大井川鐡道ED50

Sept 1, 2016.

大井川鐡道ED50は日立製の50t機で、元来は近江長岡駅に近い大阪セメント伊吹工場からの専用線で使用されていた車輛です。製造は1956年(昭和31年)で、その際に2輛製造されます。

大阪セメントの専用線が廃止になった後はいぶき501が大井川鐡道にやって来て、いぶき502の方は傍系の、と言うか企業統合で同一企業体になっ太平洋セメントの沿線に線路を持つ三岐鉄道の西藤原駅に静態保存されていましたが、保存車輛の入換に伴い解体されてしまい、発生した部品は大井川に届いたようです。

「いぶき501」と言うのが正式型番なのかどうか定かではありませんが、車体裾には「型式ED501」と記載されています。実態としてはED50型の1号機なのか、ED501型の1号機なのか、ちょっと判然としません。同じ日立製の50t機と言う事もあって、秩父鉄道のデキ100型と良く似た雰囲気の外観をしています。



大井川鐵道ED501(いぶき501)。2010年(平成22年)10月、大井川鐵道大井川本線新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は大井川鐵道ED501(いぶき501)。2010年(平成22年)10月、大井川鐵道大井川本線新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。



大井川鐵道ED501(いぶき501)。2010年(平成22年)10月、大井川鐵道大井川本線新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は大井川鐵道ED501(いぶき501)。2010年(平成22年)10月、大井川鐵道大井川本線新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。



大井川鐵道ED501(いぶき501)が履く台車。2010年(平成22年)10月、大井川鐵道大井川本線新金谷(しんかなや:静岡県島田市)駅にて撮影。
ED501(いぶき501)が履いている台車です。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁