コキ200

Nov 1, 2015.

JR貨物(日本貨物鉄道)の「コキ200」は2000年(平成12年)から製造されているISO規格コンテナ用貨車で、ISO規格の20ftコンテナを2個搭載できる構造です。実際には量産は2005年(平成17年)で打ち切られているので、今後はどうなりますかな?。自重は16.9トンですが、満載状態の20ftのISO規格タンクコンテナは1個辺りの重量が24トンとなるので、目一杯積むと約65トンと相当の重量級です。一時期、かなり脱線事故や転覆事故が多発していて運用休止になっていたようですが、最近は普通に神奈川臨海鉄道の千鳥町辺りでも見掛けるので、その辺りの問題は全て解決したのだと思います。

台車が台車だけに低床車に見えますが、普通のコキ100系などと同様で床面高さは1000mmです。車体の赤い色が印象的なので、ちょっと毛色が変わった貨車に見えるだけなのかもしれません。一種の錯覚みたいなものですね。

以下にお目に掛ける写真は、神奈川臨海鉄道の千鳥町(ちどりちょう)駅で撮影したものです。此処には以前は35t積のタキが多数出入りしていたので、その代替として使用されています。この辺りの事情は門外漢には良く判らないのですが、タキ自体は私有貨車なので経費は原則荷主負担、、、現状ではコキ200に搭載するコンテナのみは私有コンテナですが、コキ200そのものは鉄道会社(=JRF)の所有ですから鉄道会社の経費負担、、、いっそのことコキ200も私有貨車にしてしまえば良かったんじゃないかと思います。コレは下衆の勘繰りですので、読み流してくださいませ。

いずれにしても私有タキで輸送していた時代よりも、満載状態で1輛辺り20t近く重くなっています。荷重負担力の小さい路線には入らないような運用に限られるのでしょうから、此処まで重くなってしまっても支障は無いと言うことなんでしょうか。

序でに書いておきますが、私がコキ200を撮影したのは千鳥町駅ばかりですから、どの車輛もタンクコンテナを搭載しています。だからと言ってこの車輛がタンクコンテナ専用と言う訳では無くて、普通の汎用有蓋コンテナならば何でも載せることのできる車輛です。千鳥町に出入りしている車輛はタンク車代用として使われているからなのか、搭載しているタンクコンテナの車番?が連番で綺麗に揃えてある場合が多いです。

積み換えが容易であると言う事もコンテナの利点である筈なんですが、此処に来る車輛に限って言えば積み換え云々とは無関係に、タンク車代用として使われているんじゃないかと思われるフシがあります。それならばタキ1000(新)のような車輛を作れば良かろうにと思うのですが、、、。



コキ200-2。2012年(平成24年)5月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-2。2012年(平成24年)5月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-21。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-21。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-32。2015年(平成27年)10月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-32。2015年(平成27年)10月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-41。2012年(平成24年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-41。2012年(平成24年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-71。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-71。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-114。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-114。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-114。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
コキ200-114の車体標記です。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-114。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
コキ200-114の車体標記です。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-114。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
コキ200-114の車体標記です。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-115。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-115。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-128。2012年(平成24年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-128。2012年(平成24年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。この写真はブレーキハンドル側と言うのか、車掌台側?と言うのか、そちら方向から撮影しています。コキ200は突放(とっぽう)禁止なので、このブレーキハンドルはあくまでも駐車ブレーキとして使用するものです。



コキ200-141。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-141。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



コキ200-146。2015年(平成27年)10月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛はJR貨物コキ200-146。2015年(平成27年)10月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



FT3台車。2012年(平成24年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
コキ200が履くFT3台車です。コキ106が履くFT2台車の軸距離を伸ばしたような形状です。車輪径も多少は小さくなっているのかも?。