神奈川臨海鉄道DD60

Nov 1, 2015.

神奈川臨海鉄道DD60型は2005年(平成17年)から製造されている日本車輛製の60t機です。もっとも、60tと言う数字はあくまでも運転整備状態での重量であって、自重は56tだったかです。DD55の置き換え用と言うこともあって外観は良く似たセンターキャブ構造の凸型B-B機ですが出力も少々増えて1120馬力となっており、重量増も併せると、最大引張力は25%増となるそうです。

あまり考えなくても想像が付いてしまうことですが、鹿島臨海鉄道のKRD64型とほぼ同等の車輛です(鹿島臨海鉄道の車輛も日本車輛製です)。車体形状は若干異なりますが、下周りの寸法などはほぼ同一です。これ以外にも、京葉臨海鉄道のKD60型や、名古屋臨海鉄道のND60型がほぼ同一の仕様で製造されています。



神奈川臨海鉄道DD602。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD602。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



神奈川臨海鉄道DD602。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD602。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



神奈川臨海鉄道DD603。2015年(平成27年)10月、神奈川臨海鉄道塩浜(しおはま:神奈川県川崎市川崎区)機関区にて撮影。
上の写真の車輛は神奈川臨海鉄道DD603。2015年(平成27年)10月、神奈川臨海鉄道塩浜(しおはま:神奈川県川崎市川崎区)機関区にて撮影。



神奈川臨海鉄道DD60が履いている台車(DD602)。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真は神奈川臨海鉄道DD60型が履いている台車です(DD602)。写真の左側が車体中央になります。2015年(平成27年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



神奈川臨海鉄道DD60型のキャブ周辺(DD603)。2015年(平成27年)10月、神奈川臨海鉄道塩浜(しおはま:神奈川県川崎市川崎区)機関区にて撮影。
上の写真は神奈川臨海鉄道DD60のキャブ周辺です(DD603)。2015年(平成27年)10月、神奈川臨海鉄道塩浜(しおはま:神奈川県川崎市川崎区)機関区にて撮影。