拝島1983・1983年(昭和58年)の拝島駅

May 2, 2009.

「京浜地区」と称するには少々離れていますが、拝島駅は貨物列車の結節点となる駅でした。ここには青梅線、五日市線、八高線、西武拝島線、横田基地への燃料補給用引込線が集中しており、更に八高線をDD51に牽引されて走っている貨物列車はここからはED16、EF15、EF64に牽引されて青梅線、南武線を経由して浜川崎方面へ向かっていたらしく、駅構内には何時も石灰石用の貨車がたむろしていました。そんな、1983年(昭和58年)頃の拝島駅の光景をご覧戴きます。元来、青梅鉄道などは浅野資本の鉄道であり、南武線なども含め、貨物列車のかなりの部分は氷川方面からの石灰石を積んでいましたので、京浜工業地帯との関係は浅からぬものがあります。



EF64とホキ車。1983年(昭和58年)3月、国鉄拝島駅にて撮影。
上の写真はED16が退役するちょっと前の1983年(昭和58年)3月に拝島に通い詰めていた頃に撮影したものです。東京駅からの中央線の10連の電車が乗り入れてくることや、複数の路線が集中している上に貨物列車の入換などがあったことから、かなり規模は大きかったです。貨物列車の主体となる青梅線は五日市線と八高線に挟まれた場所に線路が在る、、、早い話が充分に引きが取れる好都合な場所でした。



拝島駅を出発する西武拝島線の2000系。1983年(昭和58年)3月、西武鉄道拝島駅にて撮影。
こちらの写真は駅を挟んで反対側の八王子方で西武線の電車を撮影したものです。現状ではどうなっているのか判りかねますが、駅構内を横断する公道の踏み切りが在ったので、無許可で合法的にヤードの真ん中で撮影が可能でした。妙に車庫の真ん中っぽい場所で撮影しているのは、そのような理由によるものです。従ってヤードの中には入っていますが、線路敷きの中には入らずにこんな写真も撮れました。



拝島駅に進入する八高線キハ35-902他。1983年(昭和58年)3月、国鉄拝島駅にて撮影。
最初の写真とほぼ同じ場所で撮影したもの、要するに拝島駅の高崎・奥多摩・五日市方です。日中の八高線は3連ないし4連で、大部分の車輛がキハ35系でした。この他にごく少数ですが、キハ20とキハ40も見掛けました。全てタラコ色になっていましたが、ステンレス車体のキハ35の900番代はこの路線に集中配置されていたようです。



拝島駅で待機するED163とホキ車。1983年(昭和58年)3月、国鉄拝島駅にて撮影。
正面が少々逆光気味ですが、ホキ車の先頭に立つED163。拝島駅には純粋な入換用機関車としては八王子機関区のDD13がごく僅か配属されているだけのようで、大部分は本線の列車を牽引してきた機関車が自前で入換をしていたようです。自己責任?と言うのか、EF64も自分で入れ換えをやっていましたから少々驚かされます。



拝島駅で入換するDE11?。1983年(昭和58年)3月、国鉄拝島駅にて撮影。
こちらは八高線からの貨物列車を入換するDE11、、、もしかしたらDE10かも?。この時期にはDD13も少数派となっていたようです。



拝島駅に停車中のホキ5700型。1983年(昭和58年)3月撮影。
拝島駅に来る代表的な貨物列車?の一つ、セメント搭載貨車ホキ5700。写真に写っているのは3輛ともホキ5700ですが、中央の車輛のみ初期型なので形状がかなり異なります。



拝島駅に停車中のホキ34200型。1983年(昭和58年)3月撮影。
拝島駅に来るもう一つの代表的な貨物列車、生石灰搭載貨車ホキ34200。ホキ4200をカバードホッパ化改造した車輛です。



拝島駅構内に停車中のタキ3000。1983年(昭和58年)3月撮影。
こんな車輛も来ていました。いわゆる「アメタン(=アメリカ軍のタンク車)」タキ3000。横田基地への燃料輸送用の車輛です。ドームの左側の形式番号よりも大書きしてある数字が軍所属番号?。横田基地への引込線の途中には西武拝島線を横切る平面交差がありました。



雑木林を背に氷川へ向かうED16牽引の貨物列車。1983年(昭和58年)3月撮影。
この写真、拝島駅から歩いてもほんの数分の場所で撮影したのですが、国木田独歩の本の題名「武蔵野」を思い出させるような光景が広がっていました。あれから30年以上経ちますが、ED16が居なくなって、自然と足も遠のいています。用事があって拝島を通り掛るのも、数年に1回程度でしょうか。