頸城鉄道の2軸貨車群

Jan 1, 2017.

頸城鉄道には2軸ボギーの客車はあっても、2軸ボギーの貨車はありません。一時的に2軸ボギーの電柱輸送用?フラットカーが計画されたことがあったようですが、実際に在籍した車輛は開業以来2軸単車ばかりです。現時点でも、くびき野レールパークに保存されているのは当然乍ら2軸単車ばかりで、次の3輛です。



製造時点ではすべての車輛が木造のようですが、後天的な改造によってワ1型の内のワ7号とワ10号のみが鉄板張りになっています。



頸城鉄道ワ1型

Jan 1, 2017.

頸城鉄道ワ1型は自重2.5t・荷重5tの2軸有蓋車で、現在ではくびき野レールパークにワ7号が保存されています。後述の「ト1」型と同様に1914年(大正2年)に日本車輛で開業用に12輛新造された車輛で、新造当初は木造車体です。後に1960年代に入った直後にワ7とワ10の2輛が鉄板張りに改造されています。

頸城鉄道ワ7。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道ワ7。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道ワ7。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道ワ7。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道ワ2型

Jan 1, 2017.

頸城鉄道ワ2型は自重1.2t・荷重4tの2軸有蓋車で、現在ではくびき野レールパークにワ14号が保存されています。「ワ1」型「ト1」型が自社発注なのに対して、こちらのワ2型は自社発注では無く、5輛とも国鉄からの払い下げ車です。ワ12からワ16までの5輛があるので、ワ2型のワ12号はワ1型のワ12号との重複になるのですが、ワ1型のワ12は1949年(昭和24年)にロキ1と言うロータリー車に改造されていますから、同じ線路上にワ12号が2輛並んでしまうような珍事は避けられたようです。

以下に写真をお目に掛けるワ2型のワ14号は魚沼軽便線(≒魚沼鉄道)で使用されていたケワフ100が払い下げられてきたものです。

頸城鉄道ワ14。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道ワ14。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道ワ14。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道ワ14。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道ワ14。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道ワ14。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道ト1型

Jan 1, 2017.

頸城鉄道ト1型は自重1.67t・荷重5tの2軸無蓋車で、現在ではくびき野レールパークにト5号が保存されています。前述の「ワ1」型と同様に1914年(大正2年)に日本車輛で開業用に6輛新造された車輛です。1923年になってト1とト4の2輛はトフ1型のトフ1とトフ4に改造されます。現在の用途?は公開運転の際のオープン・オブザヴェーションと言うか、所謂トロッコ客車的に使われています。

頸城鉄道ト5。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道ト5。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。



頸城鉄道ト5。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。
上の写真の車輛は頸城鉄道ト5。2016年(平成28年)7月、くびき野レールパーク(≒旧頸城鉄道百間町駅・新潟県上越市)にて撮影。