X2F/エックス2F(連結器)

Oct 17, 2015.

NMRA(全米鉄道模型協会)が定めた、かつての標準型連結器です。一時期は普及価格帯のHOゲージの普及価格帯の商品のほとんどが、このX2F型連結器を使用していただけでなく、Nゲージであっても初期にはこの連結器が使用されていました。KATO製品であれば、最初期に発売されたC50やオハ31などはX2F型連結器を装着した状態で発売されています。普及価格帯以外の16番ゲージの製品であっても、鉄道模型社が1960年代半ばに販売していた国鉄E10のキットも、運転台側にはこのX2F型連結器が使用されていました。

特徴は第一に、余り一般的ではないウィリソン連結器をプロトタイプに選んでいますので、普通の(実物の)車輛が使っているナックル可動型の自動連結器とは似ても似つかない外観になっていることです。アメリカの鉄道でも決して多数派ではありませんが、日本の鉄道でウィリソン型連結器を使っていたのは日本鉱業佐賀関鉄道や、川崎製鉄千葉工場の専用鉄道など、ごく僅かな鉄道に限られます。

第二にこのX2F型連結器は、連結器全体がカプラーポケットの中で首を振る構造になっており、普通のナックル可動型自動連結器のようにナックル部分だけが動く構造にはなっていません。この事はかなり凄い考案で、普通の自動連結器型カプラーのナックルの部分を動かさずにどうやったら自動連結出来るのだろう、、、と考えればX2F型の巧妙な動作原理には舌を巻かざるを得ません。反面、可動するのは連結器全体ですから、復元バネを弱くすることが出来ません。結果として、自動連結させようとして車輛同士を軽く接触した程度では、復元バネで相手の車輛を弾き飛ばすだけなので、思いっきり叩き付けるようにしなければ自動連結させることが出来ません。

ケーディーなどの連結器は連結器全体の復元バネと、ナックルを閉じさせるために使っているバネは全く別のバネを使っているので、ナックルのばねは目いっぱい弱くして軽く車輛同士を接触させるだけでも自動連結させることが出来ます。連結器本体に仕掛けてある復元バネは、連結器が勝手に転々ばらばらの方向を向いたりしないように規正するためのモノですからある程度強くしておいた方が良いのですが、ナックル部と本体が独立して動作するのですからナックルの復元バネの方は十分に弱くすることが出来ます。

このような構造上の欠点もあり、ケーディー連結器の特許期限切れなどの理由によって、未だにX2F型連結器などを取り付けて出荷している模型メーカーはごく少数派であると言えます。但し、捨てる神あればなんとやらで、ケーディーなどのナックル部が稼働になっている連結器よりは高さ方向の位置ずれに鈍感なようで、走行中の自然解放は少ないようです。ドローバー代わりに使うつもりならば悪くない選択です。



X2F型連結器
X2F型連結器(リヴァロッシ製HOゲージの車輛)



ご参考:鉄道模型の連結器研究室