Magne Traction/マグネトラクション

Sept 1, 2015.

牽引力を増加させるため台枠内部に永久磁石を内蔵させ、磁気でブリキ製のレールにしっかり喰い付いて、、、と言うライオネル(Lionel)独自の仕掛けです。製品化されたのは1950年(昭和25年)ですが、ブリキ製レールを使っているライオネル製品だから実用になるのであって、磁石の吸い付かない真鍮やアルミ、洋銀などの素材のレールでは効果を発揮しません。但し、単に走らせるだけでしたら特に支障はありません。

マグネトラクションに対して車輪にゴムタイヤを履かせた物は「タイヤトラクション」と呼び、いわゆるトラクションタイヤ=ゴムタイヤのことです。マグネトラクションを装備しているのは相当に高額な機関車のみですが、タイヤトラクションの方は相当に安い車輛も含めて大抵は装備されています。

「マグネトラクション」も「タイヤトラクション」も、どちらもライオネル独自用語ですから、ライオネル製品に興味のない方に話す際に迂闊に使うと通じない可能性がありますので念のため。「マグネトラクション」は何も説明しなくても相手が理解してくれると思いますが、「タイヤトラクション」の方は普通の一般的な鉄道模型ファンには少々理解しにくい言葉だと思います。