鹿島臨海鉄道キハ6000型

Aug 18, 2007.

鹿島臨海鉄道キハ6000型は旅客輸送を行っている区間(鹿島神宮=水戸間)である、大洗鹿島線の主力車です。全長20m余りの随分と立派な気動車で、1985年(昭和60年)に6製造され、それ以後1年おき程度で2、3輛づつ1993年(平成3年)にかけて、全部で19輛が新潟鉄工所で製造されています。車体重量は約36トンで、機関出力は230馬力ですから国鉄のキハ40系などよりは若干性能的には上回ります。



鹿島臨海鉄道キハ6014。2007年(平成19年)8月、鹿島臨海鉄道北浦湖畔(きたうらこはん:茨城県鉾田市)駅にて撮影。
上の写真の車輛は鹿島臨海鉄道キハ6014。2007年(平成19年)8月、鹿島臨海鉄道北浦湖畔(きたうらこはん:茨城県鉾田市)駅にて撮影。



鹿島臨海鉄道キハ6015+キハ6013。2007年(平成19年)8月、鹿島臨海鉄道北浦湖畔(きたうらこはん:茨城県鉾田市)駅にて撮影。</p>
上の写真の車輛は鹿島臨海鉄道キハ6015+キハ6013。2007年(平成19年)8月、鹿島臨海鉄道北浦湖畔(きたうらこはん:茨城県鉾田市)駅にて撮影。こちらもキハ6000型の写真ですが、2連の内の、鹿島神宮寄りに連結されているキハ6013の塗装が変更(単純化?)されています。