田浦港の貨物線

Sept 8, 2006.

JR横須賀線の田浦駅から分岐して港へ向かう貨物線です。住所としては「田浦港町」と言う場所が在るのですが、港の名前は「田浦港」ではなくて「長浦港」と言うのが正解のようです。何年も前から途中のレールが泥に埋まっていたり、線路上に路上駐車している乗用車があったりと丸で廃線同然で、その一方で田浦駅からこの貨物線に分岐するポイントは非常に手入れが良いし、踏み切り警報機なども最近になって新品に交換された形跡もあったりと、どうも存在理由が判り難い路線でした。

それでも最近になって、本当に廃止されたようです。線路の行き先は海上自衛隊の敷地の中や、アメリカ海軍基地の中なので、元々は海軍省が建設した引込み線なのかも知れません。場所が場所だけに燃料輸送などのための路線ではないかと思います。



田浦港の貨物線の分岐個所。
JR横須賀線田浦駅から、分岐して行く貨物線を見た処。右側のトンネルは横須賀線、左側が田浦港へ向かう貨物線です。この部分は貨物線も電化してありますが、途中からは非電化になります。途中で支線らしきものと平面交差する部分などもあるのですが、とにかく此処に見えている線路が本線で、道なり?に延々と走って行くと海上自衛隊の敷地の中に入ります。

田浦駅を出ると直ぐに90度進路を変えて、支線に分岐する個所が在ります。支線の線路は直ぐにブツ切れになっているのですが、本来は横須賀港のはずれと言うか、現在のアメリカ海軍の基地の中に向かいます。



田浦港貨物線所属?機関車1号。2006年(平成18年)8月撮影。
支線に分岐した箇所に留置されている機関車1号です。後述の機関車2号と共に一緒に留置されている内の、田浦駅に近い方の車輛です。銘板が無いので、どのような素性の機関車なのか不明です。この写真は田浦駅を背中にして状態で撮影しています。



田浦港貨物線所属?機関車2号。2006年(平成18年)8月撮影。
支線に分岐した箇所に留置されている機関車2号です。機関車1号と共に一緒に留置されている内の、田浦駅から遠い方の車輛です。一目で判る日本車輛製の35t機?で、日本石油輸送の川崎メンテナンスセンターに居る46号機と同じ車種です。この写真は田浦駅に向かった状態で撮影しています。



田浦港貨物線の概要地図です。
上の写真の機関車の止まっている場所の辺りから、本線は複線になります。複線とは言っても単純に線路が並列しているのではなくて、線路同士の中間に道路が在って、その両側に線路が敷設されている変わった配線です。退避施設・列車交換施設に貨車を止めておいて、荷物の積み降ろしがし易いように意図してこのような線路配置にしたのでは無いかと思うのですが、実情は如何に。



田浦港の貨物線名物2連発平面交差。2006年(平成18年)8月撮影。
複線になった直後に上述のディーゼル機関車の止まっているのとは別の単線の支線を横切ります。「複線の路線」が「単線の路線」を横切るのですから、この個所は当然ながら平面交差の2連発となります。この写真の左が田浦駅方、右が長浦港方、です。上の地図で言うと左側のトンネルを背にして、右の方を向いて撮影していることになります。写真の上側の平面交差附近の線路横に単端式ガソリンカーが停車していますが、例によって私の乗っている乗用車です。この種の可愛らしい色が好きなもんで、ご近所では私が家内の自動車を巻き上げて乗り回していると思い込んでいるようです。実態は純粋に私が買って私が乗っている正々堂々たる?車輛です。形式はガソ1300、、、じゃなくて、1300ccの「ソリオ」と言う車です。



田浦港貨物線。2006年(平成18年)8月撮影。
複線になったその先をずーーっと歩いて行くと、線路は単線に戻ります。戻った辺りで線路は90度近く曲がります。感覚としては田浦駅で横須賀線から直角に分岐したものが、再度平行に戻る、、、と言った処でしょうか。そのまま進むと柵を越えて自衛隊の敷地の中に入ります。この辺りの線路は数年前に整備したばかりで、ほぼ新設路線のような状態です。果たして整備して以来、何回列車が走ったものやら、、、。



田浦港貨物線。2006年(平成18年)8月撮影。
今度は、上の絵図面の左側、トンネル手前で線路がブツ切りになっている箇所です。単純にトンネルの中の線路にはアスファルトを被せただけで、剥がせばレールが出てくるかもしれないです。付き当たりはアメリカ海軍の補給施設?で、大昔にはこの線路はそのまま敷地内に突入していたんじゃないかと思います。道路は突き当りを右に折れますので、そのまま道なりに進むとプロ野球の横浜ベイスターズの練習場にたどり着きます。



田浦港貨物線。2006年(平成18年)8月撮影。
最後は、上の絵図面の右側です。こちらは道路整備の一環として、既に一部ではレールが撤去され始めています。写真には写っていませんが、右側に港湾合同庁舎が在りますので、この辺りは間違いなく道路整備の対象箇所なんだと思います。写真撮影は今のうちです。