東京メトロ03系

May 1, 2013.

東京メトロ03系は日比谷線(北千住=中目黒間)用に製造されたアルミ車輛です。相互乗り入れ相手である東武伊勢崎線・日光線(北千住=東武動物公園=南栗橋間)にも乗り入れます。以前は東急東横線(中目黒=菊名間)にも乗り入れていましたが、現在では、乗り入れる相手は東武鉄道のみです。18m車で基本的には3扉両開きですが、下の写真の編成のように前後2輛づつを5扉両開き車とした編成もあります。中目黒で人身事故を起こした張本人はこの系列の車輛です。

保安機器類は全部の編成が東武用、東急用を搭載していますので、編成を問わず東武線、東急線内に乗り入れ可能です。全部で8連が42編成(=合計336輛)あります。第9編成から第28編成が編成両端2輛づつが5扉車です。第1編成から第25編成までがチョッパ制御車、第26編成から第42編成までがVVVF制御車です。



03-100型

03-100型は以前の菊名向き、現在では中目黒向き(南栗橋とは反対向き)のクハで、3扉車と5扉車があります。



東京メトロ(営団地下鉄)03-121。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-121。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-122他8連。2000年(平成12年)10月、東急東横線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-122他8連。2000年(平成12年)10月、東急東横線元住吉(もとすみよし:神奈川県川崎市中原区)駅にて撮影。元住吉駅が、未だ地上駅だった頃の撮影です。



03-200型

03-200型は菊名方から数えて2輛目のM1車で、パンタグラフ2基装備です。3扉車と5扉車があります。



東京メトロ(営団地下鉄)03-216。2007年(平成19年)5月、東京メトロ日比谷線中目黒(なかめぐろ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-216。2007年(平成19年)5月、東京メトロ日比谷線中目黒(なかめぐろ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-221。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-221。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。



03-300型

03-300型は中目黒方から数えて3輛目のM2車で、パンタグラフはありません。M2車と言う点では03-700型と同等ですが、こちらは3扉車のみで5扉車はありません。



東京メトロ(営団地下鉄)03-321。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-321。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-322。2007年(平成19年)5月、東京メトロ日比谷線中目黒(なかめぐろ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-322。2007年(平成19年)5月、東京メトロ日比谷線中目黒(なかめぐろ:東京都目黒区)駅にて撮影。



03-400型/03-500型

03-400型は中目黒方から数えて4輛目のサハ、03-500型は南栗橋方から数えて、同じく4輛目のサハです。8連の03系では、編成中央の4輛目と5輛目にサハが2輛並んで連結されています。東京メトロの車輛記号ではサハは「Tc」となり、クハの方は「cT」となります。そうして見るとサハには回送運転台がありそうに思えますが、私が車内外を覗いた限りではそれらしき装備は発見できませんでした。3000系の場合は、巨大な配電盤の蓋のような回送運転台が巧みに隠して?あったので、結構簡単に発見できたのですが、、、。果たして本当にこの車輛が回送運転台を持っているかどうかは、現時点では私には判りません。



東京メトロ(営団地下鉄)03-421。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-421。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-521。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-521。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-530。2013年(平成25年)4月、東武伊勢崎線東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん:埼玉県南埼玉郡宮代町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-530。2013年(平成25年)4月、東武伊勢崎線東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん:埼玉県南埼玉郡宮代町)駅にて撮影。



03-600型

03-600型は南栗橋方から数えて3輛目のM1車で、パンタグラフを2基装備しています。M1車と言う点では03-200型と同様ですが、03-200かたには扉車があるものの、03-600型は3扉車のみで5扉車はありません。



東京メトロ(営団地下鉄)03-621。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-621。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-622。2007年(平成19年)5月、東京メトロ日比谷線中目黒(なかめぐろ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-622。2007年(平成19年)5月、東京メトロ日比谷線中目黒(なかめぐろ:東京都目黒区)駅にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-641。2010年(平成22年)5月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-641。2010年(平成22年)5月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅にて撮影。



03-700型

03-700型は南栗橋方から数えて2輛目のM2車で、パンタグラフはありません。3扉車と5扉車があります。



東京メトロ(営団地下鉄)03-711。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-711。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-721。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-721。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-730。2007年(平成19年)5月、東京メトロ日比谷線中目黒(なかめぐろ:東京都目黒区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-730。2007年(平成19年)5月、東京メトロ日比谷線中目黒(なかめぐろ:東京都目黒区)駅にて撮影。こちらも03-700型ですが、ご覧の通り、本来の車体形状である3扉車です。



03-800型

03-800型は南栗橋向きのクハです。この形式も3扉車と5扉車があります。



東京メトロ(営団地下鉄)03-808。2013年(平成25年)3月、東武鉄道伊勢崎線東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん:埼玉県南埼玉郡宮代町)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-808。2013年(平成25年)3月、東武鉄道伊勢崎線東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん:埼玉県南埼玉郡宮代町)駅にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-821。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-821。2016年(平成28年)4月、東武鉄道伊勢崎線北春日部(きたかすかべ:埼玉県春日部市)駅付近にて撮影。



東京メトロ(営団地下鉄)03-822。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は東京メトロ(営団地下鉄)03-822。2007年(平成19年)5月、東急東横線日吉(ひよし:神奈川県横浜市港北区)駅にて撮影。この写真は、愚息が撮影したものを借用しています。