ひたちなか海浜鉄道キハ11型

Dec 1, 2016.

ひたちなか海浜鉄道キハ11型は、、、型番が極めて似通っていますが茨城交通時代のキハ11型とは全く無縁の車輛であり、なによりも茨城交通時代ではなくて、ひたちなか海浜鉄道となってからの入線です。それでも車番の重複を嫌ってのことなのか、茨城交通時代が11-1、11-2、11-3となっているのに対し、こちらの二代目キハ11は11-5、11-6、11-7となっています。11-4は忌み番で番号を飛ばしているようです。

元を辿るとキハ11-5はJR東海出身、キハ11-6とキハ11-7はJR東海の関連企業である東海交通事業出身の車輛で、いずれも新潟鐵工所製の18m級両運転台の車輛です。入線したのは全部で5輛で、ひたちなか海浜鉄道の車籍を持ったのは3輛、残りの2輛は部品確保用に入線して来たようです。



ひたちなか海浜鉄道キハ11-5。2016年(平成28年)8月、ひたちなか海浜鉄道日工前(にっこうまえ:茨城県ひたちなか市)=金上(かねあげ:茨城県ひたちなか市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はひたちなか海浜鉄道キハ11-5。2016年(平成28年)8月、ひたちなか海浜鉄道日工前(にっこうまえ:茨城県ひたちなか市)=金上(かねあげ:茨城県ひたちなか市)駅間にて撮影。この車輛は以前にJR東海のキハ11-123だった車輛です。この車輛に限りませんが、茨城交通湊線だった時代も含め、ひたちなか海浜鉄道の車輛は阿字ヶ浦(あじがうら)方に貫通ホロが設置されています。



ひたちなか海浜鉄道キハ11-5。2016年(平成28年)8月、ひたちなか海浜鉄道日工前(にっこうまえ:茨城県ひたちなか市)=金上(かねあげ:茨城県ひたちなか市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はひたちなか海浜鉄道キハ11-5。2016年(平成28年)8月、ひたちなか海浜鉄道日工前(にっこうまえ:茨城県ひたちなか市)=金上(かねあげ:茨城県ひたちなか市)駅間にて撮影。



ひたちなか海浜鉄道キハ11-6。2016年(平成28年)11月、ひたちなか海浜鉄道日工前(にっこうまえ:茨城県ひたちなか市)=金上(かねあげ:茨城県ひたちなか市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はひたちなか海浜鉄道キハ11-6。2016年(平成28年)11月、ひたちなか海浜鉄道日工前(にっこうまえ:茨城県ひたちなか市)=金上(かねあげ:茨城県ひたちなか市)駅間にて撮影。この車輛は以前に東海交通事業のキハ11-203だった車輛です。



ひたちなか海浜鉄道キハ11-6。2016年(平成28年)11月、ひたちなか海浜鉄道日工前(にっこうまえ:茨城県ひたちなか市)=金上(かねあげ:茨城県ひたちなか市)駅間にて撮影。
上の写真の車輛はひたちなか海浜鉄道キハ11-6。2016年(平成28年)11月、ひたちなか海浜鉄道日工前(にっこうまえ:茨城県ひたちなか市)=金上(かねあげ:茨城県ひたちなか市)駅間にて撮影。