名古屋鉄道モ510

名古屋鉄道モ510は旧・美濃町線の前身である美濃電気軌道が1926年(大正15年)にセミボ510型として5輛製造された車輛です。形式記号の「セミボ」とはセミスチール(半鋼製)のボギー車、と言う意味じゃなかったかと思いますが、当たってるかな?。製造当初は出力が45kW程のモーターを2基装備しただけのやや弱体な車輛でしたが、後に、高速化と付随車牽引を目的に63kW程のモーター4基に換装すると言う、あっと驚く出力3倍化改造が行われます。結果として、かなり旧式の小型車でありながら、相当の俊足ぶりだったようです。



名古屋鉄道モ514他2連。1987年(昭和62年)10月、名鉄岐阜市内線忠節(ちゅうせつ:岐阜県岐阜市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は名古屋鉄道モ514他2連。1987年(昭和62年)10月、名鉄岐阜市内線忠節(ちゅうせつ:岐阜県岐阜市)駅にて撮影。