Eurostyle/ユーロスタイル

May 10, 2008.

「ヨーロッパ調」と言うことではあるのですが、45mmゲージの場合、1番ゲージ用ではなくて2番ゲージナロー(Gゲージ)の線路のことです。長さ300mmの曲線で10本から12本程度の枕木が使われており、如何にも軽便鉄道的な雰囲気の線路のことを指す言葉です。これに対して、同じ45mmゲージ用であっても、Gゲージ用ではなくて1番ゲージ用の線路は「アメリカンスタイル」と呼ばれます。本質的に違うのは枕木の本数のみであって、それ以外には決定的な相違点はありません。

アメリカにナローゲージが一切存在しないとか、ヨーロッパにスタンダードゲージの1番ゲージ製品が全く存在しないとか言うことではないのですから「2番ナローであれば必ずヨーロッパ調」と言うのも変な概念ですが、この辺りはアメリカ的な「いい加減さ」と「奇妙な思い込み」が一人歩きした結果ではないかと思います。

率直に言ってアリスト・クラフトのローカル用語?でして、レーマン(LGB)はこんな用語は使いませんし、自社製品に2番ナロー(=Gゲージ)はあっても1番ゲージ製品の設定がないバックマンもこんな用語は使いません。