3 rail system/3線式

Nov 1, 2015.

普通の鉄道は2本のレールだけで走行します。これは判りきったことですが、模型の車輛を走行させる際に走行用の2本のレールだけで送電も行う方法が2線式です。この2線式が現在では世界に見ても主流で、Nゲージなどでは商業的に流通している製品では、2線式しか存在しません(存在しない筈です)。

これに対して、走行用の2本のレール以外に送電用の3本目のレールを追加使用するのが3線式です。2線式と比較すると、3線式は実物にはありもしない3本目のレールが見えてしまって違和感があるとか、どうしても車輪以外に集電するためのローラーシュー、コレクターシューなどの線路に引っ掛かり易い部品が存在すると言った欠点が多々あります。逆に、2線式の車輪は、1つの車輪でプラス・マイナスの2種類を取り扱うことになるので必ず左右を絶縁しなければならないので製造は面倒です。

個人的には集電不良の発生しにくい3線式の方が、実物の呪縛からどうやっても逃れられない2線式よりも遥かに優れていると思っています。それと言うのも、2線式では左右の車輪をそれぞれの極性の電力用に使い分けなければなりませんが、3線式であれば全ての車輪を片側の極性の電力用に集中してしまえば済むことであり、車輪で集電しない他方の極性の電力はローラーシューなどで集電して済ますことが出来ます。それぞれの極性に関して言えば、実質的に集電出来る車輪の数が一挙に2倍に増える訳ですから圧倒的に3線式の方が優れていると言えます。

元来アメリカ型のティンプレートの世界では、3線式はライオネル(Lionel)が1906年に「スタンダードゲージ」を発表した際に同時に発表した線路システムが端緒だと思われます。2線式も3線式も実際に車輪が載るレールは2本です。3線式で模型化する際の送電用レールは、左右のレール中央に中央第3軌条としてが設置されている物が大部分で、外側第3軌条式は少数派でスケール指向の方が自作する場合が多いようです。

3線式の製品は「交流3線式」が多いですが、トリックスには例外的に「直流3線式」の「トリックス・エキスプレス」と呼ばれる製品も有りますし、以前メルクリンが販売していたOHOと呼ぶOナローの製品は「交流2線式」でした。一般的な傾向として直流は直流2線式、交流は交流3線式である場合が多いですが、必ずしも世界中がそうなっているわけではありません。

現在では3線式の模型を販売しているメーカーは少ないですが、メルクリンは一貫して交流3線式を販売しています。アトラスO、MTH、ライオネル(Lionel)と言ったアメリカのOゲージ製品も交流3線式です。日本国内では一般に交流3線式と言うと玩具っぽい印象がありますが、アレはカツミがティンプレート的な3線式Oゲージ製品を売りまくって商業的に成功し過ぎた?結果としてそのように見えるだけでしょう。普通にアメリカ国内で販売されている3線式のOゲージ製品は、玩具的な外観の製品はごく少数です。