Spike and Tie/スパイクと枕木

Mar 21, 2009.

「枕木」とはレールを載せている角材のことで、この上にレールを載せる際に固定するための釘が「スパイク」です。実物の枕木は栗やユーカリなどの固い木にクレオソート油のような防腐剤を含浸させて使うので見掛けはかなり黒っぽく、特にクレオソート油を塗った直後は青黒く光っています。いわゆるクレオソート枕木と言うことです。



スパイクと枕木。2009年(平成21年)3月、伊予鉄道横河原線いよ立花(いよたちばな:愛媛県松山市)駅にて撮影。 スパイク。2009年(平成21年)3月撮影。
「スパイク」でレールを固定してある枕木、伊予鉄道いよ立花駅。



スパイクはちょっと見慣れない形状ですが、頭の部分がL字状に折れ曲がっていて、L字の長い部分を枕木に打ち込み、短い部分をレールの底部に引っ掛けるようにして固定します。日本語では「犬釘(いぬくぎ)」と表現します。釘とは言うもののHOゲージ以下の模型の場合は、寧ろプライヤーやラジオペンチなどで押し込むようにしてレールを枕木に固定するために使用するのが普通です。一般に入手しやすいのはシノハラ(篠原模型店)製のものだと思いますが、実物のスパイクも本当にシノハラ製のスパイクに類似した格好をしています。