DCCとはなにか

Aug 18, 2007.

普通の直流で走る鉄道模型の車輛は、線路に掛かる電圧が上がると早く走り、電圧が下がればゆっくり走るようになります。線路の極性(プラス・マイナス)が変われば、走る向きが変わります。これが、DCCシステムではない、ごく一般的な鉄道模型の車輛の挙動の決まり方です。同じ線路の上に何本の列車が居ても、電圧を変えると一斉に走る速さが変わり、線路の極性を変えれば一斉に走る方向が変わると言うことに違いはありません。このことは線路上に居る列車が1本だけでも、10本、20本だとしても、なにの相違もありません。

処がこうやって何編成の列車が一斉に追い掛けっこをしてくれた処で、余り面白くはありません。急行列車は退避している普通列車を追い抜いて行くのは当たり前ですし、急行列車が追い抜きをしている途中は、普通列車は退避駅で止まって待っています。退避している普通列車の横には低速で入換をしている機関車が居るかもしれません。2本の列車が線路上に居るのならば2通りの走り方をして欲しいし、10本の列車が居るのであれば10通りの走り方をして欲しいと思うのは人情と言うもので、これを簡単に実現してくれるのがDCC(デジタル・コマンド・コントロール:Digital Command Control)システムです。

冒頭に書いたようなことは、普通のDCCでない鉄道模型でも実現することは出来ますが、そのためにはデュアル・キャブコントロール、トリプル・キャブコントロール、クワッド・キャブコントロール、、、とまぁ、同時に走らせる列車の本数に応じてかなり複雑な配線をしなければならないので厄介です。同時に走らせる列車の本数が増えれば増えるほど、複雑さが増して行きます。これに対してDCCのシステムを導入していれば、線路への配線は基本的には2本の電線だけで充分です。リバース区間を除けばギャップも不要です。

単純に1本の列車が走れるようにしてさえあれば、線路にはなにも加工をしなくても複数の列車をそれぞれ独立して、早くしたり遅くしたり、走る向きを変えたりすることが出来ます。なんとも簡単に、便利に楽しむことが出来るものです。



DCCに必要なもの

Aug 18, 2007.

コマンドコンソール

線路にはレールが2本あって、これを送電用に使うと言うことはDCCシステムでも、普通の鉄道模型でも同じです。たった2本のレールの上に10本も20本も列車を置いてあるとして、全部の列車が一斉に同じように走っているだけでは幼児用の鉄道玩具と大差ありません。10本も20本もの列車をそれぞれに独立して走らせるためには、10本なり20本なりの列車それぞれに信号を暗号化して送電してやる必要があります。このための暗号化する装置を「コマンドコンソール」「コマンドステーション」と呼びます。

なぜ暗号化する必要があるかと言うと、それぞれの列車が自分宛に来た指令を勘違いしないようにしなければならないからです。例えば1レに「加速しなさい」と言う指令を出した時に、101レや5963レが加速しては困るわけです。あくまでも1レを加速させる時に、指令を受けた1レ以外の他の列車が加速して欲しくは無いわけです。そのために、自分宛ての指示だけを読み取って、他の列車宛ての指示を間違って読まないようにするために、指示する内容は暗号化してある必要があるわけです。暗号化してあるからこそ、列車の本数が10本だろうと20本だろうと、レールの本数は2本だけで済むわけです。

因みに、信号を暗号化することを「エンコードする」と表現しますから、コマンドコンソールのことを「エンコーダー」と読んでも間違いと言うわけではありません。但し、鉄道模型の世界の習慣としてコマンドコンソールのことをエンコーダーとは呼びませんから、やはり「コマンドコンソール」と呼んでおいて然るべきでしょう。



デコーダー

コマンドコンソールから「加速しなさい」とか「走る方向を変えなさい」と言った指示を列車は暗号として受け取るわけですが、そのためには自分が受け取るべき暗号の内容を解読するための装置が必要となります。この暗号解読装置を「デコーダー」と呼びます。どの列車宛ての暗号かを明らかにするためには、デコーダーを搭載した車輛のアドレスを決めてやります。

コマンドコンソールはレイアウトに1台あれば良いのですが、デコーダーは列車ごとに搭載してやる必要があります。例えば10輛編成でも1本の列車であれば1台のデコーダーを搭載していれば十分です。また、同じ10輛編成でも途中駅から4輛編成+6輛編成に分割・併合して別々の方向に走ってゆく、と言ったことをするのであれば、それぞれの編成ごとにデコーダーを搭載してやります。従ってこちらの編成では同じ10輛編成であってもデコーダーは2台搭載してやります。2輛+4輛+4輛の10輛編成であれば、デコーダーを3台搭載してやっても良いでしょう。勿論、10輛貫通編成で全ての車輛が同じように走って宜しければ、デコーダーは1台だけに絞ってしまって差し支えありません。



アドレスを決める

「列車のアドレスを決める」と言うのは、まぁ、列車番号とか、ID番号を決めるようなことだとお考えください。アドレスを決めるためにはコマンドコンソールで何等かの操作をしてやれば済むことで、一度決めた列車のアドレスを変えることもコマンドコンソールの操作だけで変えることができます。アドレスを変えるためには一旦車体を外してデコーダーのスイッチを物理的に操作して、、、と言った必要性は普通はありません。列車ごとにアドレスを決めてやれば、デコーダーを搭載した列車は自分のアドレス宛てに送られてきた暗号を、デコーダーで解読して走ります。

例えば、コマンドコンソールから「1レは加速しなさい」と言う暗号指令が送られてきた場合、この暗号指令を解読できるのは1レだけですから、1レだけが加速します。それと同時に、コマンドコンソールから「107レは減速しなさい」と言う言う暗号指令が送られてきた場合、この暗号指令を解読できるのは107レだけですから、107レだけが減速します。結局、アドレスと言うのは、コマンドコンソールからの呼び掛けるための認識番号、背番号のような性格を持つものだと考えれば宜しいでしょう。

上述の「4輛編成+6輛編成」の列車を分割運転して楽しむのであれば、4輛編成側と6輛編成側を別々のアドレスに決めてやればよいわけです。途中駅で併合して、この先終点までは1本の編成に纏まって運転してゆくのであれば、「4輛編成+6輛編成」を両方とも同じアドレスに揃えてしまっても良いわけです。3重連の機関車であれば3輛全部にデコーダーを搭載して3輛とも同じアドレスにして走らせることが一番簡単で、これがいわゆる「総括制御」です。敢えて3輛全部のアドレスを変えて困難な強調運転に立ち向かう、と言う楽しみ方も興味深いでしょう。

普通に市販されているデコーダー搭載済み車輛のアドレスは、工場出荷時には03に設定されていることが多いようです。「03」と言うアドレスは、1桁のアドレスしか認識できない簡略的なコマンドコンソールでは「3」として認識します。このコンテンツに記載してあるMRCのコマンド2000などがその種のコマンドコンソールです。鉄道模型入門セットなどに同梱されているコマンドコンソールでは、1桁のアドレスしか認識できない場合が多いです。



DCCの互換性

Aug 18, 2007.

DCC(デジタル・コマンド・コントロール:Digital Command Control)システムはNMRA(全米鉄道模型協会)の規格に準拠したものなので、違うメーカーのコマンドコンソールとデコーダーを組み合わせても支障なく楽しむことが出来ます。A社のコマンドコンソールで、B社のデコーダーを搭載した車輛を操作することは当然出来ます。B社のデコーダーのアドレスをC社のコマンドコンソールで設定してやることも大丈夫です。

なお、これは少々極端な例ですが、LGB(レーマン)が採用しているMTSもDCCとは名乗っていないものの、DCCとの互換性はあります。但し、厳密に100%の互換性があるかどうかは判りかねます。それでも私がDCC規格のコマンドコンソールを使ってMTSデコーダー搭載のLGB(レーマン)製の機関車を走らせる実験をした限りでは、車輛の速度を変えたり、車輛の進行方向を変えたりする程度のことは、全く支障なく出来ました。



デコーダーの取り付けは簡単か?

Aug 18, 2007.

この辺りはデコーダーを搭載する車輛の種類や、搭載するデコーダーの種類によります。デコーダーを屋根上に括り付けて車輛を走らせるようなことはしたくないですから、物理的に車内空間に収まる大きさのデコーダーでなければ具合が悪いと言うことになります。箱型車体で1個モーターの機関車の方が、凸型車体で2個モーターの機関車よりもデコーダーを載せ易いことは考えなくても判ってしまいます。ウエイトをたっぷり載せる余地が残っているような車輛の方が、デコーダーを搭載し易いことは当然です。

誠実に十二分なウェイトを載せたNゲージの車輛、なんて言うのはデコーダーを載せにくい最右翼でしょう。場合によってはデコーダーを載せるための隙間を確保するためにウェイトを削る加工をしてやる可能性はあるかもしれないです。蒸気機関車の場合は、機関車本体はモーターとウエイトで一杯になっていて隙間確保することが難しい場合もありますから、その場合はデコーダーをテンダに載せると言うのも巧い考えです。

これ以外にも多少はハンダ付けで配線を弄ることが必要な可能性はありますから、どうしてもハンダ付けが苦手な方には少々荷が重いかも?。ネジ止めだけで配線できてハンダ付け不要、と言うデコーダーも売られていますが、大抵の場合はGゲージ用なりOゲージ用なりの大電流用で、当然ながら相当に大きくなりますから車内に収まりきらない可能性も出てきます。デコーダー側にも車輛側にも、NMRA規格のDCC用8pコネクタの取り付けが済んでいる組み合わせであれば配線は一番簡単ではあります。これだったら、車体を外してデコーダーを嵌めるだけですから。但し、NMRA規格のこのコネクタはかなりチャチ臭いシロモノなので、信頼性という点ではいささか疑問が残ります。

逆に、後付け工作でデコーダーを載せやすい最右翼はKATO(カトー)製品です。「DCCフレンドリー」の表示がある製品は専用デコーダーが用意してあったり、その専用デコーダーを収納するためのスペースが車内に用意してあったりと、かなり工夫がなされているからです。序でに書くと、KATO(カトー)は自社製品へのデコーダー組み込みサービスを行っていますのでホビーセンターカトーに持ち込んで作業してもらっちゃうのが一番簡単な解決策ではありますけど。



DCCでできること

Aug 18, 2007.

改めて、総括するような意味で列記しておきます。以下に箇条書きにするようなことは、DCCのシステムとしては最低限度の、基本中の基本です。換言すれば、以下に箇条書きにした程度のことであれば、どんなに安いシステムでも出来る、と言うことです。



  • 列車の速度を変化させること。
  • 列車の進行方向を変化させること。
  • 列車の照明を点・滅させること。
  • ヘッドライトとテールライトは列車の進行方向に応じて、点灯する方向が変化すること。


此処に列記しただけのことであれば、最低限度の機能しか持たないデコーダー+コマンドコンソールの組み合わせでも、実現可能な内容です。当然ですが、デコーダーとコマンドコンソールの、どちらか一方だけを高機能・多機能にしても、システム全体としては少機能?のままと言うことです。途中の1箇所だけを複々線にしても、その前後に単線区間が残っていれば路線全体としての輸送量は一番少機能?な場所で決まってしまう、と言うことです。



どのメーカーの製品が良いか

Aug 18, 2007.

「DCCでできること」の項目に書いた程度の範囲で宜しければ、どのメーカーのコマンドコンソールを選んでも、どのメーカーのデコーダーを選んでも大丈夫です。「どれでも良いから一番安いコマンドコンソールを売って欲しい」と模型屋さんで申し出れば充分です。そうやって買い求めたコマンドコンソールが壊れたとしたら、それは捨ててしまって別のメーカーのコマンドコンソールを買って来たとしても、「DCCでできること」の項目に書いた程度の範囲のことは、そのままで間違い無く操作できます。DCCのシステムはNMRA(全米鉄道模型協会)の定めた規格に従って製造されているからです。

現時点では、一番無難なのはデジトラックスの入門セットで、日本での輸入代理店はカトーだったと思います。ホビーセンターKATO(=カトーのショールーム兼本社)ではデジトラックス社製のデコーダーをカトー製の車輛に有料で組み込んでくれますし、デコーダー搭載加工済みの車輛も販売されていますので、最後にはホビセンに行けば解決する?と言う心強さはあります。但し、カトーは以前にカトーデジタルで失敗した前科があるのと、「欠品が多過ぎるからカトーが輸入しているならデジトラックス製品を売るのは嫌だ」なんて事をボヤいている販売店の噂が聞こえてこないわけでもないので、無条件にはお勧めできないかも知れません。

LENZ(レンツ)の製品もクマタ貿易が輸入代理店業務を行っており、こちらを選んでも宜しいでしょう。全国区的に代理店が営業活動していると言えるのはこの2社ですから、どちらかを選んでおくのが無難だと思います。いずれにしても、DCC準拠を謳う製品は違うメーカーのコマンドコンソールとデコーダーの組み合わせであっても互換性は保証されていますので、それ程深刻に考えなくても大丈夫だとも言えます。

「あなたのコンテンツにはMRCの製品のことが書いてあるが、何故MRCの製品を推奨しないのか?」と問われると答えに窮するのですが、MRCの製品は殆ど日本国内に出回っていないから問われれば勧めるつもりが無いからです。そのような訳で、MRC製品は私自身の買い替え候補に入って来ますが、あまり他の方にも勧めようとは思いません。



どのようなデコーダーを選べば良いのか

Aug 18, 2007.

「DCCでできること」に列記した4項目の操作が出来れば充分、と言うことであれば、デコーダーの選択はごく簡単な話です。(1)車体に収まる大きさか、(2)必要な電流を流すことが出来るか、この2点にのみ注目すればどんなデコーダーでも構わない、と言うことです。「Gゲージ用」「Nゲージ用」などの表示をして販売している品物もありますが、これは簡単に言ってしまえば流せる電流の目安を表示しているだけだからです。

但し、大電流を流せるデコーダーは概ね体積が大きいです。「Nゲージ用」を標榜しているデコーダーでは流せる電流の容量が1Aを切る程度のものは幾らでもあります。同様に、「Gゲージ用」を標榜しているデコーダーでは流せる電流容量が3A、4A、5A、中には8A流せるなんて品物もあります。この辺りの「**ゲージ用」と言う表示は、あくまでもデコーダーが流せる電流の容量を中心に考えての話、と思っていれば間違いは無いでしょう。

従って「HOゲージ用」と表示のある1A用のデコーダーを、Gゲージの車輛に使おうがNゲージで使おうが、車体の中に納まって電流容量が足りているならば支障は無いと言うことです。「Gゲージ用」を標榜している8A用のデコーダーは、、、恐らくはNゲージの車体には収まらないでしょう。逆に考えれば「Nゲージ用」として販売されているデコーダーはどれも小柄なので、HOゲージ、Oゲージ、Gゲージなどにも取り付けが楽でありがたいとも言えます。電流容量が足りていれば、ですけど。
デコーダー自体の大きさとも多少関係のある話ですが、Nゲージ用やHOゲージ用などの表示がある比較的体積の小さいデコーダーのリード線の先っぽは、単なる先バラだったりNMRA規格の8pコネクタである場合が多いです。その一方で、Oゲージ用やGゲージ用などの表示がある比較的体積の大きいデコーダーは、リード線を出さずにネジ止め端子になっていることもあります。デコーダーを選ぶ際には、こう言った使い勝手も多少は意識した方が良いかと思います。



やってはダメなこと

Aug 18, 2007.

「デコーダーの取り付けはむづかしいのか」の項目にも書いたことですが、モーターの絶縁はまじめに考えてやる必要があります。古い金属製台枠の機関車だと、モーターの入力端子の片側を、モーターのフレーム自体にアースしてしまっている場合があります。この場合、大抵はこのモーターは更に台枠に絶縁しないで取り付けてあります。つまり、モーターの入力の片側は、そのまま台枠にアースしてあります。

一方、デコーダーには線路からの入力回路と、モーターへの出力回路があります。上述の「モーターの入力の片側がそのまま台枠にアースしてあ」るような車輛では、デコーダーの入力と出力をショートさせていることになりますので、これだとデコーダーは壊れます。デコーダーに限りませんが、入力と出力をショートさせると極めて高い確率で電子回路は壊れます。

面倒でもモーターは、台枠に限らず他の金属部分から絶縁しておくに越したことはありません。当然、過負荷状態で使ったりすることも「ダメ」ですが、それは余りにも当たり前過ぎるので此処には書きません、、、って、書いちゃったか(^^;;)。



デコーダーとは

Sept 1, 2007.

DCCのシステムは1組の線路(=2本のレール)上に、複数の列車を走らせる為の信号を暗号のように1つの信号に重ねて運転します。このように、複数の信号を暗号のようにして一纏めにすることを「エンコード」と言います。いわゆる「コマンドコンソール」「コマンドコンソール」などといわれている装置は、このエンコードと呼ばれる作業をするための装置で、エンコーダーと呼ぶことも出来ます。

一方、既に何度も出てきている単語ですが「デコーダー」とはこの信号の中から自分自身の為の信号だけを取り出して機関車を走行させる暗号解読機のようなものです。要するに複数の列車の為の信号が暗号の様に流れていますので、デコーダーでこの暗号を自分のアドレスに該当する物だけを取り出し解読(デコード)します。このための暗号解読装置がデコーダー、と言うことです。



デコーダーあれこれ

Sept 1, 2007.

各社から、色々な種類のデコーダーが発売されていますので、幾つかをお目に掛けます。手持ちの関係でMRCの旧製品が多いですが、私がDCCに手を染めた時点で、アメリカの模型屋さんで入手しやすかった(≒安かった)から、知人がMRC製品を持っていたから、と言うだけで、それ以来、なんとなくMRC製品を愛用しているだけですので他意はありません。



MRC製HOゲージ用AD310型デコーダー

MRCのAD310型はもっとも汎用性の高いデコーダーで、リード線先端にはNMRAのDCC規格に準拠した8Pのオスコネクタが取り付けてありますので、機関車側にメスコネクタが取り付けてあればコネクタ同士を接続するだけでデコーダーの取り付けが完了します。このコネクタはNMRA規格の中サイズのコネクタが使用されています。例えば、「DCC Ready」の表示の有る最近のバックマン(Bachmann)製の機関車や、「DCC Readdy」の表示は無くてもKATOの16番ゲージのEF65などにはこの規格のメスコネクタが取り付けられています。



MRC製AD310型デコーダー。DCC decoder model AD310, manufactured by MRC.
MRC製AD310型デコーダー



一つ問題なのは、このデコーダーのリード線はちょっと長過ぎますから、配線の始末に困ります。蒸気機関車でコネクタが機関車にあってデコーダーはテンダーに搭載する、とか、コネクタがAユニットにあってデコーダーはBユニットに搭載する、と言うような場合は良いのですが、普通にコネクタのある車輛にそのまま搭載すると、確実にリード線はとぐろを巻いて持て余し気味になります。



MRC製Gゲージ/Oゲージ用AD320型デコーダー

MRCのAD320型はGゲージ用(=耐圧18V)でかなり大振りですし、最大2.5Aまで電流を流す事が出来ます。コネクタは接続されておらず、リード線の先端は先バラになっています。写真でも判るとおり、部品が飛び出して半田付けしてあったりしますので収納には多少の苦労が伴います。但し、比較的新しい製品でもOゲージだと始動時に2A程度モーターが消費する車輛はありますので、その場合にはこのデコーダーを選ばざるを得ません。



MRC製AD320型デコーダー。DCC decoder model AD320, manufactured by MRC.
MRC製AD320型デコーダー



基盤右半分にダイオードが4個載っていますが、MRC製のデコーダーを観察すると、どのデコーダーにも同じようにダイオードが載っています。逆接続防止?の目的なのかもしれないですが、それならばブリッジダイオードを使っても同じ結果になるわけで、ちょっと正体不明です(私のスキルでは内容を理解できないと言うだけのことで、この箇所にダイオードを4個載せることを批判しているわけではありませんので念のため)。この機種の改良型は、AD321型デコーダーとなります。



MRC製Gゲージ用AD321型デコーダー

MRCのAD321型AD320型の改良型です。定格出力電流がやや大きく3Aまで流すことが出来るようになり、全体に厚みが薄くなり、リード線も基盤の一方からのみ引き出すようになりました。



MRC製AD321型デコーダー。DCC decoder model AD321, manufactured by MRC.
MRC製AD321型デコーダー



MRC製Nゲージ用AD330型デコーダー

MRCのAD330型はNゲージ用として作られていますので小柄ですが、それでも0.8A流す事が出来ますので、HOゲージ以上の大きさの模型でもデコーダーの設置スペースの無い場合には有益ですし、缶モーター搭載車輛などで消費電力の少ない場合にはこれで充分でしょう。但し、リード線の長さが短いので取り付けには多少の工夫が必要になるかも知れません。



MRC製AD330型デコーダー。DCC decoder model AD330, manufactured by MRC.
MRC製AD330型デコーダー



それぞれのデコーダーの使い分けは単に最大電圧、最大電流、大きさだけで決定してしまっても差し支えは有りません。例えばGゲージ用のGゲージ/Oゲージ用のAD320型をHOゲージなどで使用することは全く支障ありません。それではNゲージの車輛にも使えるのかと言うと、何分にも体積が大きいので大抵のNゲージの車輛には収納できません。また、これは「製造ミス」などではないと思いますが、引き出されているリード線の本数が少ないので、他品種に比べると機能は限定されるようです。



デコーダーの配線(色分け)

デコーダーと車輛の配線の色分けはNMRA規格のRP9.11に定められており、その内容は下記の通りです。MRCのデコーダーもこの規格に準拠した色分けがなされています。この点は他社製のデコーダーでも同様、と言うか、こうやって規格は既に存在するのですから、敢えてこれから逸脱するような配線をする必要性はありませんね。因みに、この規格書の「RP」と言うのは「リコメンディド・プラクティス」と言う意味です。NMRAのこの種の規格書としては、車輪周りの規格を定めたRP25が一番有名な処でしょうか。



右側レールからデコーダーへ。或いは3線式のセンターレールからデコーダーへ
左側レールからデコーダーへ。或いは3線式の外側レールからデコーダーへ
上記の赤いケーブルの延長で、デコーダーからモーターへ
上記の黒いケーブルの延長で、デコーダーからモーターへ
デコーダーから前のヘッドライト・後のテールライトのホット側へ
デコーダーから後のヘッドライト・前のテールライトのホット側へ
ライト類の共通リターン、いわゆる「コモン」配線です。


「右側レール」「左側レール」と言うのは、車輛を上から俯瞰して進行方向に対して右か、左か、と言うことです。直流2線式の鉄道模型は上記のような前提で右側のレールが+になった時に前進すると定められていますので、これに従うこととします。一番簡単なのは、自作車輛やキットを組み立てた車輛であれば、市販の完成品車輛と走る方向を揃えてしまうことです。但し、市販の完成品でも中には配線を間違えているものが皆無ではないのでご注意ください。



デコーダー取り付け加工例

ここでは、実際にデコーダーを取り付け加工した例をご紹介します。



KATOのEF65

July 5, 1999.

KATO製EF65(模型提供:海老原栄一さん)
私の重要な友人の一人である海老原栄一氏がKATOの16番のEF65にMRC製のHOゲージ用AD310型デコーダーを取り付け加工されたものです。便宜的にソケット付きのデコーダーを挿し込んだだけでリード線の長さの調整をしておられないのですが、これさ済ませば後は僅かな加工でモニタールーフも取り付けられますので、最も簡便にデコーダーを取り付けた好例と申せましょう。



アサーンのF7

Aug 25, 2007.

アサーン製F7にデコーダーを組み込んだ加工例
某模型店のバーゲンで買い求めたアサーン製の旧製品のF7です。従ってジェネシス・ブランドではありません。前所有者によってキヤノン製のモーターに交換されており駆動系メカ全体に掛かるような大きなウェイトが載せられていたのですが、デコーダーの取り付けの邪魔になるので取り外し、適当にデコーダーを接続したものです。

「駆動系メカ全体に掛かるような大きなウェイト」は牽引力のことを考えると、載せたままの方が良いのですが、デコーダーを支障なく載せるとなると多少なりともフライス加工をしなければならないので止むを得ません。それでも、このアサーン製のF7はダイキャスト製フレームを使っており、そのフレーム自体にかなりの重量がありますので充分使いものになります。

本当に「テキトー」過ぎてお恥ずかしい限りですが、モーター1個と前照灯1個の配線をしただけの、この程度の加工でもDCCは実用になります。写真を見てお判りかと思いますが、右下の白い矢印が指しているものがデコーダーです。加工したのが随分と昔ですので記憶がかなり薄れてしまっていますが、使用したのはMRC製Nゲージ用のAD330型だったと記憶しています。Nゲージ用とは言っても0.8Aまで流すことが出来ますから、消費電力の小さいカンモーターを使用したHOゲージの車輛であれば、充分に実用になります。

FAQ

同時に何列車まで運転できるのか

Mar 2, 2000.

MRCのコマンド2000を使う前提であれば、コマンド2000自体の機能としては最大限10列車まで制御可能です。但し、本体のみで制御可能なのは6列車までで、7列車以上運転したい場合にはオプションとして販売されているハンドヘルドスロットルの「ウォークアラウンド2000」を併用する必要があります。

但し、以上は理論上の話であって、コマンド2000の定格出力電流は2Aですから、この範囲内でやりくりする必要が有ります。0.2A消費する列車であれば10列車運転可能ですが、1A消費するの場合は2列車しか運転できません。2A消費する列車の場合は1列車しか運転できないと言うことです。従って運転する列車の本数を増やすためにはオプションのブースター「パワーステーション8」などを使用して出力電流を増やしてやる必要があります。勿論、その場合でも最大限制御できる列車の本数は10列車で変わりありませんので、増大した出力の範囲内でやりくりする必要が有ります。この点はMRC以外の製品であっても同様です。

なお、上述の「**列車」と言うのはデコーダーを搭載した車輛の数とは余り関係がありません。DCCのシステムに対応させる以上、通常は1本の列車に最低でも1基のデコーダーは搭載しているわけですが、例えばデコーダーを搭載した車輛が複数連結されている列車であっても、機関車のアドレスが1つであれば1列車として数えます。一番可能性が高そうなのはデコーダーを搭載した機関車で2重連、3重連をする際に、全部の機関車のアドレスが同じにしてある場合ではないかと思います。この場合、同一アドレスになっていればデコーダー搭載機関車を何輛連結しても1列車には違いありません。逆に可能性は低いと思いますが、重連で運転しているデコーダー搭載機関車に別個のアドレスを設定すると運転可能な列車本数はさらに減ります。



MRCのコマンド2000は何処で入手できるか

Nov 5, 2005.

以前は千代田区岩本町(秋葉原のちょっと東側)に日本法人が在ったようですが、現在では代理店契約を結んで輸入販売している商社は無いようなので、基本的には個人輸入に頼るしか方法はありません。私は本体と機関車のセットはニュージャージー州のスタンダード・ホビー・サプライから、ウォークアラウンド2000と単体のデコーダーはニューヨーク州のトレインワールドから購入しました。アメリカ国内では充分に流通してたようです。

但し、コマンド2000は既に製造が終了しており、現在は市場に出回っている数量もごく限られています。現在MRCが製造・販売しているのは後継の「プロディジィ」と言う機種です。逆に言えば、現在、市中に在庫の残っているコマンド2000は相当な特価販売が期待できそうです。私が買った値段は$120位でしたが、その後暫くしてオマケデコーダー1個付きで大特価$99!、なんて売られ方をしていました。現時点で新品在庫を持っている店があるかどうかは定かでは無いですが、寂しい内容の型遅れ品であることを勘案すれば$30程度以下で買えるのであれば手を出してしまっても良いんじゃないかと思います。



ウォークアラウンド2000を使用する場合は、常にSET1/SET2切り換えSWをSET1側に切り換えておかなければならないか

加速/減速/照明の点滅/アドレスの設定等の何等かの操作をしない場合はこの切り換えSWはどちらでも構いません。但し、何等かの操作をする場合にはSET1側に切り換えなければ駄目です。

コマンド2000にウォークアラウンド2000を接続した状態でこの切り換えSWをSET2側に切り換えておくとLEDが点滅します。これは点滅状態ではウォークアラウンド2000側から何等かの操作をする事が出来ないと言う警告表示で、何等かの操作をする必要が無いのであれば点滅状態にしておいても支障有りません(私の経験ではこのまま放置しても故障する事はありませんでした)。但し、電源を投入した直後ではSET1/SET2切換SWがどちら側に切り換えてあってもLEDは点灯したままになっています。



前照灯には何Vの電球を使えば良いのか

July 18, 2009.

前照灯/尾灯/室内灯等、全ての電球類は定格12Vのものを使えば宜しいです。この事はMRC製品に限らずに、NMRAのDCC規格に準拠したシステムの場合、線路には常にDCC独特の波形をした交流12Vが掛かっていて電圧そのものは車輛の速度とは無関係に一定だからです。但し、DCCのシステムは効率が宜しいからなのか、かなり燦然と輝きます。定格16V程度の電球を使っても暗くて困ると言うような事は無いと思います。



室内灯はどうするのか

June 24, 1999.

室内灯も前照灯/尾灯と同様に12V電球を使用すれば良い事は前述の通りです。それらの電球と異なる点は、室内灯は常時点灯していても差し支えないのであれば、デコーダーよりも手前に接続すれば良いです。デコーダーを搭載しない中間付随車であれば、単純に台車に室内灯の配線を接続するだけで大丈夫です。必要に応じて点灯したり消灯したりをコマンドコンソールから遠隔操作でやりたい、と言うのであれば、これまたデコーダー経由で配線する必要が有ります。余り簡略な機能省略型のデコーダーでは駄目ですが、大抵のデコーダーには室内灯用の出力が出ている筈です。



ギャップやフィーダーはどうするのか

July 11, 1999.

2線式の場合、フログ部分が電気的に立体交差になっていないシノハラ製の線路を使うのであれば必要なギャップは基本ギャップのみでリバース以外のギャップは必要ありません。それ以外の、PECOやフライシュマン、アトラスなどのフログ部分が電気的に立体交差しているポイントを使用する場合には基本ギャップも不要です。3線式の場合も基本ギャップ自体が不要ですから、最初から考える必要はありません。

1本の線路上に複数の動力車を置いておく場合に、普通の鉄道模型ではブロック分けする為のギャップが必要ですが、DCCを使う場合にはこれも不要です。個々の動力車が走るか/止まるか、は全てコマンドコンソールで制御できるからです。基本的な考え方としてはレイアウト全体が一つの電気ブロックで構成されると考えれば良いです。従ってフィーダーも基本的には1個所接続するだけで良いですが、#83以下の細いレールを使う場合には抵抗分が多いので電圧降下の懸念が有りますので、念のためレイアウト上の複数の個所にフィーダーを設置しておいた方が良いと思います。

既にブロック分けしてあるレイアウトなどを所有している場合は、特に配線を変更しなくても構いません。単に、全てのブロックに常時通電するようにスイッチを操作しておけば良いです。但し、列車のアドレスを変更する場合には該当する列車は、電気的に他の車輛から分離独立している必要がありますので、1ヵ所くらいはブロック分けしておいた方が便利ですから、改修の際に「ブロックスイッチは全部はずしちゃえ!」と言うような短気な事はしない方が得策です。



デコーダーの取り付けはむづかしいか

June 20, 1999.

基本的な配線は、レールとモーターの間にデコーダーを割り込ませるだけですから最低限4本(=入出力が各2本づつ)のリード線のハンダ付けだけで済みます。ゲルマラジオなど、その種の電子工作キットなどを組んだ経験が有ればどうと言う内容ではありません。この他にヘッドライト、テールライト、室内灯を取り付けるのであればそれぞれに各2本のリード線を配線する必要が有ります。従って、最大限配線するとリード線は10本ですから、それ程むづかしいと言う範疇には入らないと思います。

配線云々よりもモーターのアースが直に台枠に落としてあると、デコーダーを電気的に簡単に割り込ます訳には行かないのでちょっと面倒です。デコーダーには線路からの入力回路と、モーターへの出力回路がありますから、「モーターのアースが直に台枠に落としてある」車輛に単純にデコーダーを取り付けてしまうと、デコーダーの入力と出力をショートさせることになってしまいます。普通の電子回路では、こんなことをやれば当然ながら壊れます。DCCのデコーダーも例外で無く壊れます。そのためにはモーターの回路とそれ以外の回路は電気的に絶縁してやらなければならないです。面倒ですが、仕方がありません。

逆に簡単そうなのはアサーンの機関車みたいに、台枠自体はダイキャスト製ですがモーターが台枠から全く絶縁してあるような場合です。アサーンの流線型ディーゼル機関車のように台枠とモーターが絶縁してあった、なおかつ車体の容積が充分に大きい車輛は、DCC用のソケットが標準装備されていない車輛としては最もデコーダーを取り付け易い部類に入ると思います。

一番厄介なのは機関車の車内にダイキャスト製のウェイトが目一杯詰っていて、デコーダーを収納する場所が無い場合だと思います。Oゲージであれば比較的楽なんですが、Nゲージだと結構苦労する事が多いかもしれないです。配線云々よりも収納場所を見つける方が大変です。最近の製品で「DCC Ready」の表示が有れば、デコーダーを接続する為のNMRA規格のデコーダー用ソケットが車内に用意されていて、大抵はその近傍にデコーダーを収納する程度のスペースは用意されています。「DCC Ready」の表示が無くてもKATOのEF65などのようにデコーダー用ソケットが用意されていて、屋根上の明かり取り窓の部分を外すと用意に作業が出来るようになっている製品も有ります。