京阪電気鉄道80型

Jan 17, 2004.

京阪電気鉄道80型は有名なヨーロッパ調の電車で、竣工当初トロリーポールを使用していました。正面中央の窓が小さめ、高めになっているのは製造当初からで、後天的な改造によるものではありません。「見通しが悪いのではないか」と言うとそうでもなくて、この部分にはメーター類がありますので、窓が大きくても小さくても運転操作には影響がありません。81号から93号までは製造当初は両運転台、94号から96号は製造当初から片運転台でした。後に、パンタグラフ化に伴い、全車輛が片運転台に統一されています。



京阪電鉄80型91号他2連。1985年(昭和60年)4月頃、京阪電鉄京津線にて撮影。
上の写真の車輛は京阪電鉄80型91号他2連。1985年(昭和60年)4月頃、京阪電鉄京津線にて撮影。