Traction tire/トラクション・タイヤ

Oct 1, 2015.

牽引力を増大させるために使用されるゴムタイヤのことですが、車輪全体がゴムなのではなくて、輪ゴムのような形状にしておいて車輪の踏面に巻き付けて使用するものがトラクション・タイヤです。ライオネル(Lionel)タイヤ・トラクションや、アメリカン・フライヤーの「プルモア」などと同じ発想によるものです。

全般にアメリカのティンプレートメーカーやヨーロッパの模型メーカーはトラクション・タイヤを好み、アメリカや日本の模型メーカーはトラクション・タイヤを余り好まない傾向にあるようです。

トラクションタイヤ自体は非常に良い工夫だと思いますが、トラクション・タイヤを嵌めてある車輪からは基本的には集電できませんから車輪数の少ない車輛では余り使われることはありません。2対の動輪しか持たないBタンク機などでトラクション・タイヤを嵌めたのでは相当に集電不良に留意しないと実用にはならないでしょう。

もう一つ、この種のタイヤは当然乍ら金属製のものよりも耐久性が劣ります。摩耗したり切れたりしたら交換すれば済む話ですが、長期間にわたって果たして交換用のトラクション・タイヤを販売し続ける意思があるメーカーが日本国内果たして何社あるものやら、、、。例えばHOゲージであればφ10.5とφ12、φ15辺りの寸法のものがありさえすればメーカーや車種が違っていても転用は可能ですから問題はありませんが、どうも昔ながらの日本の模型メーカーはこの種の消耗品を永続的に供給し続けることに興味は全く無いようなので、この点はユーザーが割り切る必要はあります。

例によって相変わらずの暴言ですが、トミックスとカトー以外の日本メーカー製の車輛でトラクションタイヤを履いている車輛があれば、私は絶対に買いません。どうせ調子の良いことを言っているだけで、永続的にトラクションタイヤを供給するつもりなんか毛頭ないからです。メルクリンの車輛でトラクションタイヤを履いている車輛があれば、無条件で供給の心配はしません。