日本貨物鉄道(JR貨物)HD300

Dec 1, 2012.

JR貨物(日本貨物鉄道)のHD300型は2010年(平成22年)から製造されているハイブリッド方式の入換用電気式ディーゼル機関車です。走行用には永久磁石式の同期電動機を使い、発電用に275馬力のディーゼルエンジンを有します。この他に蓄電用?のリチウムイオン電池を持っていますので、仮にエンジンを停止していても多少の距離ならば走行できる筈です。モーターの制御方式はPWM(パルス幅変調?)なのだそうですから、VVVF制御よりはチョッパ制御に近いのかな?。試作車の901号機と、それ以外に量産車がありますが、正面の手すりの形状がかなり異なりますから、正面がちに見れば見分けることは容易です。

DE10やDE11などの国鉄時代からの入換用機関車と比べて、HD300型は燃料消費量の低減や、排気ガス中の窒素酸化物の低減とともに、騒音の低減も設計する際の主眼となっているようですが、実際に目の前に走ってくると驚くほど静かでびっくりします。尤も、私が目撃した際には力行していなかったからかもしれないですが。



JR貨物HD300-901。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。
上の写真の車輛はJR貨物HD300-901。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。これは試作車の901号機で、正面の手すり上部が山形になっています。



JR貨物HD300-1。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。
上の写真の車輛はJR貨物HD300-1。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。これは量産車の1号機で、正面の手すり上部が平らになっています。



JR貨物HD300-1。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。
上の写真の車輛はJR貨物HD300-1。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。エンジンやら発電モジュールやらが収納されているショートフード側ボンネット。台車はFDT102Aと言うものですが、反対側(ロングフード側)はFDT102と言う型番になるようです。



JR貨物HD300-1。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。
上の写真の車輛はJR貨物HD300-1。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。量産車(1号機)のロングフード側 です。キャブに近い方が電池モジュール、車端部寄りが変換モジュールと言う事です。「変換モジュール」と言うのは、要するにインバータやらコンバータやらの集合体です。



FDT102A台車。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。
HD300-1が履いているFDT102A台車です(ショートフード側)。台車自体は試作車(901号)も量産車も同じものを使っているようです。



FDT102台車。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。
HD300-1が履いているFDT102台車です(ロングフード側)。台車自体は試作車(901号)も量産車も同じものを使っているようです。



JR貨物HD300-901の連結器周辺。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。
上の写真はJR貨物HD300-901の連結器周辺(ショートフード側)。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。



JR貨物HD300-901。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。
上の写真の車輛はJR貨物HD300-901。2012年(平成24年)11月、JR貨物東京貨物ターミナル駅にて、日本貨物鉄道殿のご厚意により許可を得て撮影。ローレル賞授賞式での一コマです。右が鉄道友の会の須田会長、左がJR貨物の田村社長。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁