加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)

Apr 9, 2015.

加悦鉄道キハユニ51は現在のJR芸備線の一部を為す芸備鉄道が1936年(昭和11年)に日本車輛で製造したかなり大型の気動車です。小さい窓が多いので巨大な車輛に見えますが、大型とは言っても17m車です。小さい窓が多い・荷物室などがある・車体が長そうに見える、と言う点では秩父鉄道の100系電車を彷彿とさせますが、あちらも17m車だったはずですから雰囲気は良く似ています。

元の型番はキハユニ18で、鉄道省に1937年(昭和12年)に買収された時点でキハニ40921と名乗ります。廃車後は山口県宇部市近郊に路線を有していた船木(ふなぎ)鉄道に払い下げられキハニ51として使用されていたものを、船木鉄道廃止後に加悦鉄道にやって来てキハ51とし、更に1993年(平成5年)に整備してキハユニ51として現在に至ります。加悦鉄道廃止後に整備の一環として大修繕が行われてキハユニに戻ったと言う数奇な運命の持ち主です。船木鉄道自体は、現在もバス会社として盛業中です。しかも、社名も「船木鉄道」のままと言うのは嬉しい限りです。

同時期に製造されたキハユニ17と言う車輛もあって、こちらは国鉄廃車後に防石鉄道に払い下げられてキハニ102となります。防石鉄道は山口県防府市近郊に路線を有していた鉄道会社ですが、廃止後はバス会社となったものの後に防長交通に吸収されて、企業自体は現存しません。

私事ながら、拙宅周辺には気動車が走るような路線はありませんでしたから、子供の頃から古い気動車に縁がありませんでした。ジジ臭いことばかり言っている割には戦前製の気動車で乗車経験があるのはキハ41000とキハ42000の払い下げ車ばかりで、どちらも関東鉄道系の鉄道で乗っただけで、憧れの中国鉄道・芸備鉄道の気動車なんて、走行中では無いにしても車内に立ち入ったのは初めての経験です。この車輛を撮影しただけでも、加悦谷まで行った甲斐がありました。



加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
上の写真の車輛は加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。

窓配置はご覧の通り、1D1D1-5D5となります。反対側は乗務員室扉が在るので1D1D1-5D4dとなります。右から2/3くらいの場所に在るのが乗客用扉でその両側の窓5個分ずつが客室です。内側に桟が取り付けてある扉と両隣の窓が郵便室です。左端の窓のある一帯と左端の扉の辺りが荷物室です。



加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
上の写真の車輛は加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。なんとなくスウェイバックしているみたいに見えますが、どうやら目の錯覚ではなくて、本当に車体中央が垂下しているみたいです。



加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。
上の写真の車輛は加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。客室内です。かなり画角の広いレンズを使って撮影しましたので遠近感が誇張されていますが、乗客扉と妻板の間に窓が5個もあると「長いな~」と印象は禁じ得ません。乗車定員は40人と言うことになっているらしいのですが、これはかなり詰め込んだ状態での座席定員のみを表示しているみたいです。



加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)
上の写真の車輛は加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。

郵便区分室です。確か、区分室の面積は6平米の筈ですから3.5畳程度ですが、かなり広い感じを受けます。芸備鉄道が気動車に郵便室を設置したのは1936年(昭和11年)製のこのキハユニ18とキハユニ17が初めてです。同じ年には1934年(昭和9年)製のキハ16を郵便室設置改造をしてキハユ16としています。かなり郵便輸送に力を入れようと意気込んでいたようです。もっとも、翌年には鉄道省に買収されてしまいますけど、、、。

こうして見ると荷物室の面積がかなり小さいですが、実際には濡れても構わない品物は前後の荷台にも載せることが出来るわけで、そん考えれば相当に収納力の高いキハユニであると言えます。なお、乗務員室扉があるのは客室の方の1箇所だけで、郵便室・荷物室側には乗務員用扉はありません。



加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)
上の写真の車輛は加悦鉄道キハユニ51(=芸備鉄道キハユニ18)。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。典型的な片隅式運転台で、なんとも解放的です。余り乗客の居場所が近過ぎると運転しづらいかも。



車番の変遷

Apr 9, 2015.

芸備鉄道キハユニ17→鉄道省キハニ40920→防石鉄道キハニ102

芸備鉄道キハユニ18→鉄道省キハニ40921→船木鉄道キハニ51→加悦鉄道キハ51→加悦鉄道キハユニ51