Open spoke/オープン・スポーク

Jan 31, 2000.

車輪のスポークとスポークの隙間がちゃんと抜けている」と言う意味です。そんなことは当たり前、と思いがちですがティンプレートOゲージではスポーク同士の隙間が凹んでいるだけで抜けていない車輪は幾らも有りますから「オープン・スポーク車輪採用」と言うのは重要な宣伝文句となります。

但し、あくまでもティンプレートのOゲージの範疇での話であって、スケール物の模型を宣伝する際に「オープンスポークになっています」と言った処で、恐らくは誰も感心してくれません。スケール物の模型であれば、オープンスポークになっているのはごく当たり前の話ですから。