頸城鉄道DC92

Nov 1, 2016.

頸城(くびき)鉄道DC92は1954年(昭和29年)に協三工業で製造したディーゼル機関車です。建前としては開業時に新製したコッペル製の1号蒸気機関車を改造したことになっていますが、B型の蒸気機関車をC型のディーゼル機関車に改造すると言う話ですから、流用できる部品もタカが知れています。なんと言うか、値引き名目で下取りしているだけなんじゃないかと言う気がします。

車番は「DC92」ですが、この機関車以外に「DC91」と言う機関車が居たわけではありません。頸城鉄道全体としては2輛目のディーゼル機関車に相当し、1輛目はDB81と言う車輛で、これもコッペル製の蒸気機関車を改造したことになっています。要するに、車種や形式が違ってもディーゼル機関車の車番下1桁は連番になっていると言うことです。

3輛目の機関車は「DC123」と言う車輛で、これのみは改造名義では無く新造名義になっています。但し、これは中古車で、十勝鉄道のDC2と言う日立製作所で1960年(昭和35年)に製造されたものです。

DB81、DC92、DC123、、、余りにも判り切った命名基準ですが、運転整備重量+社内連番と言うことだと思います。社内連番の順に車重が重くなって行くのは、少しづつ大型化して言ったからこうなっているだけで、必然50%+偶然50%じゃないかな?。この辺りは多分に想像ですけど、、、。

出力はDB81とDC92がDB5Lと言うエンジンを搭載して130馬力、DC123はDMF13エンジンを搭載して143馬力です。DC123の143馬力と言う出力はなんだか妙な数字ですが、情報の出所は鉄道ピクトリアルの1964年(昭和39年)7月の臨時増刊号、、、要するに「私鉄車輛めぐり」の第5分冊ですが、この号の頸城鉄道に関する記事の筆者は書き方が杜撰(ずさん)なので、何処まで本当なのかは定かではありません。



頸城鉄道DC92。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道DC92。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。貨車移動機に毛が生えた程度の車輛ですが、1954年(昭和29年)と言う製造時期を考えれば、それ程古臭いわけでも無いし、大人しめの悪く無い意匠だと思います。この2年前に製造されたDB81の方は森製作所製の機関車なので外観は明らかに森ブタですから、余り格好良くはありません。



頸城鉄道DC92。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道DC92。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道DC92。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道DC92の足回り。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道DC92。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道DC92の銘板周辺。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道DC92。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道DC92の製造銘板。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。ご覧の通り、1954年(昭和29年)の製造で、製造番号は90118です。当サイトで写真をアップしてある他の協三工業製機関車では、日本硫黄沼尻鉄道のDC121が製造は1953年(昭和28年)、製造番号は12069です。製造番号は意図して飛ばしてあるみたいです。