鹿島臨海鉄道KRD1型

Apr 27, 2012.

鹿島臨海鉄道KRD1型は国鉄のDD13に良く似たセンターキャブ構造の機関車で、神奈川臨海鉄道のDD55型福島臨海鉄道(旧小名浜臨港鉄道)のDD55型など、全国各地で同型機を見掛ける機会の多い車輛です。現在在籍しているのはKRD4とKRD5の2輛の筈ですが、元々はKRD1、KRD2、KRD3も居たそうです。

DD13とは決定的に違うのは出力の点でして、KRD1型の方が出力が大きく1100馬力です(1100馬力=550馬力×2)から、下手なDE**並でしょうか。以下の写真のKRD5はKRD1型としては最終増備になる車輛で1979年(昭和54年)に、日本車輛で製造されています。



鹿島臨海鉄道KRD5。2004年(平成16年)4月、鹿島臨海鉄道神栖(かみす:茨城県神栖市)駅にて撮影。
上の写真の車輌は鹿島臨海鉄道KRD5。2004年(平成16年)4月、鹿島臨海鉄道神栖(かみす:茨城県神栖市)駅にて撮影。



鹿島臨海鉄道KRD5。2012年(平成24年)4月、鹿島臨海鉄道神栖(かみす:茨城県神栖市)駅にて撮影。
上の写真の車輌は鹿島臨海鉄道KRD5。2012年(平成24年)4月、鹿島臨海鉄道神栖(かみす:茨城県神栖市)駅=鹿島サッカースタジアム(かしまさっかーすたじあむ:茨城県鹿嶋市)駅間にて撮影。