豊橋鉄道ホム100(バラスト散布用ホッパ車)

Aug 1, 2018.

豊橋鉄道ホム100型は、渥美線で保線用に使用されていたバラスト散布用の2軸ホッパ車です。2軸ホッパ車と言うとカワイモデルが16番ゲージで製品化していたセム8000とか、エンドウの16番ゲージのセ6000(≒セム6000)などが有名ですが、あんな感じの可愛らしい車輛です。親会社である名古屋鉄道出身で、現在でも名鉄の銘板が取り付けられたままになっています。

自重9t・15t積の2軸ホッパ車で製造は比較的新しく、1965年(昭和40年)から1967年(昭和42年)に掛けて、日本車輛と名鉄自身の自社新川工場で製造されています。ホム101からホム106までの6輛が日車製で、ホム107からホム109までの3輛が新川工場製で、総数は9輛です。このホム100型、私鉄の自社工場製の貨車としては最新型なのかも?。

国鉄線への乗り入れなんか全く想定していないからなのか、新しくはあっても2段リンクではありません。この文章を上梓した時点で渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅の側線の外れに、三河田原方からホム103、ホム108、ホム109の順に留置されており、全検の期限は2004年(平成16年)6月で切れています。この3輛、現在では単に留置されているだけで、使用されていないようです。実際の保線に使う車輛は、いわゆる軌道モーターカー用トロッコ?とでも言うべき車輛が用意されていて、柳生橋(やぎゅうばし)駅の側線に留置されています、、、実際には花田信号所の跡地と言った方が良いのかも?。

名鉄自体としては、ホム100を代替・更新するためにJRからホキ800を買ってきて、ホキ80型として保線用に使っているようです。保線用=バラスト散布用、と言うことですね。不要になったホム100の内の3輛が豊橋鉄道にやって来たと言う事なんでしょう。



豊橋鉄道ホム103(≒名古屋鉄道ホム103)。2009年(平成21年)8月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は豊橋鉄道ホム103(≒名古屋鉄道ホム103)。2009年(平成21年)8月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。ホッパの開閉ハンドルの有る方から撮影しています。こちら側にはデッキ部?に手すりが付きます。ホム103のみ、豊橋方にホッパ開閉ハンドルが来ます。ホム108とホム109の2輛は、ホッパ開閉ハンドルの位置が三河田原方になるのでホム103とは逆位置の関係となります。



豊橋鉄道ホム103(≒名古屋鉄道ホム103)。2009年(平成21年)8月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は豊橋鉄道ホム103(≒名古屋鉄道ホム103)。2009年(平成21年)8月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。上の写真とは反対側、ホッパ開閉ハンドルの無い方から撮影しています。こちら側には、デッキ部の手すりがなくて、掴み棒?程度のモノが設置されています。反面、ハンドブレーキのブレーキホイールはこちら側に設置されています。



豊橋鉄道ホム108(≒名古屋鉄道ホム108)。2005年(平成17年)5月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は豊橋鉄道ホム108(≒名古屋鉄道ホム108)。2005年(平成17年)5月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。



豊橋鉄道ホム108(≒名古屋鉄道ホム108)の軸受け周辺。2005年(平成17年)5月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。
豊橋鉄道ホム108(≒名古屋鉄道ホム108)の軸受け周辺です。左上に在る円筒形の奇妙な物体は保護管?に収納された足元照明用の蛍光灯のようで、「作業灯」と言う事みたいです。右下にヒョロっと伸びているモノはこの作業棟の電源ケーブルなんでしょう。この貨車に発電装置とか蓄電池とかは取り付けていないでしょうから、牽引してくれる機関車なり電車なりから電源供給を受けなければ夜間作業は覚束ないと言う事になります。電車の車庫での車内清掃に家庭用の交流100Vの一般的な掃除機を使ったりしますが、その場合はしばしば床下にぶら下がっている交流100V用コンセントから、、、とまぁ、それと同じことをこの車輛もするみたいです。あれ、複数のホム100の足元照明を使うためにはホームセンターで売られているようなコードリールでも持参するのでしょうか?。2005年(平成17年)5月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。



豊橋鉄道ホム109(≒名古屋鉄道ホム109)。2009年(平成21年)8月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は豊橋鉄道ホム109(≒名古屋鉄道ホム109)。2009年(平成21年)8月、豊橋鉄道渥美線高師(たかし:愛知県豊橋市)駅にて撮影。



模型のホム100

Aug 1, 2018.

豊橋鉄道ホム100(≒名古屋鉄道ホム100)は所詮は私鉄の保線用貨車に過ぎないので、随分と無名な存在、、、だと思っていたのですが、Nゲージでは2002年(平成14年)にキングスホビーがキットを製品化し、2018年(平成30年)になってキングスホビー製品を継承したアルモデルから復刻販売されています。いやぁ、こんな車輛も製品化されてしまうんですね。パクるのも如何なものかと思うので写真をこっそり使ったりはしませんが、些かびっくりです。

アルモデルのサイトには「アルナインのとて簡シリーズとは全く異なり,とても繊細な上級者向けキットです」と記載されている通り、非常に細かいキットです。私は生まれつき不器用ですからこの種のキットに手を出すような無謀な事はしませんけど、自分の指の太さが恨めしくなるような繊細な製品です。