JR貨物コキ100系

Sept 1, 2016.

JR貨物コキ100系は1987年(昭和62年)から製造されているコンテナ輸送用フラットカーの総称です。床面高さはコキ104の一部に1030mmのものがある点を除けば、全部の車輛が1000mmに統一されており、どの車輛に普通の国鉄規格?のコンテナだけではなく、ISO規格コンテナ(=所謂海上コンテナ)が搭載可能です。

個々の型式毎の違いは些末と言うか、デッキが両端に在るとかないとか、コンテナを固定する装置の位置がどうだとか、如何にも鉄ッチャンが喜びそうなどうでもいいような違いが大多数です。



コキ104コキ106コキ107

コキ104

Sept 1, 2016.

JR貨物コキ104は1989年(平成元年)から1996年(平成8年)に掛けて約2950輛が製造されたコンテナ輸送用のフラットカーです。この型式以前のコキ100+コキ101・コキ102+コキ103が2輛ユニットで編成を組むことを前提にしていたのに対し、コキ104は1輛単位での運用が可能になっています。デッキは片側のみに設置されています。



日本貨物鉄道コキ104-11。2013年(平成25年)10月、JR東海道本線富士(ふじ:静岡県富士市)にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ104-11。2013年(平成25年)10月、JR東海道本線富士(ふじ:静岡県富士市)にて撮影。



日本貨物鉄道コキ104-45。1999年(平成11年)4月、神奈川臨海鉄道横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ104-45。1999年(平成11年)4月、神奈川臨海鉄道横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ104-776。1999年(平成11年)4月、神奈川臨海鉄道横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ104-776。1999年(平成11年)4月、神奈川臨海鉄道横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ104-935。2018年(平成30年)11月、JR東海道本線藤沢(ふじさわ:神奈川県藤沢市)駅=辻堂(つじどう:神奈川県藤沢市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ104-935。2018年(平成30年)11月、JR東海道本線藤沢(ふじさわ:神奈川県藤沢市)駅=辻堂(つじどう:神奈川県藤沢市)駅間にて撮影。



日本貨物鉄道コキ104-1684。2013年(平成25年)10月、JR東海道本線富士(ふじ:静岡県富士市)にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ104-1684。2013年(平成25年)10月、JR東海道本線富士(ふじ:静岡県富士市)にて撮影。



コキ106

Apr 25, 2009.

JR貨物コキ106は1997年(平成9年)から製造されている汎用コンテナ貨車で、40ftのISO規格コンテナも搭載できる構造になっています。コキ104と同様に2輛ユニットでは無く単車での使用が可能、コキ50000との併結も可能なようです。



日本貨物鉄道コキ106-99。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ106-99。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ106-314。2018年(平成30年)11月、JR東海道本線藤沢(ふじさわ:神奈川県藤沢市)駅=辻堂(つじどう:神奈川県藤沢市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ106-314。2018年(平成30年)11月、JR東海道本線藤沢(ふじさわ:神奈川県藤沢市)駅=辻堂(つじどう:神奈川県藤沢市)駅間にて撮影。



日本貨物鉄道コキ106-676。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ106-676。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ106-903。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ106-903。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ106-953。2016年(平成28年)9月、神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ106-953。2016年(平成28年)9月、神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ106-1013。2021年(令和3年)5月、JR東海道本線小田原(おだわら:神奈川県小田原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ106-1013。2021年(令和3年)5月、JR東海道本線小田原(おだわら:神奈川県小田原市)駅にて撮影。



コキ106に使用されているFT2台車。2009年(平成21年)4月、神奈川臨海鉄道横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
コキ106に使用されているFT2台車。2009年(平成21年)4月、神奈川臨海鉄道横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。軸箱に斜めにゴム緩衝体?が添えられているシェブロン式と言う軸箱構造を持ちます。住友金属工業のFS-91系台車などと同じ軸箱構造になっていると言うことです。



コキ107

Sept 1, 2013.

JR貨物コキ107はコキ50000の置き換えを前提として製造されている車輛でコキ106の車体に、コキ200が履いているFT3台車の改良型のFT3A台車を履かせたような車輛です。



日本貨物鉄道コキ107-129。2013年(平成25年)10月、JR東海道本線富士(ふじ:静岡県富士市)にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ107-129。2013年(平成25年)10月、JR東海道本線富士(ふじ:静岡県富士市)にて撮影。



日本貨物鉄道コキ107-365。2016年(平成28年)9月、神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ107-365。2016年(平成28年)9月、神奈川臨海鉄道本牧線横浜本牧(よこはまほんもく:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ107-491。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ107-491。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ107-676。2016年(平成28年)4月、JR東北本線盛岡(もりおか:岩手県盛岡市)にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ107-676。2016年(平成28年)4月、JR東北本線盛岡(もりおか:岩手県盛岡市)にて撮影。



日本貨物鉄道コキ107-796。2021年(令和3年)5月、JR東海道本線小田原(おだわら:神奈川県小田原市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ107-796。2021年(令和3年)5月、JR東海道本線小田原(おだわら:神奈川県小田原市)駅にて撮影。



日本貨物鉄道コキ107-911。2016年(平成28年)4月、JR東北本線盛岡(もりおか:岩手県盛岡市)にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ107-911。2016年(平成28年)4月、JR東北本線盛岡(もりおか:岩手県盛岡市)にて撮影。



日本貨物鉄道コキ107-1221。2016年(平成28年)4月、JR東北本線盛岡(もりおか:岩手県盛岡市)にて撮影。
上の写真の車輛は日本貨物鉄道コキ107-1221。2016年(平成28年)4月、JR東北本線盛岡(もりおか:岩手県盛岡市)にて撮影。



コキ107に使用されているFT3A台車。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
コキ107に使用されているFT3A台車。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁