を丸々プラットホームに充当することができます。こんな事ができるのは「曲線ターンアウト(カーブポイント)」なればこそです。



フライシュマン製の「プロフィトラック」で、曲線ターンアウトを使用して設計したレイアウトの例。2021年(令和3年)11月制作。
これは些か悪乗りした結果で、上のレイアウトの設計図を3Dビュー化したものです。いやなに、そう言う機能がレイアウト用CADにあったので面白がって使ってみただけです。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁