鹿島臨海鉄道KRD64型

Apr 27, 2012.

鹿島臨海鉄道KRD64型は日本車輛製の64t機で、三菱製の560馬力エンジンを2基搭載しています。KRD64-1が2004年(平成16年)導入、KRD64-2が2009年(平成21年)導入です。鹿島臨海鉄道として最新であるばかりでなく、私鉄の機関車として考えても最新型の部類です。

この車輛の1年後に導入された神奈川臨海鉄道のDD60型は車体形状のみ少々異なりますが、下周りの寸法や車体重量、搭載しているエンジンなどを含め、兄弟車輛と考えて良いでしょう。これ以外にも、京葉臨海鉄道のKD60型や、名古屋臨海鉄道のND60型がほぼ同一の仕様で製造されています。



鹿島臨海鉄道KRD64-1。2004年(平成16年)4月、鹿島臨海鉄道神栖(かみす:茨城県神栖市)駅=鹿島サッカースタジアム(かしまさっかーすたじあむ:茨城県鹿嶋市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は鹿島臨海鉄道KRD64-1。2004年(平成16年)4月、鹿島臨海鉄道神栖(かみす:茨城県神栖市)駅=鹿島サッカースタジアム(かしまさっかーすたじあむ:茨城県鹿嶋市)駅間にて撮影。



鹿島臨海鉄道KRD64-2。2012年(平成24年)4月、鹿島臨海鉄道神栖(かみす:茨城県神栖市)駅=鹿島サッカースタジアム(かしまさっかーすたじあむ:茨城県鹿嶋市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛は鹿島臨海鉄道KRD64-2。2012年(平成24年)4月、鹿島臨海鉄道神栖(かみす:茨城県神栖市)駅=鹿島サッカースタジアム(かしまさっかーすたじあむ:茨城県鹿嶋市)駅間にて撮影。